徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女を見ろ、これが戦場を生きる艦娘の顔だ

はおヾ('ヮ'*)ノ

大規模うpデートから一夜明けました、ごきげんよう。
新型裝備に新海域といった新展開に加え、待望の海外艦勢のオン・ステージという今回―――

海外艦は遣獨潜水艦作戰が絡んでいるだけあって、大方の予想通り獨逸海軍でしたね。

すでに『Z1レーヴェレヒト・マース』を手にして、至高の戰鬪艦艇たる『ビスマルク』を狙っていることでせう。

大型建造のみといふことなので、資材の消費が加速していますがね...

そんななか、くろちゃんはといふと―――


















































140315

戰艦『ビスマルク』着任。

夕べ、お仕事のあいまをぬって、夜食食べつつちゃれんげしたらなにげに5時間―――

はいはい『長門』型『長門』型(・ω・)

高速建造10箇ぽちっと...

「Guten Tag.」
Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

うん、予期せぬ結果でした、はひ。

140315b

主兵裝は38糎砲。
18吋、16吋といった巨砲に慣れた艦これ職人のお歴々にとって、非力な感じに見えることでせう。

しかしそこは獨逸です。
このSK C/34型47口径38糎二聯裝主砲は、砲弾と発射用火薬が一体化した莢砲式で、同時代の日米英仏伊の主力戰艦群の主砲が砲弾と発射用火薬を分離した嚢砲式と違い、毎分3発の速射が可能な主砲でした。

140315c

主砲の初速も毎秒820米と優速で、砲弾貫徹力は至近距離なら616粍の垂直装甲を貫くことが可能でした。
砲戦距離1萬8000米なら垂直装甲419粍、2萬7000米でも垂直装甲304粍を射ち抜くことができました。

『ビスマルク』と同時代の英戰艦『キング・ジョージV世』級の垂直装甲は374粍なので、砲戦距離1萬8000米なら十分に貫通することが可能でした。

ただ、38糎砲の砲弾重量は800瓩と軽量のため、垂直落下時の貫通力が低いといふ欠点がありました。
浅い角度で落下する場合の貫通力は砲戦距離1萬8000米で水平装甲76粍、やや高い角度で落下する砲戦距離2萬7000米では水平装甲126粍を貫くことができました。

ちなみに―――
我が帝國海軍が誇る『大和』型戰艦の18吋主砲の砲弾は重量1.46噸、初速は『ビスマルク』に劣る毎秒780米ですが、装甲貫通力は巨弾と重量ゆえに絶大です。
砲戦距離2萬米で垂直装甲566粍、水平装甲167粍、3萬米で垂直装甲416粍、水平装甲230粍を貫くことができました。

140315d

主砲塔は艦首側から順にA(アントン)、B(ブルーノ)、C(ツェーザル)、D(ドーラ)砲塔と呼ばれ、砲塔防禦は前面装甲360粍、側面装甲220粍、天蓋装甲180粍となっています。

当初は33糎もしくは35糎級の主砲の搭載が予定されていましたが、列強海軍の戰艦の主砲が38糎級であることから、この38糎主砲の搭載が決定しました。
先の大戦の敗北以来、戰艦建造のノウハウを蓄積できなかったために、列強海軍の新型戰艦群のなかで特筆に値する点はほとんどありませんでした。
とくに防禦面は日本や米英といった世界三大海軍國にはなかなか追いつけず、佛蘭西(フランス)や伊太利(イタリア)戰艦にすら設計面などで古さが感じられるものでした。


140315e

『ビスマルク』の水平防禦は上甲板50粍、弾火薬庫95粍、機関室80粍と新型戰艦群のなかではもっとも薄いものでした。
上から砲弾が降り注ぐ遠距離砲戦では不利なものでしたが、搭載主砲の近距離時の貫通力から想定するに、好天が見込めない北海の荒海での近接戰鬪を念頭に置いた設計なのではないでせうか?
なお―――
薄い装甲とはいえ、獨逸独自のヴォタン鋼が用いられており、その耐弾性能は列強海軍の戰艦よりやや勝っていたと言われています。

140315f

一方で、垂直防禦は舷側装甲320粍、その内側に斜めに張られた機関室防禦用の110粍の装甲があり、近接戰鬪における耐弾防禦力は優れていました。


『ビスマルク』の機関はダーボ電気推進が計画に挙がりましたが、戰鬪時における損傷を考慮した結果、12基の罐を備えた3基の蒸気タービン推進に落ち着きました。
とはいえ―――
搭載された罐は優秀な高温・高圧罐で、通常13萬8000馬力で3軸推進29節(時速約53.7粁)の高速性能を発揮できました。
『ビスマルク』の最大出力は15萬馬力まで発揮可能でしたが、妹の『ティルピッツ』はさらに高出力が可能で、最大で16萬3000馬力を出すことができました。

これは2艦の建造場所の違いによるもので、造船所の詳細設計の差異によるものでした。

『ビスマルク』:ハンブルク市ブロム・アンド・フォス社
『ティルピッツ』:ヴィルヘルムスハーフェン市ヴィルヘルムスハーフェン海軍工廠



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> ぐぬぬ、あっというまにゲットする様子はなんかくやしい
長門型長門型……と9割方思っていたので、昨年の瑞鶴建造、大鳳建造での超絶マイナス分を取り戻せた気分です( 0w0)

> 「くうやらましいx3」を早口で言ってもらって言えない気持ち。さあ味わってもらいましょうか(笑)
Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

NO TITLE

ぐぬぬ、あっというまにゲットする様子はなんかくやしいでも
それによって解説された知識の量は素晴らしい。この複雑な心境・・・言うなれば
「くうやらましいx3」を早口で言ってもらって言えない気持ち。さあ味わってもらいましょうか(笑)

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。