徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

負け戦 進撃だけは やはり出来

はおヾ('ヮ'*)ノ

南方海域への進撃第2回目。

概ね、敵の分布は把握できました。

結論から言って―――

単縦陣一択で強行突破、これあるのみです。
ヘタに護りにまわっても、結局は味方艦が撃破されて進撃断念になるだけですからネ。


130919

またもや南下。
おそらく、羅針盤は無慈悲さんとつるんで道行く艦隊から燃料を巻き上げているに相違ない。

かかる挑発的行為に対し、艦隊は断固たる決意であたるべき。
でも……

弾薬の消費はわかるけど、海に落ちるわけだから...

燃料の消費はイミフですよね?
うずしおに巻き込まれて燃料が喪われる―――

それって艦娘の燃料庫に亀裂がはいったってことですよね?

これは一大事ですネ。

重油はそうそう燃え上がりはしないけど、環境汚染や艦娘の健康に懸念を生じかねません。
艦娘の大事な大事なボデーに亀裂がないか、丹念に、入念に、なめるように調べつくす必要があると思いマス!!


130919g
愛宕GF長官を拘束軟禁すべく出動する横須賀陸戦隊装甲車輛部隊

ちなみにこの車輛、英吉利のヴィッカース社製のM25クロスレイという装甲車輛。車体トップの半球状の旋回銃塔に7粍7の機関銃を2挺装備しています。聯裝旋回銃塔をもつこの車輛、なんとなしにジブリ作品で出てきそうな外観なので好きです、はひ。


130919b

今回も対潜水艦戦。
前日の4艦から1艦増えて、敵の数は5艦。

数は増えても敵潜の雷撃は脅威ではないので安心です。

と思っていたら、開幕雷撃で『金剛』に命中。

なんとなしに―――

前途多難を思わせる対潜戦でしタ。


130919c

前日の戰鬪はここで別府が撃破されたわけですが、今回は―――

敵に空母はなし。
水上戰鬪艦のみ。

とはいえ、旗艦がフラッグシップ戰艦なので気は抜けません。

今回、複縦陣を選んで挑みました。

まぁ、それが裏目に出て、冒頭にあるような結論に達したという次第。

下手に護りを固めても、先制で敵主力を撃滅しない限り、味方艦が高確率で撃破されますからネ。

ならば火力にモノを言わせて短期決戦を挑むべき。

複縦陣である程度は防禦しても―――


130919d

こうなるだけヽ(´ー`)ノ

艦これって一応はカードゲームなんですが、戰鬪艦を用いて戦う以上、沈むわけです。
一般のカードゲームなら、やられても無くなることはありませんが、艦これでは沈めばそれで終わり。
たとえLv99だろうが、沈めばそれまで。

なればこそ、艦娘の被害を抑える戦いが必要になるわけですネ。
複縦陣や単横陣でもいいかもですが、愛宕的には単縦陣一択。

こちら同様に敵も強くなっていく以上、ハンパに護ってもやられるだけですからネ。
殺られる前に殺る、それが一番です。


130919e

敵旗艦を残し、艦隊は撤退。
味方の被害は『金剛』中破のほかは『大和』が軽い一弾を喰らったのみ。


130919f

ドロップは『大井』でした。
いつもなら颯爽と近代化素材にしちゃってますが、『島風』型の増産や別府の着任にともない、少しでも強力な雷撃力を彼女たちに与えたくなった次第。

なので、Lv50の改二まで『大井』や『北上』を育てようと思いマス。

どうせ新型艦なんてドロップしないんだから、その分、この雷撃姉妹を育てて5聯裝発射管を量産したほうが精神的にも健全です。

5聯裝は開発不可のようですし、Lv50までいくのは大変ですが、目標があるというのはいいことですからネ。

さてさて―――

新型艦がくるのがはやいか、『大井』がLv50になるのがはやいか...



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう