徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

いろいろもろもろ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

28日よりローソンでハイフリのキャンペーンの一環として、オリジナル菓子の販売が開始。
なので艦これアーケードやった帰りに立ち寄ってみました。

店頭在庫は5箇しかないので、全部買わせていただきましタ。

160629
160629b

色紙5種類中4種を入手。
のこりはもえか武蔵艦長のみ。

この最後の1種のみを引き当てるのが至難なんですよね...

ハイフリは………まぁイロイロモロモロ言われてますが、くろちゃん的には良い作品でした。
なにより、登場キャラの大半がかわいい。
30人以上いる『晴風』クルー全員が可愛い。1作品でこれほど多数のキャラをイイネ☆ミ と思った作品はいままでなかったです。
第二期やってほしいし、ガルパンのようにOVAや劇場版というのもお願いしたいところでありマス。


艦これブラウザ版ですが―――

160629c

ケッコ→時間がかかりましたが、ようやく『那珂』ちゃんとの婚姻が成立しました。
『那珂』ちゃんは我が艦隊で最初に配備された二等巡洋艦。当時は弾着観測も連撃もなにもない、巡洋艦にとっては厳しい時代でしたが、そのなかで昼戰に、夜戦にと活躍してくれました。
その後は遠征部隊配備となり、地方巡業の日々。改二実装後もそれは変わらずでしたね。

『川内』、『神通』よりも優遇してここまできました。
これからは遠征のみならず、イヴェントでも活躍してくれることでせう。


艦これアーケード。


月末に『妙高』型3艦をふくむ5艦の新規追加。
『敷波』と『足柄』はぜひとも我が艦隊に迎えたいですね。

『敷波』はブラウザ版では一切使っていない艦ですが、アーケードでの3Dモデルにおけるしばふ艦の可愛さは有頂天の極みですので、ぜひともお迎えしたいことこれしきり。

『足柄』はもちろん………
被弾した時の、「うにゃっ」を聞きたいがため―――

30日から2日までゲーセン行くひまがないので、REVISION2実装後の初プレイは7月3日になりそう。日曜だから、はやめに家を出ておかないといかんですね。

ここ1週間ばかり、我が艦隊の建造運もドロップ運も劣悪の一語に尽きる状況。このマイナス補正がかかった状況は、追加艦ドロップのための布石に相違あるまい。
ちょっと期待しちゃいます、はひ。


最後に―――

戦前、日本は大陸に進出していました。大陸には揚子江、黄河といった日本では見られない広大な河川があります。揚子江には支那方面艦隊が配備されていました。この艦隊は聯合艦隊の指揮下にはない、支那での活動のみに限定された艦隊でした。
この艦隊には砲艦や水雷艇、砲艇などが配備され、在留邦人の保護や日本権益の維持にあたっていました。

揚子江に碇泊する艦艇は、川の流れに押されないよう錨をおろしていますが、流れが速いために錨や錨鎖はあっというまに流れてくる砂泥に埋まってしまいます。
そのため、この方面の日本艦艇は1日1回、錨を上げて掃除して入れなおす検錨を行なっていました。
この作業はなかなかに厄介で、前後の錨を交互に上げ下げして掃除し、入れなおすため、艦艇をそのたびに前後に動かして碇泊位置から大きくずれないようにしました。

なお―――
排水量が500噸にも満たない河用砲艦は、この方面における日本という國家の顔という立場であり、艦首に菊の御紋章をいただく軍艦に属していました。
小さく古い艦ながらも菊の御紋を付けたこの砲艦に対し、揚子江を行きかうより大きな外國艦船は國際儀礼にしたがって、砲艦に掲げられている軍艦旗に敬礼していきました。

160525i
香港海軍工作部の砲艦『須磨』/昭和17年10月3日。
『須磨』は1916年に竣工した英國海軍625噸級砲艦『インセクト』級の1艦『モス』で、太平洋戰爭開戰時は香港で修理中でした。修理要員の現地人が逃亡したため戦列復帰できないまま、12月25日の香港陥落を迎えます。
日本軍は『モス』を浮揚修理し、昭和17年7月1日付で軍艦『須磨』として佐世保鎮守府に籍を置きました。
昭和20年3月19日、機雷に触れて沈没。

160525j
『勢多』型砲艦『比良』。
4艦建造された『勢多』型で最初に竣工した『比良』は、排水量330噸と小さいながらも艦首に菊の御紋をもつ軍艦籍の砲艦。
支那空軍機による空襲を警戒して、艦上構造物の上に13粍聯裝機銃が増設され、8糎高角砲は最大仰角をかけられています。
画像は戰鬪中ではなく、整備のために岸壁に横づけするところです。
艦尾の吸気口のような2つの箱型は厠です。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう