徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

大和型戰艦1艦分

はおヾ('ヮ'*)ノ

無慈悲な通信エラーでネコに腹パンしたい人続出な週末の夜、いかがお過ごしのことでせう。

無慈悲すぎるエラーでさしものくろちゃんも出撃を見合わせる状況―――

やむなく遠征Onlineにシフトし、蓄財に励むことに...
そこで(゜∀゜)ティン!!!
とキたのです、はひ。

そうだ、開発やろう。

というわけで、思い立ったが吉日と...

でもその前に―――

ナニを開発しようか...

航空兵力増強を兼ねて、旗艦『翔鶴』のもと烈風の増産をもくろむか、彩雲をもう1箇飛行隊つくるべきか...

『金剛』旗艦に新型電探を開発すべきか...

『島風』か『夕張』あたりを旗艦に、新型対潜裝備を開発すべきか...

『長門』を旗艦に18吋主砲を開発すべきか...

むろん、開発するからといって必ずしもできるわけじゃないのが艦これの開発。

ヘタすればただヽ資材の浪費に終わることも……

「『瑞鶴』に備えて蓄財すべきだが……やってみるべきだろ、開発提督の十字架を背負うなら」
130623c

というわけで、『瑞鶴』建造に備えてボーキサイトの消費を抑えるため、そして大艦巨砲主義者として、ここはやはり戰艦の砲戦能力向上をはかるべき―――

なので主砲開発、とりわけ18吋主砲をめざしマス。

せめて16吋でもいいからキてょすぃ……(゜д゜)

というわけで、兵器開発、まずは1回目―――


180623

しょっぱなキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

18吋砲、まさかの一撃登場。
なにこれこわひ18吋砲こわひ。

「まてまて。たかが1回。ラッキー・ストライクってなもんだ。珈琲でも呑んで落ち着けよ」
130623d








































130623b
130623e

2回目も18吋砲キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

限定イヴェントのときに入手した18吋砲とあわせて、ぢつに3基の18吋砲を保有することになったくろちゃん率いる聯合艦隊。

『大和』型戰艦1艦分の主砲を保有でき、これで『金剛』、『榛名』、『長門』に各1基ずつ配備できます。
できれば、あと『陸奥』の1基分も欲しいですが...

欲を出したら来るものも来ない気がするので、今回はこれで終わらせマス。

最後に―――

画像に手を加えた捏造と思われてもアレなので...

130623f



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

NO TITLE

宛:あんこちゃん司令長官
>バナー
大艦巨砲主義者として、バナーも大艦きょほー、にしてみましタ

>うちの戰艦にも
開発成功してましたネ
やったねあんこちゃん、戰艦が強くなるよ☆ミ


宛:ワルナンデス司令長官
>ディスプレイ
自分も、まさか2連ちゃんでくるとは思わなかったので、2回目きたときは噴きましたわ( 0w0)

宛:ラード司令長官
>初めまして!
お初! ナノデス!!

>以前よりくろ提督のブログを楽しく読ませて
マヂデΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)

>オチが想像できましたw
フヒヒ、期待は裏切りませんZE
でもこの探偵物語の画像の汎用性ときたら……

>連発で46砲
まさか2連ちゃんとは予想してませんでしタ
開発はたまにこーゆーマジックを見せてくるから困る(`・ω・´)

>艦載機オンリー
翔鶴でやっても最近はパールハーバーガールズばっかりDEATH
※零戦二一型、九九式艦爆、九七式艦攻

>資源の枯渇
のめりこむと、せっかく瑞鶴建造用に確保した資材がピンチでマッハなので、鶏肉なくろちゃんはこれ以上は……

とかいいつつデイリーでやっちゃうんですよね( 0w0)ウェヒヒ

NO TITLE

初めまして!
以前よりくろ提督のブログを楽しく読ませていただいてましたが初コメ!

開発前振りに貼ってあった探偵物語、工藤の画像を見た時点でブフーー!! オチが想像できましたw

しかしそこは流石のくろ提督、まさか連発で46砲をお出しになるとは……!

砲門系開発、一回もやったことがない(艦載機オンリーな)自分も誘惑に負けて砲開発してしまいそうです!

……資源の枯渇もある意味面白いと思いつつ早速やってみます! では!

NO TITLE

大爆笑でした(爆笑)

飲み物を口に含んで見ていたらディスプレーが危なかったですね。

素敵すぎる。46三連装砲x3

はじめまして。
ブログのリンクありがとうございます。
かわいいバナーまで作って頂きありがとうございます。

良いですね。すばらしいですね。
うちの戦艦にもほしいです。現在、バシー島沖で奮闘中。
レベル上げと戦力拡大に。

記事には楽しませてもらっています。



コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう