徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

ずっとこの加賀なし艦隊で生きてきた。これからも続いていく軌跡。

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

備蓄恢復をしつつ、艦隊の錬度を少なからず向上させつつある初秋の候で茣蓙いマス。

ところで、艦これにおける母艦戦力でその筆頭に君臨しているのが、改造空母の『加賀』ですね。
搭載46機をふくむ総搭載数98機は現状、母艦航空戦力としてはトップです。

火力などではほかの改ニ母艦群と拮抗もしくは後塵を拝するかたちになってはいますが、それでもイヴェントなどでは引っ張りだこという頼れる母艦になっているわけです。

そんな『加賀』ですが、くろちゃん率いる我が聨合艦隊では、道中支援/決戦支援で使うほかは第一線を退いている恰好となっています。

150914c

我が艦隊の母艦戦力は上図のとおり。
母艦着任1號は小型正規空母の『龍驤』。
大型空母としては任務報酬の『赤城』が一番手でした。
くろちゃんの建造運、ドロップ運は、小型空母に特化していたわけです(*'-')

主力空母として2番目に来たのが『加賀』ですが、一覧で見てわかるとおり、Lvは主力空母10艦(『大鳳』2艦目を含めると11艦)のうち最低の63です。
小型空母を含めた19艦(『大鳳』、『龍鳳』各2艦目を含めると21艦)でも、『龍鳳』2艦目、『鳳翔』に次ぐLvの低さです。

新参の『雲龍』型3艦にすら抜かれているわけです。

それでも60を超えるLvになっているのは、着任順からわかるとおり、主力空母がほとんどなかったからです。

『翔鶴』は艦これ初のイヴェントとなった2013年春《敵艦隊前線泊地殴り込み》のE-3クリア報酬で手に入れたもの。
このイヴェントを『赤城』、『加賀』の2艦を主軸にしていたのですから、『加賀』のLvが否応無しに上がってしまうのも納得です。

ただ―――
『翔鶴』参戦後は、彼女が我が空母群の主軸になったので、2013年夏の『大和』入手イヴェントでは、空母群でLvトップに躍り出た『翔鶴』がイヴェントにおいて活躍しました。
これ以降、『加賀』は第一線を退く形となり、以後は通常海域、イヴェントともに参加することなく鎮守府の女王として艦娘名簿の片隅にその名を連ねるだけとなりました。

『鳳翔』とともに『加賀』を使わない理由はただひとつ。
イラスト。

それだけです。

くろちゃんは艦これにおいて、見た目重視で主力と廃棄を決めています。

やはり可愛いは正義ですからね。

ただし、しばふ氏の絵がキラいといふわけではありません。
実際、しばふ艦である『赤城』は結婚済みですし、『白雪』や『初雪』も順調に育成しています。

なぜか『加賀』と『鳳翔』のイラストがちょっと琴線に触れなかっただけなんですね。
逆に、アニメ版の『加賀』さんは好きですね。アニメ版は全般的に作画は好みでした。

艦これ内でもイラスト変更や改ニ実装がきたら、立ち絵次第では『加賀』の主力入りもありえます。

こういったイラストや―――
150914b

こういった『加賀』さんなら、いまごろ結婚済みでしたね。
150914


秋のイヴェントではまたしても海外艦、それも大型艦艇の実装が予定されているとのこと。

WoWSでは獨逸艦艇の実装も予定され、課金艦として『ティルピッツ』もきました。

150914d

諾威(ノルウェー)のフィヨルドに潜み、北極圏航路を蘇維埃(ソヴィエト)へ向かう米英連合軍の輸送船団とその護衛艦艇に間断なく脅威を与え続けた《北方の孤独の女王》

艦これでもそろそろ来てもらいたいですね。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう