徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

北號作戰

はおヾ('ヮ'*)ノ

限定海域への侵攻も残りわずかとなってきました。
後半……というか最終日は『瑞鶴』のために持ちうる資源を國家總動員態勢で臨むことになりそうです。

そのためには、まずはなにもさておいても燃料が大事です。
石油の一滴は血の一滴。これがなければ愛しの艦娘たちも、港にただ鎮座まします存在になるばかり―――

130602d

まさにそのたうり!!

油を獨占するメジャーに對し、我が軍は斷固たる態度で臨むべきなのデス(・ω・)

國際石油資本に對する我が軍の解答として、彼らの船團への通商破壊戰を実施。
130602

これにより、我が軍への安定した石油の供給が約束されることでせう。

え? 海賊行為?? 私掠船???

すべては海の女神の思し召しなのです( ̄Д ̄)ノ†


さて、通商破壊戰である補給艦3艦撃沈というクエですが、その最中に―――

130602b

軍艦『最上』(二代目)、着任!!!

初代は以前、着任後12時間も經たないうちに轟沈という悲劇に見舞われた悲運の巡洋艦。往年の『畝傍』に竝ぶ悲劇でしたよ、はひ。

とりあえず、二代目『最上』の着任により、クエスト《西村艦隊編成&出撃》が可能となりました。
史実のごとく『時雨』1艦を殘して全滅とならないよう、萬全の態勢を整えて出撃させようと思いまふ。

さて、燃料事情に絡んでですが……

遠征任務に新たなモノが追加されました。

130602c

《北號作戰》

航空戰艦數艦を用意し、強行輸送をせよといふもの。

艦これの遠征には、日本軍が実施したいくつかの任務が含まれていますが、そのなかでも異色なのがコレ。
内容だけでなく、作戰名までもが実際にあったものですからネ。

この作戰は大戰末期の昭和20年の2月に実施されました。
この時期、日本本土と南方資源地帶とを結ぶ海上交通路は米軍の機動部隊や水上艦隊、潜水艦、地上航空部隊によって寸斷されており、本土では資源不足、南方では資源があふれかえって無用の長物に成り果てているという狀況でした。
日本海軍は南方に展開し、動きもままならない主力艦群を本土防衞のために呼び戻す際、南方資源を積める限り積みこんで一緒に本土に戻そうと畫策。
同時期、輸送船團による資源強行輸送《南號作戰》も行なわれていたことから、戰鬪艦艇による強行輸送であるこの任務は、北號作戰と命名されました。

作戰指揮官は第四航空戰隊の松田千秋少將。
動員兵力は戰艦の『日向』、『伊勢』、二等巡洋艦の『大淀』、第二水雷戦隊の駆逐艦『朝霜』、『初霜』、『霞』の計6艦。輸送物資は航空燃料や護謨など。ただ、軍艦のため多くは積めず、格納庫など大きな収容スペースがある航空戰艦2艦を含めても、6艦あわせて5,000噸級の中型輸送船1隻分しか運べませんでした。
ただ―――
南號作戰が多くの商船や油槽船を沈められて大失敗に終わっていることから、強力な自衞力を持つ北號作戰部隊でなら、なんとか本土にたどり着けるだろうと期待されていました。

事実、米軍の數度に及ぶ航空攻撃をスコールを巧みに利用して躱し、敵潜の攻撃にすら耐え、任務を完遂することを意味して《完部隊》と名付けられたこの部隊は、ついに1艦も喪うことなく、全艦、本土にたどり着いたのでした。

なお、この任務中に、浮上中の米潜水艦へ『伊勢』は14吋主砲を發砲しており、これは『伊勢』にとって最初で最後の砲撃となりました。


というわけで―――

130602e

《完部隊》を編成し、遠征任務に出撃させます。
旗艦は史実通りに軍艦『日向』。随伴は同じく『伊勢』。
軍艦『大淀』はまだ艦これ未実裝なので、松田司令官が中佐時代に副長を務めていた『阿武隈』を配備。
驅逐艦では、『初霜』はあったものの『霞』は手持ちになかったので、おなじ朝潮型驅逐艦ということで『朝潮』と『荒潮』を配備。
『朝霜』は夕雲型驅逐艦で、『大淀』同様未実裝。

以上の精鋭6艦をもって、強行輸送を実施です。

130602f

史実とおり、全艦無事に、そして任務を完遂して戻ってきてください(*'-')ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

>これは「水上目標に対して最初で最後の砲撃」でしょうね
そのたうりですネ
あいかわらずくろちゃんは言葉足りずで訪問者を混乱ばかりさせよるわ……

> エンガノでの伊勢の対空戦闘は動画も残ってまして、「実戦で主砲を発射する日本戦艦」のフィルムは、今日見られるのは多分これだけかなと思います。
歴史に干渉しないという条件でタイムスリップできたら、帝國海軍華やかりしころから終戦の日までを、この目でしかと見てみたいもんです
白黒映像でなく、総天然色の実際の姿を...

NO TITLE

>なお、この任務中に、浮上中の米潜水艦へ『伊勢』は14吋主砲を發砲しており、これは『伊勢』にとって最初で最後の砲撃となりました。

伊勢はエンガノ岬沖海戦や、呉軍港空襲でも主砲を発射してますので、これは「水上目標に対して最初で最後の砲撃」でしょうね
天敵であるはずの潜水艦を、戦艦が主砲で撃退してしまったというこの逸話は、いつ見ても胸のすく想いです。
エンガノでの伊勢の対空戦闘は動画も残ってまして、「実戦で主砲を発射する日本戦艦」のフィルムは、今日見られるのは多分これだけかなと思います。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう