徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戰前のころ 其の貮

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

艦これアケでようやく『暁』ホロきました。
『響』とならべて出撃させると、航行中にときおりしゃべりだすので最高です。


嗚呼、『暁』ちゃん可愛いのですーヽ(゚∀゚)ノ

戦前~戦中の画像や小ネタをご紹介していく《戰前のころ》第2回、簡単な解説を交えていきますので、艦これとまったく関係がないですが、流し読み程度に御閲覧くだしあ。


16060901
愛國式防空壕
昭和16年5月に東京・深川の会社が完成させた防空壕。
円筒状で内部は木製。腰掛け式と畳式があり、内部に10人ほど避難・収容することができました。


16060902
助燃器ほのお炭
昭和16年、燃料節約の國策に沿って作られた國策火王炭。
ところどころに穴が開いた中空、卵形の素焼き製で、豆炭や木炭にまぜて使うと真っ赤に熱せられ、少量の炭でも火力が長持ちしました。
何度でも使えることから萬年炭とも呼ばれました。
価格は9箇いり1箱95錢。


16060903
灰の回収
昭和16年5月7日、京都市内での灰回収の様子。
食糧増産に重要な化学肥料不足を補うため、都市部でも木炭の供出運動が始まりました。家庭から出た灰は、隣組組織、町内会に集められ、市集灰組合を通じて農家に送られました。


16060904
黑十字章
昭和16年5月26日、《全國石炭増産強調期間》の表彰式が首相官邸で行なわれました。優良炭鉱2箇所、優秀炭鉱労働者10名に厚相から上画像のような黒十字章が贈られました。


16060905
6月の大阪新世界
大阪・浪速区にある新世界は映画館、演芸場、飲食店が立ち並ぶ歓楽街で、庶民が手軽に楽しめる娯楽場でもありました。
大陸戦線が泥沼の様相を呈し、配給制や物不足が目立つ中でも道行く人の数は絶えることがありませんでした。
中央の塔は通天閣。


16060906
トンボ鉛筆の広告
トンボ鉛筆は昭和16年に準軍需工場の指定を受け、製品の3分の2を軍関係に納入することになりました。納入された鉛筆は慰問品として戰地に送られたほか、占領地での宣伝活動用としても配布されました。
上の画像は雑誌アサヒグラフ掲載の広告。
日に日に変る世界地図/強くて濃い鉛筆が要る/ダンコと折れないトンボが要る


16060907
木製自動秤
昭和16年にはいって東京度量衡会館は、針と發条以外は木製の自動秤を製造しました。
大きさは高さ30.7糎、巾21.3糎、奥行き31.2糎。
目盛板は蝋びきの紙製で、7瓩、2貫(約7.5瓩)までの両表示付です。
終戦前まで家庭用として使われました。


16060911
撤去される東京府庁の鉄門
昭和16年4月1日に官庁、公共団体に鉄鋼回収の布告が出され、東京府庁も6月23日、大小4枚、合計860瓩もの正門鉄扉、およそ100米分の鉄柵を撤去しました。撤去後、木製の扉と柵が設けられました。
東京府庁:東京都の前身で昭和18年7月1日の東京都制施行まで帝都の地方自治を担っていました。


16060912
東京の理髪店
上の画像は東京駅の地下にあった理髪店《荘司》。同店は日本一といわれた店で、一般店がおおむね45錢の料金であったのに対し数倍もしましたが、高級風呂や食堂などを完備する高級理髪店でした。
利用客は若槻礼次郎、松永安左衛門などの政財界の著名人ばかりでした。


16060913
除隊記念の盃
当時、兵役を満期終了した者は、除隊に際して一人ひとりが彩色した盃と徳利をつくる習慣がありました。
上の画像は鉄兜を模した盃で、裏には褐色の地に皇軍の文字を刻み、中央に飛行機を配したもの。


16060914
鉄道旅行自粛を促す広告
昭和16年7月10日、関門海峡海底隧道が完成し、本州と九州が鉄道で結ばれました。
日本の國内輸送力は昭和13年に不足をきたしており、大陸戦線への玄関となる九州への輸送力強化が急務でした。民間旅客・貨物輸送よりも軍需輸送が優先されるようになり、上の画像のような広告が雑誌などに掲載されました。
昭和19年4月1日には、決戰非常措置要綱により、100粁を超える旅行は、警察や統制団体の証明がないとできなくなり、旅客輸送用の一等車、寝台車、食堂車が全廃されました。昭和20年にはいると、鉄道線路、列車への空襲も激化し、定速・定時運行が不可能となり、おおくの犠牲者を出しながらそのまま終戦を迎えました。


16060915
富士山観測所の看板
昭和16年7月22日、台風が関東・東北地方を直撃。そのため、半月おきに観測員が交代する富士山頂の観測所は数日間にわたって交代要員が登ってこれない状況となり、所員は記録を取りつつ、画像のように雑誌の切り抜きの女性を貼り、嘆きを代弁させていました。


16060916
廃品回収代用品展
東京・新宿の伊勢丹百貨店で昭和16年7月19日から28日まで、商工省主催の《資源回収と代用品展》を開催しました。
物不足を補うため、家庭資源の再活用を提唱して、廃品を利用したさまざまな代用品が展示されました。


16060917
愛國煙管
刻み煙草の利用者の増加を受け、昭和16年から代用品の煙管の製造が行なわれました。東海地方では陶製煙管が昭和13年ごろから製造されていました。
上の画像は福島や会津若松駅で販売されていた愛國煙管で、吸い口と雁首は陶製、胴は竹製でした。


16060918
木製バケツ
昭和16年以降、ブリキ製のバケツに代わって木、竹、紙製のバケツが登場しました。
とりわけ、桶造りの技術を応用した木製バケツは耐水性、耐久性に優れていました。大きさは高さ23.5糎、直径29糎(底は22糎)。
乾湿時の膨張率が少ない杉、檜などが使われ、取っ手や箍は竹製でした。


16060919
水豊水力発電所の発電機
昭和16年8月25日、朝鮮北部の鴨緑江に建設された水豊水力発電所の一部が竣工し、満州國の鞍山への送電を開始しました。
画像は芝浦電気製の10萬キロワット発電機の1號機と2號機。満州と朝鮮への営業送電は9月28日から開始されました。
この発電所は2016年現在も朝鮮民主主義人民共和國の主要な発電所として機能していると推測されています。


16060920
事務用糊
明治32年(1899年)に腐らない事務用糊を開発したヤマト糊工業(現:ヤマト株式会社)は、昭和16年から原料の澱粉が配給統制に入ったため、彼岸花の球根粕を使用した代用糊の製造を開始しました。この代用糊は戦後の昭和25年ごろまで製造されました。
画像は硝子瓶いり糊で、販売価格は12錢。


16060908
公演中の松竹國民移動劇団
松竹劇団は歌舞伎出身者が多く、時代物を得意として日本各地を巡業しました。

昭和16年6月9日、日本移動演劇連盟が発足しました。
これは國民演劇を確立し、演劇を國民のものたらしめるため、そして國策に沿った演劇を國民に配給することを目的としていました。
従来の商業演劇、プロレタリア演劇などの新劇を制限し、國民精神高揚の一翼を担う演劇を指導・育成することを狙っていました。
昭和16年にはいると、歌舞伎などから世話物、艶物が制限され、戦争物、伝記物が推奨されるようになったほか、築地小劇場は國民新劇場と改称されるなど、政府による演劇統制は強化されていきました。

日本移動演劇連盟には大政翼賛会、情報局、東京日日新聞(現:毎日新聞)、大日本産業報國会、大日本青少年団などの全國レヴェルの諸団体、東宝移動文化隊、松竹國民移動劇団、吉本移動演劇隊、市川猿之助一座、文学座などが加盟していました。

昭和16年から日本各地の工場、鉱山、農村や漁村、軍などへの巡業がはじまりました。
政府推奨の演目はほとんどが増産奨励劇や戦意高揚劇で占められていましたが、平成の世に比べるとはるかに娯楽の少ない当時は、各地で熱狂的に迎えられました。
そのときのエピソードとして―――

「滅多に芝居など見られないある鉱山で公演をしたら、ちょっとしたことでも歓声を上げ、少し可笑しいだけでも気狂いのように笑い、おそろしいほど熱心で、こちらも神経がクタクタになったけれど、公演してよかったとあとで痛感した」
「移動公演の前に村長さんが村人たちに、今度来る役者たちはただの旅役者ではない。情報局や大政翼賛会から派遣されてこの村を視察するのだから、行儀よく見物しなければならないと告げたため、観客は恐ろしいほど行儀よく鑑賞していた」

このほかにも、掘立小屋みたいな便所を使いづらい女優が2日間ガマンしたり、赤ん坊の貰い手はいないかの張り紙に驚いたりと、役者や関係者は地方巡業のたびに各地で悲喜こもごもの体験をしました。

移動演劇は終戦までの4年8箇月間で、およそ1194萬人の観客を動員しました。

16060909
広島で被爆し死去した丸山定夫氏

昭和20年にはいると、日本各地はB-29や空母機による昼夜わかたぬ空襲に曝され、移動公演自体が困難になってきました。移動劇団は地方に疎開・常駐し、その周辺地域での公演を行ないました。疎開は4月ごろから行なわれ、吉本は宮城県仙台市、文学座は石川県小松市に疎開しました。
疎開先と公演先を移動する際も、國内交通網が機能していないため、橋の下で寝たり、ようやく乗れた汽車が機銃掃射を受けたりと、劇団員は苦しい旅をつづけました。
そのなかでも大きな悲劇は、丸山定夫氏率いる移動劇団櫻隊でした。
同隊は広島市に疎開・常駐し、8月6日の原爆投下で丸山隊長以下9人が犠牲になりました。

丸山定夫氏は築地新劇場時代からスター的な存在で、政府による弾圧後は、徳川夢声らとともに劇団吉楽座を結成。昭和20年に移動劇団櫻隊を率いて広島で被爆、終戦直後の8月16日に45歳の若さで死去しました。


◆戰前ミニ事典
鉄鋼統制会
昭和16年4月26日に設立された機関。初代会長は平生釟三郎日本製鉄社長。
鉄鋼業への國家統制を強め、日本・満州・中國を一環とする鉄鋼増産を目標としました。
國家総動員法に基づく経済団体再編成の最初のもので、資材の配分から価格設定まで、生産・販売のすべてにわたる決定権を付与され、全企業の参加が強制されました。

肉なし日
農林省の指導により設定された、肉を売らない日。
飲食業では毎月8日と28日で、ハムなど肉類の料理が禁止されました。
販売業では毎月2日、18日が加えられ、毎月4回の肉なし日が決められました。
昭和16年5月8日が最初の肉なし日でしたが、このころにはすでに肉類は品不足となっており、闇市での価格高騰と買占めにより、庶民には縁のない日となっていました。

學校報國隊
昭和16年8月8日、文部省は勤労動員適時出動体制整備のため、全校組織の學校報國隊の編成を訓令しました。
学徒勤労動員のためで、大学、高等学校、専門学校で組織されました。
文部省にはこれらを統括するために學校報國隊本部が置かれ、全國10箇所に地方部が設置されました。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> やはり艦娘界の天使は暁ちゃんだった(断定)
ちなみに如月を秘書艦にしてタッチすいた際、かるくウインクしてくれるのでこれまたタマりませんです

> アーケード版を継続的にプレイできる環境、本当にうらやましいです。
職場からの帰り道に導入店があるので、夜勤明けたあとに店頭並ぶ→プレイという流れですね

> 先週試しに行ってみたら午前の早い時間だったのに20人以上待機中。
自分の行きつけの店も、開店の10時ごろには平日でもそれぐらい並びますね

> しかもプレイを待機者全員に見られてる状態なんて、小心者の私には難易度甲どころか史レベル以上ですね。
実際にプレイして、出撃して艦娘たちを操作していると、背後からの視線など気にならなくなりますね
気にしてたら、目の前の艦娘たちが撃破されるんですもの
背後の見ず知らずの人たちの視線より目の前の艦娘たちですヽ(゚∀゚)ノ

NO TITLE

やはり艦娘界の天使は暁ちゃんだった(断定)
ホロカード獲得おめでとうございます。
アーケード版を継続的にプレイできる環境、本当にうらやましいです。
書かれていないだけでプレイに苦労されているのかもしれませんけど…。

私の住んでいる地域だと艦これ設置店、都心のおたショップ街の1カ所にしかないんですよね。
先週試しに行ってみたら午前の早い時間だったのに20人以上待機中。
しかもプレイを待機者全員に見られてる状態なんて、小心者の私には難易度甲どころか史レベル以上ですね。
アーケード版ゲームもアンドロイド版実装されないかな。
あのゲーセンでプレイするのちょっとハードル高すぎます…。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。