徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

沖ノ島を逝く

はおヾ('ヮ'*)ノ

前回、沖ノ島の未到達ポイント制覇のために、我が聯合艦隊は第二戦隊の低速戰艦隊を派遣し、見事に羅針盤のワナにはまって、主力艦が半裸状態になってもどってくるという失態を演じたわけです、はひ。

おや?
『山城』さんが向こうで涙目になって睨んできてますね。疲れ目で視界がぼやけているのでせう。よく睡眠をとったほうがいいですよ( 0w0)

低速艦隊では、沖ノ島近海に展開する深海棲艦隊の防壁を打ち破れないと判断し、快速の第三戦隊を基幹とする第一遊撃部隊の派遣を決定しました。

沖ノ島で未到達は3箇所。
今回の派遣で1箇所は制圧したいところですネ。

主力部隊を沖ノ島にまわしたので、北方海域が手薄になるんジャマイカということで、敵艦隊を翻弄し、少しでもその戦力を減殺すべく高速艦隊を投入。実戦試験というかたちで、経験を積ませようというのが目的。

130615a00

キス島に上陸した我が軍部隊を押し潰さんと、敵深海棲艦隊がキス島近海に集結しているという情報もある。
同島守備隊は劣勢ながらも勇戦敢闘、所在敵勢力を撃退し、我が艦隊の細々とした補給を頼りに頑強に抵抗しているという―――

ただ、北方方面の勢力保持は戦局全体になんら貢献しないだろうから、はやいうちにキス島守備隊を撤収させないといけないですがね。

まだ、その時期ではないので、当面はキス島近海で活動し、敵の侵攻部隊補給路の寸断するなどして、キス島守備隊を間接的に支援するだけで十分です。

130615a01

このように、キス島沖での戦いはこちらにとってよい訓練の場となるわけです。
敵にとっては、喪われた戦力を補充するたびに、片っ端から沈められるので迷惑千万かもしれないけどネ。


北方海域で我が軍優勢という状況のなか、沖ノ島海域に我が主力部隊が侵入―――

130615a02

最初のポイントにおける敵の邀撃を難なく突破。
エリート艦が含まれているので、初動の航空攻撃で排除するのが困難。なので陣形選びを慎重に……

でないとエリート艦の砲撃で味方の空母がたやすく中破しちゃったりしますからネ。

初戦で中破、ダメ、絶対(・ω・)

130615a04

最初の敵を撃滅後、羅針盤は方位2-6-5、西へ向かわせる―――
ここではどこへ向かおうとも、3箇所のどれかにいけますからね。途中の分岐で羅針盤がトチ狂わない限りは。

沖ノ島の最西端航路を採って、西に迂回するように一路北上。
二度目の戰鬪も、戰艦主体の水上打撃部隊ながらも突破。ここは戰艦と重巡以外はエリート艦なので、戰艦を潰すか、エリート艦を潰すかはその時の運次第。

まぁ、大半はエリート艦の驅逐艦を狙うでせうがね。

艦娘たちはとかく驅逐艦を潰したがる……

なにか、敵深海棲艦隊の駆逐艦に恨みでもあるんでせうかね(・ω・)

艦隊は西航路の分岐に到達。

この分岐の敵空母部隊を迅速に処理するのが最初の課題。
中破艦を出したら先に逝けませんものネ。

130615a05

提督名と同じ『愛宕』の砲撃。
15糎5砲も、『最上』搭載型の主砲と『金剛』改時にくる副砲と、ちょっと勘違いしちゃいますよね。

主砲よりもレア度の高い副砲―――

まぁたしかに、『最上』搭載の15糎5主砲から砲身を取り外し、副砲塔は新規設計なのだから性能が上がるのもしゃーないですよね。

130615a06

小破艦状態の『陸奥』以外にたいした被害もなく夜戦に突入。
今回の対空母戦、『陸奥』が被害担当艦でした。
耐久度の高い艦娘が被害担任艦になると、よほどのデカい打撃を受けない限りは、安定した砲撃を味方艦が敵にかましてくれるのでうれしい限りです、はひ。

130615a07

敵機動部隊撃破後、羅針盤、空気読んでくれましタ。
最西端の未到達ポイントに到着ヾ('ヮ'*)ノ

これで残りは2箇所。

月曜か火曜ぐらいにはもう1箇所を落としたいですねぇ。

ああ、そうそう―――

敵水上打撃部隊との戦闘終了後に...

130615a03

驅逐艦『島風』、着任!!!

なんとまぁ、2艦目の『島風』。
最初の巡洋艦隊や、マップ最北端(画面では右端)の敵機動部隊ででるらしいことは聞いていたけど、沖ノ島っていたるところででるもんですねぇ(*゚Д゚)

いつもなら、ダブった艦娘は近代化素材にしちゃうけど、『島風』はちょっと予備戦力として手元に置いておこうと思いまふ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう