徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

神國に彷徨い着いたホワイト・デストロイヤー

はおヾ('ヮ'*)ノ

トンカツにはソースよりも辛子がトレンドになりつつあるトンカツ定食¥880の値下げを要望したい愛宕です、ごきげんよう。

ちなみにこの《ごきげんよう》を舌足らずな感じで電ちゃんあたりに、「司令官さん、あのっ……ほきげんよう、なのです!!>△<」と言ってもらいたいのはワガママなんでせうかね?

130916e

さて閑話休題。


先週の実装から、鋭意、育成を継続していた驅逐艦『響』ですが、キス島方面への猛烈果敢なる攻勢の連続により―――

130916

本日昼前、無事、Lv70の目標水準に達しました。

いやはや...

あと数日はかかるだろうと作戦開始直後は思っていたのですが、別府状態の可愛さがひとしおでしたので、ついつい……

4箇艦隊分の艦艇を動員し、1時間おきにキス島方面へカチコミかます近年まれにみる黒鎮守府的な艦隊運用をしてしまいましタ。

1つの艦隊で2連続の攻撃ですから、『響』は実質8連続の出撃。もう4回目あたりの出撃で疲労最悪状態。それでもなお出撃を強行させるあたり、黒鎮守府の本領発揮といったところ。

さすがに……疲労の極にあるなかでは命中弾は期待できないですが、旗艦を庇うシステムのおかげで旗艦が大破することもなく、どうにかこうにか育成をやってのけましタ。


130916b

うっひゃ、やっぱかわいい……ヽ(´ー`)ノ

『響』時代よりもこっちのイラストのほうが好きですわ、うむ。

第六驅逐隊から離れ、ずっと遠征部隊で前線から遠ざかっていましたが、今回の改二をもって、『響』こと『ヴェールヌイ』は実施部隊に復帰です。

見た目のイラストで主力を選ぶ愛宕の聯合艦隊では、艦の性能などどこ吹く風。可愛さ重視、それが大事。
艦の性能で戦いたくば、提督の決断とかネイヴィー・フィールドでもやればいいだけのことですもの。


130916c

特筆すべきはこの対空・対潜能力の高さですね。
第二次大戦で存在感申し上げた航空機と潜水艦の脅威に対抗する、戦後の水上艦の能力をしっかりと反映していますネ。

『響』時代に三式聴音2箇と三式爆雷1箇をフル装備して、やっとこさ『ヴェールヌイ』よりやや高めの能力になったといふのに……

基本的な裝備としては、当面は61糎酸素魚雷と六五口径九八式10糎高角砲×2にする方針。
愛宕の聯合艦隊では『島風』で構成している第二驅逐隊に編入予定。


130916d

編成画面では、艦名の長さゆえこんな表記。

あだ名は《別府》

ちょっと別府温泉に『ヴェールヌイ』といっしょにいってくるデス。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう