徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

靖國參拝と零式艦上戰鬪機

はおヾ('ヮ'*)ノ

謹賀新年、なのです。

今年も昨年同様、駄文拙文おんりーな過疎っぷりを内外に示す所存で御座いマス。

さて、年明け早々睦月2日。

初詣に行ってまいりました。

神田明神などモロモロありますが―――


140101

千代田区は靖國神社に参拝しに行きました。

比較的、朝のはやい時間帯ではありましたが、すでに靖国通りには駐車場入庫待ちの列もできており、境内はごらんのやうに参拝客でいっぱい。

昨年の総理参拝の影響か、そこかしこに目立つやうに警察など警備の方々...

本ブログは政治論争や国際情勢を論ずるところではありませんので触れませんが―――


140101b

今年一年の安泰を祈念し、ついでに大型艦建造でイイのがでますやうにと、場違いなお願いもしてみたり...

や、ほら、大型艦建造のやうなシロモノは運任せですからね、本人の力量では覆せない領分。
そうなれば天にまします御力に頼るのは必然といふものですから。

かわいい巫女さんがいないかとあたりを散策しつつ、くろちゃんは昨年の大洗磯前神社への夜間強行軍を実施するなどクルマに乗るのが好きなので、交通安全のお守りを購入。

そのあと、境内をすこしく歩いていて―――


140101c

遊就館の一角に、海防艦の碑を発見。

海防艦についてはこちらを参照してもらふとして―――

我が海軍の海上護衛戦力の一翼を担い、劣悪な環境と過酷な戦況のもと、米英の強大な軍事力に怯むことなく戦った小艦艇の記憶とその経験は、いまなお海上自衛隊に強く深く、根付いている次第ですね。

上の画像の大きいサイズを用意しました。
3264×2448の大きさですので、背後の海防艦名なども読めるかと思います。


遊就館の1Fのホールと売店は無料で入館できるのですが、やけに多くの人の出入りがあるので、なにかあるのかなと思い入館してみると―――

140101d

なんとそこには三號零戦の姿が...
ここしばらく訪れたことがなかったので、零戦が展示していることなどつゆ知らず...

昨年に公開された宮崎アニメの風たちぬ、現在公開中の永遠の0の影響か、若い世代の人たちもしきりに撮影していましたね。

大きいサイズ(3264×2448)


140101e

三號零戦―――
零式艦上戦闘機五二型。
二號零戦である二二型の拡大発展型であり、大戦末期の海軍主力戰鬪機として活躍しました。
零戦は三菱が開発し、各型合計で1萬機以上が生産された、日本航空史上最多生産機です。ちなみに、開発もとの三菱よりも、航空機開発でライバルでもあった中島飛行機株式会社の方が、三菱の倍以上の零戦を生産していました。

大きいサイズ(3264×2448)


140101f

三號零戦は二號零戦と同じ発動機(エンジン)を積み、防弾性能の追加など各種改良をほどこしたために重量がかさんでいますが、推力式排気管によって速度も若干上昇させるなど、攻防性能を一段と強化した戰鬪機です。

大きいサイズ(3264×2448)


140101g

ハミルトン定速3翅プロペラと、それを駆動する中島飛行機株式会社製作の空冷星型14気筒《榮》発動機。
戦前戦中の日本を代表する発動機の一つであり、1,000馬力級の空冷発動機としては、申し分ない性能を誇っていました。

大きいサイズ(3264×2448)


140101h

なかなか見ることのできない零戦の操縦席直下の主脚格納部内部。
脚は油圧で収納、開放することができ、操縦席内部にはランプ式の確認装置が装備されていました。正常に収納、もしくは開放されればランプの点燈で確認することができました。


零戦の展示場所は無料の1Fホールですので、東京近郊の方は靖国神社に参拝がてら、遊就館に行ってみるのもいいかもしれませんね。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

トラックバック

■ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/03 08:44)

千代田区エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。
2014/01/03(金) 08:44:43 | ケノーベル エージェント