徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

5-1で1番カッコカワいいと呼ばれて

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

さて、先日は6度に及んだ5-1への攻勢失敗。
最初の1度だけボスにたどりついたあとは、5連続で道中撤退という体たらく。
かような醜態は常勝不敗の聯合艦隊水上部隊にあるまじきこと。

よって―――
3重キラづけという猛訓練を実施し、再度の攻勢を企図することにしました。

161218

旗艦『鳥海』以下、第六戰隊『古鷹』、『衣笠』、『加古』、『青葉』の巨砲搭載艦5艦と、對空戰鬪防禦艦として第一八戰隊『夕張』を加えた6艦による、再度の5-1攻勢を開始しました。

本次攻勢失敗の暁には、応急修理要員搭載による強襲突入を企図しており、確実にこの戰鬪で勝利をものにしなければなりません。

161218b

3重キラ付という訓練の成果を発揮すべく、全艦抜錨。
針路、南。
いざ、南方海域へ。

161218c

いかにキラ付けしようと、敵の強烈無比なる砲火を確実に防ぐのは不可能。
道中において『夕張』中破。
幸いにも被害はこれですみました。

進撃続行。

161218d

敵本陣へ殺到。
今回も對潜艦がない対水上戰鬪砲戰仕様なので、潜水艦を含まない編成の登場を祈るばかり―――

敵編成は―――

161218e

空母『千歳』、『千代田』、戰艦『金剛』、『ウォースパイト』らによる支援射撃、彈着。
おや、どうやら敵の耐久値が………( ゚ω゚ )

161218f

敵潜水艦はこれを認めず!
そして敵戰艦1の轟撃沈を確認!

旗艦『鳥海』より信號―――

發:第一遊撃部隊旗艦『鳥海』
宛:第一遊撃部隊
天佑ヲ確信シ 全艦 突撃セヨ

161218g

敵に戰艦あれど、潜水艦さえいなければものの数ではありません。
残余の敵艦を殲滅すれば、先日の醜態のツケを存分に支払わせることができるのですから。

各艦、8吋砲による全力射撃開始。

161218h

劇場版ではちょっと控えめだった彼女も、今回ばかりは搭載する8吋砲をふりかざし、目につく敵艦にかたっぱしから砲彈をブチこんでいく有様。

『夕張』のおかげで敵母艦機は壊滅状態なので、飛来してくる敵機の攻撃はことごとく空振り。
これはいけますぞ。

161218i

戰鬪終了。
夜を待たず敵部隊はそのすべてが海中に没しさりました。

我が方の被害は『加古』小破、『青葉』が輕微なる損害。

161218j

新『三川艦隊』任務、完了です。

これで―――

161218k

今一度、6-3へ逝くことになりました。
この任務をこなせば、いよいよ設営隊を入手です。

タービン・ロケット機の配備まで、また一歩前進です。


さて―――

ここで6-3へ逝く前に...

こちらをご覧いただきたひ。

161218l

『比叡』、『霧島』の2戰艦と、『長良』率いる水雷戰隊の『暁』、『雷』、『電』。
この6艦をもってして、5-1の敵をひっぱたき、S勝利をもぎとってきます。

艦これwikiにおいて、最難関任務の一つとみなされている《海上突入部隊、新発せよ!》、これを実施します。
どう難関かについては、wikiを参照してくだしあ。

『鳥海』らの勝利で調子に乗って、この任務もこなします。

161218m

見事、艦隊はボスへと到達。
うずしおを踏み、敵潜水艦による魚雷交差点を駆け抜け、敵戰艦と殴り合い、機動部隊をボコボコにして―――

やっとたどり着いたボス艦隊。
北への変針率8割という最悪の部類に属する羅針盤を制したうえでのボス戰。

これで敵に潜水艦がいたら―――

驅逐艦'sは對潜裝備をまったく積んでいないので、その時は来年、改めて、新規一転、再攻勢かければいいだけです。

發:第一遊撃部隊
宛:GF(聯合艦隊)司令部
再三ノ敵艦隊ノ邀撃ヲ躱シ 唯今ヨリ敵據點ニ突入ス
皇國ノ彌榮ヲ祈念シ 我 此レヨリ 驕敵ニ一撃ヲ試ミントス

161218n
161218o

敵に潜水艦なし!
敵は水上艦のみ。
天佑神助は我にあり。
敵母艦、戰艦は健在なれど、対水上戰鬪となればこちらのものです。

母艦機も對空特化仕様の『暁』の手により、その過半を喪失し打撃力は低下。
あとは全艦全軍一丸となって敵にぶつかっていくだけです。

161218p

夜間戰鬪突入。
敵残存は撃破した空母のみ。
対するわが方は低錬度の『長良』が被害担当艦として撃破され大破したのみ。
『比叡』、『霧島』の14吋砲は依然健在。
たとえそれが躱されても、『雷』、『電』、『暁』の驅逐艦3艦による夜戦連撃が待ち受けている態勢。

勝利は目前です―――

161218q

『比叡』、はずしました。撃沈に至らず。
劇場版ではちょっとイイところ見せたのに、ここでしくじるとはまだまだ鍛錬がなっていませんネ。

161218r

トドメは『霧島』。
14吋徹甲彈をきっちりブチこんで、引導を渡してやりました。

161218ss

戰鬪終了。

S勝利達成。

161218t

任務、完了しました。

『鳥海』麾下の高速艦隊と、『比叡』率いる砲雷戰部隊。
ふたつの挺身攻撃完遂の要は、キラ付けにありました。

キラ付けしても大破するときはするので過信は禁物ですが...

さて、お次は6-3です。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう