徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

艦娘にとって、狩りは危険で優雅なゲームさ

はおヾ('ヮ'*)ノ

台風が迫っておりマス。

台風と言えば、やはりハルゼー台風ですかネ。

昭和19年12月18日、米側がコブラと名付けた台風が、比律賓(フィリッピン)の東方海上でアメリカ海軍太平洋第3艦隊を直撃。
極めて強力な台風(平均風速37米、最大風速60米)の前に、さしもの強大な米艦隊もなすすべがなく、暴風圏内に突入し、20米にも達する高波に襲われることとなりました。
艦隊各艦は衝突や転覆を避けようと試みましたが、駆逐艦などでは浸水に依る配電盤や電線のショート、操舵装置の故障が多発し、発電機の故障で注排水装置が停止した艦もあったといいます。

最終的に、排水量2,000噸級の新鋭『フレッチャー』級驅逐艦USS『スペンス』DD-512、『ファラガット』級驅逐艦USS『ハル』DD-350、USS「モナハン』DD-354が沈没。

以下の各艦が激しく損傷し、ほかにも多数の艦艇が大なり小なりの被害を受け、艦載機の被害は150機ちかくに達したと伝えられています。
『インディペンデンス』級軽空母USS『カウペンス』CVL-25、USS『モンテレー』CVL-26、USS『サン・ジャシント』CVL-30
『ボーグ』級護衛空母『アルタマハ』CVE-18
『カサブランカ』級護衛空母USS『ケープ・エスペランス』CVE-88
『クリーブランド』級軽巡USS『マイアミ』CL-89
『ファラガット』級駆逐艦USS『デューイ』DD-349、USS『エイルウィン』DD-355
『フレッチャー』級駆逐艦USS『ヒコックス』DD-673

USS『モンテレー』では搭載機が隔壁に衝突して火災が発生し、戰艦USS『アイオワ』BB-61は推進軸が破損して真珠湾へ引き返す事態になりました。

なお、艦隊に加わっていた『ファラガット』級驅逐艦は、日本海軍の友鶴事件を彷彿とさせる、過大な武装などによる重量超過から重心が高くなり、復原性不足のトップヘビーな状態だったこともあり、所属艦4艦すべてが沈没または破損しています。

最終的に第3艦隊全体で死者・行方不明者あわせておよそ800名を出す大惨事となりました。
この事故の原因は、洋上での燃料補給作業時の安全確保のために進路を変更した際、艦隊の気象予報官の誤報で台風の移動予測を誤り、台風と並進してしまったためでした。


もうひとつありまして―――
昭和20年6月5日、沖縄への神風特攻阻止を目的とした九州南部の特攻基地攻撃を終えたハルゼー提督指揮の第3艦隊は、沖縄南東海上で、米側がバイパーと呼んだ台風に巻き込まれ、またもや大きな被害を受けてしまいます。
この時もまた気象予報官の誤報で、勢力を弱いと判断したのと、進行方向を誤ったためでした。

沈没艦は1艦もでなかったものの、旗艦である『エセックス』級航空母艦USS『ホーネット(Ⅱ)』CV-12は飛行甲板の艦首側を8米ちかくにわたって破壊されたほか、『ボルティモア』級重巡洋艦USS『ピッツバーグ』CA-72は艦首を大きく切断するという、戦前の日本海軍が蒙った第四艦隊事件の『初雪』、『夕霧』と同じ被害を受けています。

第3艦隊は正規空母2隻、軽空母2隻、護衛空母4隻、戦艦4隻、重巡洋艦3隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦など17隻の合計36隻が損傷、艦載機100機以上が破損したといいます。

ただ、幸いにも死者は6名と少なかったようです。


この2つの台風被害を、ハルゼー台風と呼んだわけですネ。


閑話休題。


さて―――

今回は趣向を変えて西へ向かってみました。

攻撃目標はリランカ。

当然、『三隈』狙いですが、宣言しませう。

125%ドロップしないと(`・ω・´)

もしこれで出たら、台風のなか横須賀までいってきますヨ。
ええ、いってきますトモー(・ω・)

それでは―――

西方海域、進撃開始です。

130915

出撃艦には、育成中の『響』を投入。
旗艦を庇うという例のシステムがうまく機能すれば、敵潜制圧担当の彼女は最後の最後まで生き延びるでせう。

一応、甲巡2艦をいれてはいますが、はっきり言って出もしない『三隈』のために出撃艦の制約を課すのはいかがなものかと思う次第。

いずれは『熊野』や『鈴谷』、育成がまだまだ発展途上な乙巡部隊を組み込んでやってみようか思っているわけです、はひ。

でもまぁ……

提督名からわかるとおり、愛宕は昔から『高雄』型甲巡の『愛宕』は好きでしてね、『愛宕』を加える今回の編制にさほどの不満はないわけです、はひ。


130915b

幸運にも最初の戰鬪は潜水艦。
東の戰艦が出るポイントでなくてよかったです。

今回の第一遊撃部隊では、ASW艦に『響』を充てています。

対水上艦戰鬪はもとより夜戦に持ち込む気はさらさらないので、『響』には完成したばかりの三式探信儀×2、三式爆雷×1という対潜フル装備で参加させていまふ。

まぁ、これでも、クリティカルがでないとなかなかエリート艦を即時轟沈させるのは困難ですけどネ。


130915c

旗艦である潜水艦をかばう敵潜水艦。

このかばうシステムが発動する敵艦隊を見ていると、ときおりなんともいえない気分になりますネ。

とくに、輸送船狩りでバシー方面にいったときですね。

旗艦である戰艦や重巡をまもるべく、護られるはずの輸送艦がかばいにいくんですから。

本末転倒とはこのことですネ。

まぁ、かばおうがかばうまいが、沈めるんですけどね(・ω・)


あと―――

キス島での『響』育成中に何度か見たのが...

空母3艦からの開幕攻撃で、旗艦をかばっていながら全艦すべて撃沈されるというケース。
かばうエフェクトが確実に見えるのだけど、なぜか旗艦もふくめてすべて沈没しているといふ...

あれですかね? 開幕攻撃は空母ごとに処理しているんですかね?

空母A艦上機が旗艦を開幕攻撃 → 敵旗艦かばう発動 → かばった艦沈没 → 空母B艦上機が旗艦を開幕攻撃 → かばう発動せず旗艦沈没

という流れになっているんですかね?


130915d

かばおうがかばうまいが、羅針盤のおかげで西の果てへ島流し。

ええ、羅針盤にはあとで、罪人を綱で縛って船底をくぐらせるという船乗りの伝統刑罰を与えてやりますよ。満載排水量7萬噸級の『大和』の船底ならえらくやりがいがあるでせうな。


130915e

第二次攻撃。
前回同様の航路をたどってBoss手前まで到達。
ここで敵艦隊に味方艦、とりわけ甲巡が撃破されて撤退というのがリランカのよくある光景。
もしくは羅針盤が反抗期にはいったかですね。

さてさて...

結果は―――


130915f

とりあえず敵艦隊は撃滅。
幸いにも味方の被害軽微。

ここの敵はフラッグシップ空母なので、速攻キめるための単縦陣にするか、耐えがたきを耐え忍ぶ複縦陣にするか迷いましたね。

まぁ、複縦陣にして凌ぎましたけど、フラッグシップ空母を即座に中破させることさえできれば、単縦陣で速攻してもいいですよね。


130915g

2度目にしてやっとBossのもとへ―――

これに打ち勝てば、あわよくば『三隈』……という展開。

なるといいですねぇ……(・ω・)


130915h

敵をすべて沈めるには、エリート艦のヨ級潜がジャマ。

『響』がかばうシステムに護られながら爆雷を叩きつけたものの、残念ながら撃沈かなわず―――


130915i

んー、潜水艦が存在感申し上げていますねぇ...

あやつを沈めることができたら、なんか……『三隈』がひょっこり顔を出しそうな気がする...

まぁ、願掛けの類ですけどね、それは。


ああ、ちなみにドロップは『足柄』、ksg。


130915j

三度目の攻撃。

今回は東寄り航路を...

なんともいえない不安が...


130915k

的中、ありがとうございましタ(ノ∀`)

最後の最後で初戦撤退が発動するとは、やはり愛宕の悪運は侮れません。


西に浮気せず、『響』育成しながら『初風』狙いで北でガンバリまふ(´・ω・`)


『響』育成情況速報。
演習でなんとかMVP。

130915l
130915m

一挙に3.8kの経験値はスヴァラですねヾ('ヮ'*)ノ


驅逐艦『響』Lv63
目標Lv70まで必要経験値およそ61,600



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: NO TITLE

> わーお、ストーカーのような上げっぷり!(ほめてます)
ほめてほめて~☆ミ

夕立や龍驤にこのセリフ言ってもらいたいですねぇΨ(`∀´)Ψ

> こりゃ、2、3日中に70行きそうですね。
愛宕の別府への想いは何人たりとてジャマすることはできなひっ!!

> 開幕爆撃は、書かれているとおりではないでしょうか。僕も、開幕爆撃で旗艦がかばわれたのにも関わらず、沈んだのを見ました。
敵の防禦を圧倒する航空攻撃の前にかばうなど無力といふことか……


> 輸送艦が戦艦をかばうというのは現実には有り得ないと思うのですが、いづれ修正されるかもしれませんねー。
旗艦を輸送艦にしちゃえばいいんですけどネ
まぁそうなると輸送艦が輸送艦をかばったりするわけで……

どうあがこうが沈めるんですけどねΨ(`∀´)Ψケケケ

NO TITLE

えー、すごい。響がもう63じゃないですかー。
わーお、ストーカーのような上げっぷり!(ほめてます)
さすが、くろ提督あらため、愛宕提督。
こりゃ、2、3日中に70行きそうですね。

開幕爆撃は、書かれているとおりではないでしょうか。僕も、開幕爆撃で旗艦がかばわれたのにも関わらず、沈んだのを見ました。

輸送艦が戦艦をかばうというのは現実には有り得ないと思うのですが、いづれ修正されるかもしれませんねー。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう