徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キス島撤収作戰-(第二次)-

※6月24日加筆修正完了

はおヾ('ヮ'*)ノ

前回のキス島第一次撤収作戰は、無慈悲な羅針盤の手によって失敗に終わってしまいまシタ。

ですが、それでそのまま引き下がっている第一水雷戦隊の精鋭艦娘たちではなひ!!

捲土重来、キス島突入を虎視眈々と狙いつつ整備に明け暮れていたのDEATH

準備万端整い、6月23日、キス島への二度目の撤収作戰が発動となりました。

前回の出撃艦から『五月雨』がはずれ、艦隊型驅逐艦『不知火』が参加。

130624

この数日間で、一部の艦娘の近代化改装を行ない、少なからず戦闘能力も向上。
ただしLvにはさほどの変化が……(ノ∀`)

キス島守備隊を必ずや撤収収容せんと、戦隊は一路、針路北0-0-0へ―――

130624b

別働水雷戦隊が敵前方部隊に威力偵察を試みているので、敵水雷戦隊に気付かれることなくこれを躱しての進軍。

ここまでは順調。
無慈悲な渦潮にからまれるも、戦隊各艦、被害も何もなく進撃を続ける。
面舵針路0-8-5、進撃方向西。
キス島南方海上の敵邀撃陣へと向かう。
本来であれば、この敵水上打撃部隊との交戦を躱うべきなのだが、この打撃部隊を放置し、万一にもキス島包囲部隊と連携された場合、第一水雷戦隊は圧倒的優勢な敵部隊による前後からの挟撃を受け、瞬時に潰滅する恐れが出てくる―――

敵に警報を発しかねないが、敢えてこの打撃部隊に殴りこむのは、この部隊に奇襲をかけて混乱させ、少しでも挟撃される危険を減らすためである。

攻撃を浴びせるが、ここでいかに被害を抑えつつこの打撃部隊の邀撃線を突破するか―――

3艦以上が中破するようなら、今回は撤収をあきらめ、戦隊は帰還せざるを得ない...

打撃を与えるよりも、打撃を受けない戦いを演じてみせた一水戦の各艦娘たち、その奮闘した結果は―――

130624c

戦列2番艦『不知火』、大破。
6番艦『潮』、中破―――

損害はこの2艦。

とはいえ、1艦は大破しているため、攻撃戦力として期待はできない。
実質、戰鬪遂行可能な艦娘はのこる5艦。

(これって、いけるの……?)


進撃続行か、撤収か...

判断に迷う旗艦『島風』に対し、各艦娘たちは告げる。この機を逃したら、次はいつキス島にたどり着けるかわからない。損害を顧みず前進あるのみ―――

損傷著しいながらも不退転の決意をかためる『不知火』と『潮』の気魄を感じ取ったか、無慈悲な羅針盤も...

130624d

針路0-3-0を指す。
第一水雷戦隊、ついにキス島沿岸に……!!

残る障害は、キス島を包囲している、沿岸の敵包囲艦隊を撃破するのみ―――

『島風』に翩翻とひるがえる戦闘旗、旗艦より各艦娘へと発光信号。
「旗艦先頭単縦陣 全艦キス島ヘ前進 コレヨリ敵艦隊ヲ撃滅セントス」

「みんな、わたしに続いて!! 『島風』、砲雷撃戦、はいりまーす!!!


帝國海軍伝統の旗艦先頭単縦陣で、戦隊は敵包囲艦隊へと突撃。
敵艦隊からの熾烈な砲火―――

第一水雷戦隊は驅逐艦で編成されている。驅逐艦という艦種上、砲戦力では巡洋艦以上の大艦には到底太刀打ちできない。
そのため、雷撃重視の兵裝でキス島へと出撃してきている。

砲射程の短さゆえ、いまはただ撃たれるがまま...

艦娘たちにできることは、身軽さを武器にした回避行動で直撃弾をひたすら躱しつづけることだけ。

だがそれにも限度がある。
旗艦『島風』が敵巡の一弾を喰らい小破。
そしてついに直撃弾が『不知火』に……

130624e

激しい砲撃の水柱のなかに、『不知火』の艦影が没しさる―――

「わたしが沈む……? ほんとに……?」


『不知火』、轟沈す―――







































130624f

誰もが沈没を疑わない中、崩れ落ちる水柱の中から、応急修理で危急を脱した『不知火』の姿が……
『不知火』より各艦に電信が届く。

「本艦損傷甚大ナルモ航行ニ差支ナシ『潮』ニ続航進撃ス」


夜のとばりが戦場を覆い隠すなか...

我が水雷戦隊の反撃が始まる―――!!

130624g

夜戦において敵を殲滅すべく、各艦娘は砲をおろし、雷装を増強してきた。
いま、その雷裝強化による夜間雷撃力を敵に示すときがきた……

「旗艦ヨリ各艦、コレヨリ統制魚雷戦ヲ実施ス 各艦、任意ノ敵ヲ攻撃セヨ!!!


旗艦からの号令一下、必殺の九三式酸素魚雷が漆黒の海面へと射ち出される―――

130624h
130624i
130624j

無数の魚雷が次々、敵深海棲艦の艦腹を刺し貫き、炸裂する。
1艦、また1艦と、断末魔の叫びとともに沈んでいく……

最後の敵巡リ級の轟沈を以て、海上を制するは我が戦隊のみとなった。
生き残った輸送ワ級は、闇を隠れ蓑に逃走し去った―――

砲雷撃戦の残滓である硝煙と、撃沈した敵艦から立ち上る黒煙が、暗夜の海上にさびしく漂っていく...

130624x

潰滅した敵艦列を見向きもせず、各艦娘はキス島の収容点へと進んでいく―――

霧に閉ざされた海面に殷々と響き渡った戰鬪音に固唾を呑んでいた守備隊は、発光信号とともに姿を見せた一水戦の各艦を目の当たりにし、期せずして随所から万歳の歓声が沸きあがった。

敵水上打撃部隊が態勢を整え、反撃に転じる前に収容を終え、撤収する。
各艦は着の身着のままの将兵を迅速に収容し、夜明けを待たずに各艦抜錨。
粛々とキス島をあとにし、帰途についた―――

130624k

第二次作戦でついにキス島守備隊の撤収を成功させた。
これにより、我が聯合艦隊は北方戦域の戦線整理を完遂、敵北方部隊の蝟集するアルフォンシーノ方面での作戦行動が可能となった。

130624m

キス島撤収を成功させた一水戦は、ついに1艦の喪失艦を出すこともなく、全艦娘は無事に母港鎮守府へと凱旋した。

130624n

二度目の戰鬪で無事、キス島マップ、クリアしました。

ワルナンデス司令長官やくろむ司令長官の作戰進行状況を見る限り、くろちゃんの驅逐艦部隊で確実に突破できるか不安でした(´・ω・`)

とりわけ、目的地の手前で強力な戰艦部隊と確実にあたりますからね、それなら……
と、今回は次のような手段を講じました。

1.応急修理要員のセット
くろちゃんは基本、戰鬪で艦娘を捨て駒にする気はないので、沈むのが嫌なら……ということで応急修理をスロットにいれました。
兵裝が一つ減りますが、手塩にかけて育てた愛艦娘を喪うのとどっちが重要かを考えれば、おのずと答えは出てきますネ。

2.雷撃戦主体
驅逐艦に搭載できる砲は最大でも12糎7が限界。その打撃力はさほど強くはない。
となれば、改にしてもただでさえ少ないスロットに砲をいれる必要はない。だって敵に打撃与えられるか不安ですから。

そこで、魚雷発射管です。
五聯裝をもっているならそれが一番ですが、くろちゃんとこの兵器在庫にあるのは四聯裝酸素魚雷発射管が最強。

3スロットのうち、応急修理をのぞいた2箇所に発射管をセット。

あとは近代化改修で雷撃を少なからず上げておけばそれで十分。
実際、『不知火』と『潮』の2艦は近代化してないですから。

ちなみに、くろちゃんの第一水雷戦隊6艦は、画像にあるように、キラキラしてません。しなくても逝けますからね。おっと、字が違う字が違う...


あとはもう、渦潮ルートをとってくれるよう羅針盤にgood-jobしてもらうのと、戰艦戰鬪でいかに被害を抑えられるかですね。
これはともに、運頼り神頼みの類。

あとは……

そうですね、やはり帝國海軍ならこれしかないですね。

必勝の信念をもって、戦場に臨むことですかね。

断じておこなえば鬼神これをも避く―――

ですネ。

ま、出撃させた艦娘たちを信頼してあげることです。
提督が信じていれば、彼女たちは決して期待を裏切りませんからネ。


「提督ぅ、なんかカッコEこと言ってるけど、maintenanceのあいだずっとわたしに抱き着きながらじゃサマにならないヨ?」


『金剛』まぢ可愛いからしかたありません(`・ω・´)キリッ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> 不知火の轟沈ボイスが違うようですが・・・
すみません、戦記風にしたてたものなので……

わざわざ昔のところを読んでいただきありがとうございますヾ('ヮ'*)ノ

NO TITLE

不知火の轟沈ボイスが違うようですが・・・

Re: NO TITLE

> 暁と電と雷の必殺技かっこいい!!
3連続でこのコたちのカットインがきたときはシビれましたネ(*´ω`)

NO TITLE

暁と電と雷の必殺技かっこいい!!

NO TITLE

お初! ナノデス!!

>2-4よりも苦戦
2-4最大の敵は羅針盤ですよ羅針盤( ̄Д ̄)違ウ方向バッカ行キヤガッテ

>応急修理要員
限定イヴェントのときも使っていたけど、発動したのは今回が初
修理要員つかうと、そのあとの戰鬪で攻撃受けても沈まないっぽいですネ

あ、のちほどリンクっときますネヾ('ヮ'*)ノ

NO TITLE

初めましてー今晩和
提督新聞から来ました

3-2駆逐オンリーなんて鬼畜ゲー辛いですよねー(道中戦艦いるし・・・
2-4よりも苦戦しましたよ;;

応急修理要員装備して轟沈するとあーなるんですね
なぜダメコンと言われてるか知ることできました!

なにわともあれ おめですおちかれ様です

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。