徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日前半戰

はおヾ('ヮ'*)ノ

いよいよ今日が最後です。
0900時現在、運營鎮守府から聯絡はないですが、本日1500時をもって限定海域への突入作戰は終了となります。

それまでに、『瑞鶴』奪取のための最後の攻勢に着手するという次第。

とはいえ、資材の備蓄とも相談の上での攻撃になるので、実施できるのは午前3囘。遠征によって資源をある程度恢復させたうえで、午後に3~4囘といったところが限度でせうか。

攻撃の基本はいままで通り。

耐彈性に劣る輕巡、驅逐艦の随伴はなし。
對潜戰は輪形陣で對應。撃沈撃破は二の次。最優先は無傷での突破。
フラッグシップ戰は複縱陣若しくは單橫陣。

午前の第一次攻撃に參加するのは以下の諸艦。

第一戰隊 戰艦『長門』(『霧島』、『比叡』のどちらかと交替で出撃)
第三戰隊第一小隊 戰艦『金剛』、『榛名』
第三戰隊第二小隊 戰艦『霧島』、『比叡』(『長門』と交替で出撃)
第二航空戰隊 『翔鶴』、『飛龍』

◎豫備
戰艦『陸奥』
航空母艦『赤城』
重巡洋艦『愛宕』、『高雄』
輕巡洋艦『阿武隈』、『五十鈴』、『鬼怒』


◆第一次攻撃第一波

二度の對潜戰を無傷で突破。ランクDだけど氣にはしない。
フラッグシップ戰に突入。採用陣は單橫陣。
最初の航空攻撃で彼我ともにさしたる被害なし。幸先いいと氣をよくした瞬閒―――

「Shit!! 提督に貰った大切な裝備が!!!


フラッグシップ艦の直撃彈が『金剛』を直撃。爆裂の炎幕と濛々たる爆煙のなかから、ひしゃげた主砲塔が痛々しい『金剛』が姿を現す……
耐久力の8割以上の損害。砲戰能力はまだ維持しているが、事実上の大破。

「随伴艦の損害が作戰遂行限界を超えました。提督、艦隊は一時反転、再起を期します」


初戰における痛恨の退却。
歸港後、ただちに高速修理と補給、母艦機の補充を行ない、ただちに出撃。
敵潜の制圧海面を遮二無二突破。旗艦『榛名』が雷撃を受けて3程度の被害を蒙るもそのまま前進。

要塞4基からなる防衞陣に正面から毆りこみ、たちどころにこれを殲滅。夜戰に持ち込むことなく、突進の勢いを利して姫艦のもとへ―――

130605

敵輪形陣に對し、こちらは聯合艦隊傳統の旗艦先頭單縱陣。
初動の航空攻撃で敵機を悉く撃墜し、敵要塞2基を中破させたのち、砲戰に突入。

「やだ、被弾した!!?


姫艦の直撃彈が『榛名』の外鈑を削り、耐久力を著しく落とす。
姫艦への阻止砲火をかいくぐり、2基の要塞がその砲口を『榛名』に向ける。2基とも、航空攻撃と『金剛』、『比叡』らの砲撃を受けて激しく燃え盛り、あと一押しで撃沈できそうなほどに満身創痍。
その要塞群の、渾身の一撃が『榛名』へと放たれる―――

「やだ……こんな……でも……」


『榛名』、大破―――
『榛名』へ致命的一撃を叩き込んだ2基の要塞は、『飛龍』の母艦機と『霧島』の砲撃を受け、相次いで海没。最後まで殘っていた要塞も、『金剛』の命中彈を浴び、その巨影を波閒に没しさる……

「發第一遊撃部隊旗艦、宛第一遊撃部隊。各艦は我を顧みず前進、敵艦隊を夜戰に於いて撃滅せよ!!


損傷激しい『榛名』と2艦の空母を殘し、『金剛』以下の戰艦群は姫艦に最後の砲撃戰を挑むべく、灼けた砲身を持ち上げ、月下の戰場を驀進していく―――


◆第一次攻撃第二波

第一波の攻撃で、單橫陣ではフラッグシップ戰を抜けないと判斷し、複縱陣で應戰。『金剛』と『翔鶴』がちょっと被害を受けたものの、單橫陣のときのような損害を出すこともなくフラッグシップ戰を突破。

130605b

姫艦との最初の航空攻撃で、制空権こそ掌握できなかったものの、敵の出撃機を、艦上からの對空射撃と直掩機によって殲滅。味方の被害は『金剛』が4程度の損害で、敵は随伴要塞2基が中破。

今囘、『飛龍』にはいつもの紫電にかわって震電を搭載していたのだけど、それが効を奏したかは不明。いろいろと問題があるとされるこの機体だけど、実際のところは使えるのかは不明。
今回の第二波を終えて歸投してから、殘存機を確認したら、出撃27機のところ殘存は25機。損失は2機で、『翔鶴』の烈風損失3機(出撃24機)、紫電損失1機(出撃24機)と大差ない模様。

戰鬪機の使い方はいまだに謎が多いですネ。

なお、第二波の攻撃で、姫艦より『鬼怒』を強奪。
これで『阿武隈』が3艦、『鬼怒』2艦となった次第。
『瑞鶴』はいまだに姿を見せないが―――


◆第一次攻撃第三波

勝利ランクSを取り續けることで、姫艦撃破後の報酬もグレードうpするとのことだけど……
そのためには敵潜制圧に強力なASW裝備が必要で、しかもその後のフラッグシップ戰でも戰鬪力を喪うことなく最終戰に臨み、なおかつそこで敵を全滅させねばならない―――

ムチャぶりもいいとこですナ。

それほどまでに強化したASW艦はないので、やっぱりそのやり方はムリ(・ω・)

いままでとおり、戰艦、重巡、空母の力押し主義でやっていきまふ。

潜水艦?
雷撃など躱せばいい。

130605d

130605c

「Let's dance!! All weapon's free!!!


「各艦回避自由、全兵器随意射撃自由……って、わたしたちの持ってる對潜兵器って母艦機しか……」



このあと、敵潜水艦は我が驅逐艦部隊がおいしくいただきましたヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト
«終了  | HOME |  あと1日»

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。