徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海軍機

はおヾ('ヮ'*)ノ

艦これでは艦娘とならんで重要となってくるのが兵器、とりわけ航空機。

今回は今後、実装されるかもしれないであろう海軍機についていろいろモロモロ、簡潔あっさり朝潮型風味に紹介していこうという次第。

であまずは...

実装済みの航空機から。

■戰鬪機
◆九六式艦上戰鬪機/A5M
◆零式艦上戰鬪機二一型/A6M2b
◆零式艦上戰鬪機五二型/A6M5
◆零式艦上戰鬪機六二型/A6M7 ※爆裝戰鬪機
◆甲種(艦上)戰鬪機 烈風/A7M
◆甲種(艦上)戰鬪機 烈風改/A7M3-J ※高高度戰鬪機仕様
◆乙種戰鬪機 紫電改二/N1K3-A ※局地防空用邀撃戦闘機の艦上戰鬪機仕様
◆乙種戰鬪機 震電改/J7W ※局地防空用邀撃戦闘機の艦これ内専用艦上戰鬪機仕様

■爆撃機
◆九九式艦上爆撃機/D3A
◆艦上爆撃機 彗星/D4Y
◆艦上爆撃機 彗星一二甲型/D4Y2a
◆零式艦上戰鬪機六二型/A6M7 ※爆裝戰鬪機

■攻撃機
◆九七式艦上攻撃機/B5N
◆艦上攻撃機 天山/B6N
◆艦上攻撃機 流星/B7A
◆艦上攻撃機 流星改/B7A2

■水上機
◆零式水上偵察機/E13A
◆零式水上観測機/F1M
◆水上偵察機 瑞雲/E16A
◆特殊攻撃機 晴嵐/M6A

■偵察機
◆艦上偵察機 彩雲/C6N
◆二式艦上偵察機/D4Y2-R


それでは、今後、実装が予想されそうな海軍機をいくつかぴっくうpしていきまっしょい。

■戰鬪機
◆零式艦上戰鬪機六四型/A6M8
発動機を金星(出力1560馬力)に換装し、爆戰六二型よりも戰鬪機としての色合いを濃くした機体。

◆乙種戰鬪機 震電改二/J7W
実装済みの震電改が三菱ハ四三-四二型空冷星型複列18気筒2,030馬力発動機裝備のレシプロ機に対し、新しい震電改ニはタービン・ロケット搭載型。当時の日本ではロケット・エンジン、ジェット・エンジン双方をひっくるめてタービン・ロケットと称していました。

◆乙種戰鬪機 秋水/J8M
獨逸のロケット推進戰鬪機Me163をもとに開発した戰鬪機。震電を艦これ内専用で艦上機化させるならこれも可能とすべき。
131002b
名古屋の三菱史料館に展示されている秋水

◆橘花/※開発記号なし
獨逸のジェット戰鬪機Me262をもとに開発するも難航、最終的に史実では特攻専用機となりはてた同機に、艦これ内で戰鬪機、爆撃機として活躍してもらいたいところ。
131002c
開発が順調に進めば雲龍型正規空母に搭載が予定されていた

◆一八試甲種(艦上)戰鬪機 陣風/J6K
川西が紫電系統の開発難航に伴い開発を提示した新型艦戦。
131002d
開発中止となるも昭和20年春ごろに再開が検討されていた

以下の4機種は、敵フラッグシップ空母が夜戦でも艦上機を飛ばしてくるのに対抗して、実際に存在した艦上機の改造夜間戰鬪機の実装を期待して記載。
◆零式夜間戰鬪機/A6M5d-S
おもに五二型が改造されました。厚木基地の海軍第三〇二航空隊第三飛行隊が主に飛ばしていました。操縦席後方に斜め前方を向いた20粍機銃を装備した対B-29用夜間戰鬪機。零式夜戦、零夜戦とも呼ばれていました。
◆夜間戰鬪機 彗星一二戊型/D4Y2-S
彗星の偵察員席に斜め上を向いた20粍機銃を搭載した単座の夜間戰鬪機仕様。
◆夜間戰鬪機 彗星三三戊型/D4Y3-S
発動機を空冷の金星1,560馬力に換装した彗星の偵察員席に斜め上を向いた20粍機銃を搭載した単座の夜間戰鬪機仕様。
◆夜間戰鬪機 彩雲/C6N1-S
後部席に斜め上を向いた20粍機銃を搭載した夜間戰鬪機仕様。より強力な五式30粍機関砲を搭載する予定でもありました。

■爆撃機
◆彗星三三型/D4Y3
発動機を空冷の金星1,560馬力に換装した稼働率強化型。
131002e
陸上爆撃機として主に特攻機として用いられた三三型

◆彗星五四型/D4Y5
発動機を高出力の誉1,825馬力に換装したタイプ。

■攻撃機
◆艦上攻撃機 天山一三型/B6N3
発動機を火星二五丙型に換装し、機体各部の修正を実施して速度、航続力などの強化が図られた性能強化型。
◆特別攻撃機 橘花/※開発記号なし
獨逸のジェット戰鬪機Me262をもとに開発するも難航、最終的に史実では特攻専用機となりはてた同機に、艦これ内で戰鬪機、爆撃機として活躍してもらいたいところ。

■水上機
◆二式水上戰鬪機/A6M2-N
初期型の零式艦上戰鬪機一一型の胴体下に単浮舟、両主翼下に補助浮舟を装着した世界にも例がない水上戰鬪機。純粋な空戦性能は零戦に匹敵する。
131002
北はアリューシャンから南はソロモン諸島と幅広く展開して活躍した二式水戰

◆水上戰鬪機 強風/N1K
九五式水上偵察機の活躍ぶりに刺激された海軍が昭和15年に開発を求めた機体。性能的には十分すぎるものでしたが、正式採用された昭和18年には水上戰鬪機が活躍できる場面は少なくなっていました。なお、この機体をもとに紫電、その改良型である紫電二一型(紫電改)へと発展していきます。
131002f
世界に誇る本格的な水上戰鬪機として登場した強風

◆九七式飛行艇/H6K
やはり飛行艇は欠かせません。二式飛行艇の先代である本機の実装とともに、飛行艇母艦も追加してほしいところ。
131002g
昭和15年の特別観艦式で編隊飛行する九七式飛行艇群

◆二式飛行艇/H8K
二式飛行艇を出さずに海軍航空兵力を語るなどできません。
本飛行艇は国内でも見ることができる機体ですから、ぜひとも世界に冠たる最優秀飛行艇を実装してもらいたいですネ。
131002h
横須賀鎮守府所属の高官輸送用飛行艇『横鎮74 敷島號』


あとはやっぱり……

迷彩によるヴァリエーションもほしいですよね(*'-')



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

>水上機基地建設のためにマップの特定のルートを通ることを要求される
羅針盤制圧が要ですかね( 0w0)

>そんな感じになると飛行艇も活躍の場ができますね^^
あの巨体で開幕航空攻撃をしでかすことのインパクトを愛宕は求めたい……

でも、艦これで日本のタービン・ロケット機が登場するとなると、当時の科学先進国である獨逸、新型爆弾開発の米国など、海外艦実装後になりそうですよネ

NO TITLE

出撃する艦隊に+1隻、特務枠みたいなものが追加されて
そこに飛行艇母艦の秋津洲などを追加して、水上機基地建設のためにマップの特定のルートを通ることを要求される・・・とか、1回特別偵察を成功させて離脱とか・・・そんな感じになると飛行艇も活躍の場ができますね^^

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。