徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

改完了

はおヾ('ヮ'*)ノ

水無月も終わりいよいよ季節は文月。

「ふわぁ~……ていとくぅ~...よんだぁ...???
130701g

呼んでまセン。
てかいま起きてきたんですか、『文月』さん。

寝癖直して、その乱れた制服もキチンとしなさひ。
まるでくろちゃんが襲ったように周囲にゴカイされちゃうぢゃなひですカ( 0w0)


それでは、新月初日も朝から艦これ、はじまります。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「か~わい~い~~魚雷~と~♪ いっしょに積んだ~♪」



「あら、『北上』さん、ご機嫌ですね、なにかあったのかしら?」



「あ~お~い~バナナ~も~♪ 黄色く熟~れ~た~♪♪」



「あ~『大井』って、やだ、わたしのことかしら(*>ω<)」


や、どー聞いても《青い》ですがな、『大井」ドノ。

てか《轟沈》って……

あれ、ドン亀乗り(潜水艦)の歌でしょ……(´・ω・)



「提督、その発言は何ですか? 何かの演習ですか? 撃ってもいいですか?」


スミマセンデシタ!!
ナンデモアリマセン!!!


「ん? あー、『大井』っち、どしたの?? あとついでに提督も」


「おはようございます、『北上』さん、ご機嫌ですね、なにかイイことでもありました?」


「ん? んっふっふ~、『大井』っち、見てみて~☆ミ」


130701

あー、キス島方面いきまくって、演習も1日10回、全部に出てましたもんね、そりゃ早々とLv50にもなりますよって。

「わぁ♪ おめでとございます。これで改二になって、また一緒に戦えますね♪」


「ふふん♪ これが重雷装艦の実力ってやつよ。あーよかった~、改二になれて」


じゃぁさっそく改二になりますかーヾ('ヮ'*)ノ

というわけで『北上』さん、改装工事にご案内~♪

130701b

できましたぁヾ('ヮ'*)ノ

新型重雷裝艦『北上』、ここに剣山!!

さぁ『北上』ちゃん、お祝いにくろちゃんをはぐはぐしてもいいんだヨ?

「もぉ~☆ミ 『大井』っちてば、そんなに抱き着いてこないでよぉ……って、提督、何やってんの?」


「しかも字が違いますし。沈めますよ?」


……いえ、なんか……はひ、おめっと~……(´・ω・`)ノ

ま、まぁ、気を取り直して……
輸送船撃滅の任務があるので、『北上』サマ、出撃なさいませんか?

オリョール海での輸送船狩り、新型での初陣としては手頃かと存じます、はひ。

「いいねぇ、しびれるねぇ。ありがとね☆ミ」


チッ、なに調子こいてんのクソ提督……あ、いえ、なんでもありません、ウフフ♪」


ありがとね☆ミ とかその言い方可愛いから困る。
これでももっとなついてくれるとうれしいんだけどねぇ……(・ω・)

あと『大井』さまこわひ……すげー睨まれてる……(ノ∀`)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「そしてやって来た、オリョール海!!!


130701c

でも随伴艦の砲撃や航空攻撃、『北上』さん自身の砲火力によって、その雷撃力を発揮する場面は得られず―――

「まー主砲はそう……まーそうねー」


カットインがでない甲標的をおろし、『北上』・『大井』ペアは4聯裝酸素魚雷×3にしてあるんですが、火力も30以上あるので、通常型驅逐艦なら一撃で沈めることもしばしば...
『大井』にいたっては近代化を推し進めたこともあって、60超えちゃってますからネ。

130701d

しかもこーゆーときにかぎって輸送船へ向かわずBossに...

「まぁ、なんていうの、こんなこともあるよね」


「なら『北上』さん、キス島方面に行きましょう」


巡洋艦がいれば例の育成ポイントに行くから問題ないけど、エリート艦もいるし、ヘタに被弾して入居することにでもなったら...
まぁ、そこそこ強くなった2艦目の『島風』をふたりにプラスすればいっか。

「はい。それに(壁盾役として)『利根』さんも連れて行きますから、4艦もいれば安心でしょう?」


なんかヒドいニュアンスが含まれているような……

というわけで、『北上』・『大井』の第一〇戦隊第一小隊に、第八戦隊から『利根』、第八驅逐隊から2艦目の『島風』をまわしてもらい、都合4艦でキス島方面へ。

そして迎えた待望の夜戦―――

130701e

はいキましたカットイン。

これで勝つる( 0w0)

これ撮るために何回鎮守府海域にいったことか...

130701f

さすが『北上』さん、重雷艦の面目躍如ですネ。
500以上のダミッジなら、『アイオワ』級だって沈められますよ。

「さすが『北上』さん、ステキ……」


「まぁ、わたしはやっぱ、基本、雷撃よね~」



重雷艦を用意したはいいけど、随伴艦を戰艦や空母などの打撃力のある艦にしちゃうと、ケッコ→昼間砲撃戦で敵をほぼ撃滅しちゃうのがネック。
旗艦にしておいて、夜戦で冒頭から雷撃を……
というのがいい運用方法かもだけど、問題は、それまでに敵の集中砲火を浴びずにすむかということ。

『北上』も『大井』も、Lv50めざすまでキス島方面と演習にほぼ出ずっぱりだったけど、毎回のように損傷しましたネ。

キス島方面は、空母の攻撃でほぼカタがつくので、落穂拾い的に残敵を掃蕩するだけだったのでさほど気にもしなかったけど、演習では10回中9回は被弾してましたネ。

大破する回数も多く、夜戦ではほとんど《居る》だけというご隠居状態。

夜戦での雷撃こそ我が海軍の花形ですからね、なんとか水雷部隊に活躍の場を与えられるよう、編成や戦術、兵裝組み合わせを検討してみないといけませんネ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> 大井さん意外と腹黒いww
そんな大井さんも大好きですヾ('ヮ'*)ノ

> 北上のカットインかっこいいです!!
これを撮りたいがために鎮守府海域で延々1時間以上粘り……

キス島方面であっさり撮影できました(´・ω・`)

NO TITLE

大井さん意外と腹黒いww

北上の改造おめでとうございます!!
北上のカットインかっこいいです!!

それでは( ´・ω・`)ノシ

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう