徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大戰末期・戰後の帝國海軍艦艇

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

寒い日の午後は動かざること保温のごとし、といふわけで、艦隊運用もお休み風味です。
そんなときは、旧軍の画像でお茶を濁すのが我が徒然なる戰藻録の基本形。

なので今回も旧海軍艦艇画像の御紹介ですヽ(゚∀゚)ノ

今回は大戰終盤から戰後にかけて撮影された画像がメインです。


◆驅逐艦 潮
170108

『潮』は捷一號作戰参加後、比律賓・馬尼剌(フィリッピン・マニラ)で昭和19年11月、空襲により撃破され内地に帰還。横須賀にて修理ののち、予備艦として横須賀に繋留されたまま終戦を迎えました。
艦首の5吋主砲や機銃も外された状態となっています。


◆戰艦 伊勢
170108b

呉軍港で米空母機の激しい空襲により撃破、倉橋島の海岸に着底した『伊勢』。
着底したとはいえ、『伊勢』型の前檣楼に目立った被害は見受けられず、仰角をかけた第二主砲とあいまって、主力艦としての威容はまだ残っています。
前檣楼に迷彩が施されているのが判別できます。


◆航空母艦 天城
170108c

ミッドウェイ海戰における空母4艦の喪失を受けて急遽、量産化がすすめられて建造された『天城』は、しかし完成時期が昭和19年8月と遅かったために、空母機動部隊の一員として活躍することなく予備艦となりました。
昭和20年7月の呉大空襲で米空母機の攻撃を受けた同艦は三ツ子島にて横転、そのまま浮揚修復されることもなく終戰を迎えました。


◆練習特務艦 敷島
170108d

明治37~38年の對露戰役で『三笠』とともに主力戰艦として活躍した『敷島』は、大正14年(1925年)に練習特務艦に艦種変更されました。以後、佐世保鎮守府管轄の練習実務艦として運用され、終戦後は佐世保・恵比寿灣に繋留放置されました。
画像は昭和21年暮れごろのもので、整備されずに放置されていたため浸水により傾斜しています。


◆特設航空母艦 海鷹
170108e

優秀船舶建造助成施設により建造された民間船舶『あるぜんちな丸』を、海軍が購入して特設航空母艦『海鷹(かいよう)』として完成させました。
小型低速艦ゆえに空母艦隊戰に動員されることなく船団護衛や航空機輸送に従事、昭和20年から別府湾で標的艦として使用されました。
画像は昭和21年9月に撮影された、別府湾日ノ出海岸に擱座した『海鷹』。


◆航空母艦 葛城
170108g

撃破損傷状態で終戰を迎えた『葛城』は、外地に取り残された軍人軍属、邦人を内地に引き揚げさせる特別輸送艦として運用されました。多数の航空機を収容・整備する格納甲板は人員輸送に適していたこともあり、最大でおよそ3,000人の輸送能力を発揮できました。
画像は昭和21年4月、ラバウルからの引き揚げ者を乗せて久里浜沖に帰還した『葛城』。


◆航空母艦 鳳翔
170108h

計画・設計段階から空母として建造された世界初の航空母艦である『鳳翔』は、終戰時に健在な姿を維持した唯一の日本空母でした。
『鳳翔』は海防の要として23年間、外敵より國民を護る軍務に服したのち、戰後は外地に取り残された國民を祖國へ帰還させるという、海外で飢餓と病気、道端で漫然と死を待つほかなかった人々を救う、軍艦として誇りある任務を全うし、昭和22年5月、すべての責務から解放されました。
画像は昭和21年4月に浦賀沖で撮影された『鳳翔』。


◆二等巡洋艦 北上
170108i

終戰時、航行不能状態であった『北上』は引き揚げ任務の特別輸送艦には指定されず、特別輸送艦を整備する工作艦として鹿児島に配備されました。
当時、引揚艦船は人員不足から満足な整備を受けられずに運用されており、度重なるトラブルに悩まされていました。『北上』はおなじく工作艦に指定された『冬月』、『第一七四號輸送艦』とともに、多くの引揚艦船の整備補修作業を請け負いました。
画像は昭和21年7月に長崎港で撮影されたもので、すでに工作艦任務を解かれ、解体を待つだけとなっていました。


◆練習巡洋艦 鹿島
170108j

練習実務用に建造された『鹿島』は、姉(香取)と妹(香椎)を喪ったあとも輸送任務などに従事し、終戰時に良好な状態を保った唯一の巡洋艦でした。※ほかに旧式巡洋艦『八雲』が健在。
『鹿島』は武裝を撤去し、両舷に日の丸を描き、ローマ字で艦名を記す特別輸送艦に改修され、復員輸送に従事しました。


◆運送艦 早埼
170108k

『間宮』、『伊良湖』とちがい、生鮮食料や冷凍食料などの輸送を担った給糧艦で、昭和17年の竣工後、南東方面から南西方面、中部太平洋と、日本軍勢力圏内各地へ食糧を輸送しました。
冷凍品や生鮮食品を扱ったことから、『間宮』などと同じく将兵から到着を待ち望まれた艦でした。
画像は昭和22年、佐世保に碇泊中の特別輸送艦『早埼』。


◆水雷艇 雉
170108l

『鴻(おおとり)』型水雷艇5番艇の『雉』は、姉妹艇7艇が戰歿したなか唯一の生き残り艇で、戰後は復員輸送の特別輸送艦に改修されました。
画像は昭和22年、佐世保に繋留中の『雉』。


◆運送艦 宗谷
170108m

東京湾に2017年現在、なお保存状態で浮かんでいる『宗谷』は、昭和14年に海軍が買い上げた民間船舶で、海軍はこれを北方用の砕氷艦として運用しました。
戰後、その砕氷能力を活かすべく、樺太からの邦人引き揚げ作業に従事しました。特別輸送艦任務を解かれた後、解体かと思われましたが海上保安庁の燈台補給船に転身しました。その後は南極観測船として活躍しました。
画像は昭和22年、小樽港に浮かぶ特別輸送艦『宗谷』。


◆伊號第四〇〇潜水艦
170108n

昭和20年8月末に撮影されたもので、隣接する大型船は米海軍の潜水母艦USS『プロテウス』AS-19。
『伊四〇〇潜』は西太平洋ウルシー環礁の米艦隊泊地航空奇襲攻撃を目論んで出撃しましたが、洋上で終戰となり、米軍に投降しました。
画像は横須賀での撮影で、撮影者は『伊號一四潜水艦』の甲板上から撮影しています。


◆波號第一〇一型潜水艦
170108o

終戰時に佐世保で撮影された『波號一〇一型潜水艦』と航空母艦『伊吹』。
『伊吹』は改『鈴谷』型巡洋艦をベースに空母として建造されましたが、昭和20年3月に工事中止となり、そのまま放置されました。
『伊吹』の舷側に並んでいるのは右から『波一〇九潜』、『波一〇六潜』、『波一〇五潜』。以前にもカルく紹介しましたが、『波號一〇一型潜水艦』は輸送用潜水艦として建造された艦です。


◆航空母艦 笠置
170108p

『雲龍』型航空母艦の4番艦として建造された本艦は、佐世保工廠で艤装中の段階で工事中止となりました。
自力航行は不可能な状態で艤装中止、そのまま終戰となったため、『葛城』のように特別輸送艦に改修されることなく解体されました。


◆航空母艦 伊吹
170108q

ミッドウェイ海戰での空母4艦喪失の穴埋めとして、巡洋艦ベースの空母として建造されました。しかし、完成が昭和20年にずれ込み、そのころには空母機動部隊を構成する能力を日本海軍は喪っていたため、昭和20年3月、8割方完成していた本艦の建造を中止しました。
画像は昭和21年10月、旧佐世保海軍工廠第7船渠で解体作業を始める前の『伊吹』。


◆航空母艦 龍鳳
170108r

潜水母艦を改造して完成した『龍鳳』は、有事の際に速やかに空母に改造できるよう設計に盛り込んであったこともあり、昭和19年6月の〝あ〟號作戰に機動部隊の空母9艦の1艦として参加することができました。その後は搭載機の不足から船団護衛艦となり、呉で空襲により撃破された状態で終戰を迎えました。
被害が大きいために復員輸送にまわされることなく、昭和21年、解体工事が始まりました。
画像は昭和21年4月、旧呉海軍工廠第3船渠で解体工事が始まった『龍鳳』。


◆驅逐艦 雪風
170108ss

『雪風』は戰後、賠償艦として中華民國(現:臺灣)に引き渡され、『丹陽』と命名されました。
画像は昭和22年、引き渡し準備をすべて終え、中華民國へ向けて出航する前の『雪風』。


◆驅逐艦 初霜
170108t

『初春』型驅逐艦6艦でただ1艦生き残った『初霜』は、昭和20年4月の沖縄水上特攻からも生還、舞鶴に回航され、6月から砲術学校の訓練艦として用いられました。
7月30日、舞鶴空襲で對空戰鬪中に機雷に触れて大破、そのまま終戰を迎えました。
画像は舞鶴・宮津灣にて大破・着底した『初霜』。


◆一等巡洋艦 高雄
170108f

『高雄』は終戰時、新嘉坡(シンガポール)におり、戰後、『妙高』とともに進駐してきた英軍に接収されました。
『高雄』、『妙高』は損傷修理の上、特別輸送艦として復員業務に就く予定がありましたが中止となり、英軍の手で海没処分が決定しました。
『妙高』は昭和21年7月、北緯3度5.6分、東経100度40.6分のマラッカ海峡内にて永眠しました。

『高雄』は昭和21年10月27日、マラッカ海峡にて海没処分されました。
墓所は北緯3度5.5分、東経100度41分です。

画像は処分当日、英軍艦船から撮影された、爆薬点火前の『高雄』。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> 「足柄」とあるのは「妙高」であると思います。
ほんと...
なんで足柄にしちゃってたんだろ( ゚ω゚ )

ご指摘、ありがとうございます。修正しました。

NO TITLE

はじめまして。
本記事のうち、巡洋艦高雄の記事の中の
「足柄」とあるのは「妙高」であると思います。
ご確認をお願いします。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。