徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃開始

はおヾ('ヮ'*)ノ

本日は天氣明朗なれども浪高し―――

海軍記念日たる本5月27日、姫艦率いる敵深海棲艦隊撃攘のため、第一艦隊・第一遊撃部隊諸艦は相次ぎ抜錨。遠征などの任務で殘置する艦娘たちの帽振れに見送られ、粛々と戰場へと赴いていく―――

今回の任務は、敵主力の撃滅ではなく、中核たる姫艦の撃沈撃破にある。

我が聯合艦隊の精鋭である『長門』、『金剛』など戰艦全9艦、『赤城』、『加賀』の航空母艦2艦、『愛宕』、『高雄』、『阿武隈』など選抜艦20數艦をもって、姫艦を紺碧の海のもとに葬り去るのが使命である。

最初の戰鬪は警戒の敵潜水艦群。
さらに主力潜水群と交戰―――

我が方は對潜機をもって海面下より忍び寄る敵潜を制圧、これを打ち払い、その快速性能を發揮して敵潜警戒域を突破。
その先には本丸を護る最後の防備線である砲戦部隊主力。

各艦は砲門を敵艦群に指向し、空母艦上では母艦機が雷爆裝を整え、發艦ヨシの合圖を今か今かと待ち構える。

敵は精鋭の戰艦、重巡からなる打撃部隊と、防備線を構築する3基の浮遊要塞より成る。
これを打ち破らねば敵本丸へ手をかけること叶わず。

各艦娘、旗艦『金剛』の發砲を固唾を呑んで見守る―――

「右30度230、敵戰艦隊! 1、2番主砲、交互打方!! Fire!!


『金剛』の14吋砲1番、2番主砲塔から試射のための初彈が放たれる―――
續行する『長門』、『伊勢』、『扶桑』も次々とその砲門を開いていく。
その頭上を、『赤城』、『加賀』を飛び立った母艦機の大集團が、雲霞のごとく押し寄せる敵機群へと突き進んでいく―――

130527h

最終防備線での砲撃戰において、我が方は敵要塞3基すべてを撃破海没させたほか、精鋭の敵巡2艦を沈めさった。主力の敵戰艦に致命傷を與えるには至らなかったものの、この戰鬪における我が方の損害は、『赤城』が敵機の空襲と敵巡の至近彈で損傷するだけの輕微なものでしかなかった。


130527i

敵戰艦の追撃を振り拂い、ついに第一遊撃部隊は敵本丸へとたどり着く。

前方水平線遥か―――

まがまがしい紅に染まった姫艦の姿が望見できる。

『金剛』の檣に翩翻と旗が……Z旗が掲げられる。

《皇國ノ興廢 此ノ一戰ニ在リ 各艦一層奮励努力セヨ》

「敵艦の周囲に要塞多數見ゆ」



「發第一遊撃部隊旗艦、宛第一遊撃部隊、全軍突撃するデース!!!



「『赤城』より各飛行隊へ、近迫敵要塞を攻撃せよ!!


130527j

決戰の火ぶたが切って落とされる―――


晝ごろまで、計2度、姫艦のもとへ到達し、砲爆同時戰を挑んだ次第。

2度とも陣形は、後先顧みない攻撃一辺倒の旗艦先頭單縦陣。ここで姫艦を撃沈しないと、『瑞鶴』調達の機會は得られないですからネ。護りに徹するよりもとにかく攻撃あるのみです。

結果は―――

130527k

全艦撃沈。
ただし1度目はドロップなし。2度目は『千代田』でした。

1度目は演習で全艦キラッ☆ミ とさせて臨んだので、敵の攻撃を躱すわクリティカルは出すわで大暴れ。
2度目はキラッ☆ミ が半減しちゃったけど、それでも最大の被害が小破でした。

とにかく3戰目のフラグシップ戰艦らとの交戰で、いかに被害を抑えられるかがポイントですネ。

姫艦との戰鬪は、2度とも取り巻きが要塞でしたが、これ以外のパターンもあるのでしょうかね?

このあともちゃれんげしてみます。

目標!! 『瑞鶴』!!!



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。