徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

問答無用に深海棲艦の視線を惹きつける艦娘でありたい

はおヾ('ヮ'*)ノ

神無月を迎えたので、さっそく月初恒例の勲章狩りです。

まずは―――

1-5鎮守府近海でのサヴ・ハンティング。
141002

安定の第一ポイントでの被雷。
敵潜は1艦だけとはいえ、高確率で我が方の艦娘に魚雷の腹パンを喰らわせてくるから侮れぬ。

出撃4艦には耐久力だけはピカ一の『伊勢』がいるので、どうにかして『伊勢』に魚雷をブチあてて、ほかの巡洋艦や空母を魚雷の魔の手から救いたいのですが...

なかなかどうして、ウマくいきませぬ。
頻繁に『千代田』に魚雷が……

なんかこう...

敵の魚雷は獨逸のG7esツァウンケーニヒでも用いているのかと疑いたくなりますね、はひ。

141002b

『伊勢』にはカ號観測機を4隊配備しています。
1-5が実装された当時は、『あきつ丸』の配備がなく、多くの艦これ職人にとって至極当然の手法であったカ號ガン積みができなかったくろちゃんです。
瑞雲4隊でちまちま敵潜に3番爆弾や6番爆弾を落として心胆寒からしめたものでした、はひ。

それがいまや―――

春ごろに建造で1艦、夏季イヴェントで敵側より3艦を奪い、念願のカ號4隊を編成できるまでに至りました。

ちなみに―――

先だって、『伊四〇一潜』建造実装に伴って大型建造に踏み切ったところ、5艦目の『あきつ丸』がきました。5艦目は大發を外してそのまま素材にしちゃいました。

対潜巡洋艦の陰に隠れて、被害担当艦になるほか活躍の場がなかった『伊勢』型、『扶桑』型も、これでようやくサヴ・ハンターとしての地位を確固たるものにできました。

141002c

と、まぁ―――

そんなこんなで、4度の出撃でゲージ破壊を完了し、今月1箇目の勲章を確保です。

お次は2-5です。


141002d2

遠征の合間を縫って出撃中のWoT。
日本戦車系統は戦後世代に達しました。

現在、くろちゃんが運用している日本戦車は上の画像の戦後世代のSTA-1と、課金戦車である帝國陸軍・三式中戦車チヌ改の2輛。
STA-1は自衛隊が装備した初の国産戦車である61式戦車の原型になった試作戦車の一つです。

上の画像は戰鬪で入手した勲章。

複数の敵戦車から攻撃を受けて生き残った際に授与される《神の手》

ようするにフルボッコされても生き残ったで賞。

STA-1は中戦車なので装甲も厚いわけではないので、まさかこれを取れるとは思ってもおりませんでした、はひ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう