徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

WHERE IS CRUISER KUMANO? THE WORLD WONDERS.

はおヾ('ヮ'*)ノ

『三隈』奪還を目指す《み號作戰》を一時中断し、限定海域における『熊野』奪還を目指す《礼號作戰》に戦力を集中することとした我が聯合艦隊。

現状、主戦力としてこの方面で活動しているのは第一潜水隊所属の潜水艦2艦。
これらはその隠密性を利して最深部への浸透攻撃をかけているものの、戦果は芳しくないのが実情。
とくに8月22日の戦果は本作戰を実施して以後のものとしては、最悪の情況を呈した―――

◇8月22日
出撃:34回
途中撤退:15回
家具箱島流し:8回
Bossドロップなし:0回
戦利艦:
戰艦『伊勢』
航空母艦『龍驤』
一等巡洋艦『筑摩』、『高雄』
二等巡洋艦『球磨』
驅逐艦『涼風』、『文月』、『雷』、『吹雪』、『黑潮』、『朝潮』


『伊一六八潜』が出撃18回で途中撤退11回、島流し5回という体たらくぶり。
なにこのコ、露出狂ばりに脱いで戻るか家具箱取りに行くしかノウがないの? と本気で思った次第。

一方の『伊五八潜』はLvが40台と、70台の『伊一六八潜』に比して低く、裝備スロットも1つしかないにもかかわらず、高い任務達成率をだしているから、なおのこと、『伊一六八潜』のヒドさが目立つ次第。

ちなみに、本日は出撃3回で島流し1回、大破して途中撤退2回のため、現在、懲罰のため修理せずに放置。『伊五八潜』単独による作戦を実施中。

潜水艦だけではやはり戦果拡大ははかれないとして、水上部隊による進撃を限定第2海域に対し実施。

130823f

水上機母艦をふくむと最短航路を採るという情報をもとに、甲標的母艦『千代田』をふくむ砲戦部隊を派遣。
編成は打撃艦『長門』、雷撃艦『北上』、對潜制圧艦『曙』という複合的陣容。

なれど―――

上の画像のように、はやばやと『千代田』が大破し進軍断念。
途中撤退スキルLv10はダテじゃないと改めて痛感。

130823g

撃破された『千代田』を船渠に投げ込んで、姉の『千歳』をひっぱってきて再進撃。
今度は敵の邀撃網をやすやすと突破して、あっさりとBossのもとへ。

旗艦を轟沈させてまずは溜飲を下げたものの、戦利艦は『榛名』。

金背景よりも『熊野』の銀背景の方が出やすいというのが世間一般の常識なのだが、これはどうなのだろう?


水上部隊による最初の攻撃が『熊野』奪還というにならず快勝、つづいて、演習5回を終わらせて旗艦『大和』が出撃。

130823h

さすがは我が聯合艦隊の精鋭。
あっさりと敵を殲滅。

戦利艦は『金剛』。

だから金背景よりも『熊野』の銀背k(ry

このあとも数回に及ぶ波状攻撃を仕掛ける予定で、現在、鋭意、燃料と弾薬の蓄積中。
26日には限定海域が閉ざされるので、それまでになんとか『熊野』を奪還したい次第。

あと、今朝方も通信エラーが発生したようで、補給中にこんな事態が...

130823i

『大和』、『金剛』、『榛名』、『北上』がそれぞれ別の艦娘のコスプレをしだした模様...

そんなコスプレしたって燃料と弾薬の補給必要量は減らないのです(*'-')


最後に―――

今回のタイトルは有名な電文から引用。
昭和19年10月25日、太平洋艦隊司令長官チェスター・ウィリアム・ニミッツ大将が、フィリッピン沖で日本機動部隊を追撃して北上中の太平洋第3艦隊司令長官ウィリアム・フレデリック・ハルゼー・ジュニア大将に宛てて発信したもの。
このとき、ハルゼー艦隊の南方、レイテ島の北東海上で『大和』、『長門』などをふくむきわめて強力な日本艦隊が太平洋第7艦隊の護衛空母群を砲撃しつつレイテ湾を目指していました。
第7艦隊の旧式戰艦は地上砲撃が主目的であったため、対艦攻撃用の砲弾搭載数はかなり少なかったのです。しかも、その少ない砲弾をスリガオ海峡を北上してきた西村提督の第一遊撃部隊第三部隊の『山城』、『扶桑』、『最上』らに対し多量に消費したため、日本戰艦がレイテ湾に殺到した場合、6隻の旧式戰艦は4隻の日本戰艦によって撃滅される恐れがありました。

そのため、事態の悪化を危惧したニミッツ司令長官が、

<TURKEY TROTS TO WATER RR WHERE IS RPT WHERE IS THE TASK FORCE 34? RR THE WORLD WONDERS.>

という電文を発したわけです。
第34任務部隊どこにいる? 全世界は知りたがっている―――というわけですね。

ちなみに、この第34任務部隊というのは、ウィリス・オーガスタス・リー・ジュニア中将が指揮する砲戦部隊で、第3艦隊に組み込まれていました。その兵力は戰艦6、巡洋艦7、驅逐艦18というものです。
なお、第3艦隊にはほかに機動部隊として正規大型空母5、快速輕空母5、巡洋艦1、驅逐艦23がいました。

ハルゼー大将はこの電文を受け取るや激しく激怒したといいます。

じつのところ、《THE WORLD WONDERS》(世界中が知りたがっている)という表現は、単なる文末の挿入句で文頭の《TURKEY TROTS》という挿入句とともに無意味なものなんですね。
挿入句は文頭と文末に付けられる任意の引用句で、同じ子音―――W・WとかT・Tなど―――で始まる単語が2箇並ぶことで本文と区別されることになっていました。

このような文頭と文末の挿入句をやる目的は、暗号文の初めと終わりが型にはまった語句になりやすく、敵に解読される手掛かりになりかねないことを防止するためでした。

ニミッツ司令長官が発した本来の電文は、『第34任務部隊はどこにいる?』だけで、通信担当の士官が、詩人テニソンの詩である軽装備旅団の一句、『全世界は知らんと欲す』をさりげなくつけただけにすぎなかったのでした。


しかし……
『熊野』はどこにいるのやら……



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

NO TITLE

>不幸スキル改(レベル10MAX)
やめて!!くろちゃんの幸福度はもうゼロよ!!

>くまのんは、あきらめなはれ!
あきらめろとかひどすぎるので那珂ちゃんのファンやめますっ!!

>E4で潜水艦2艦
やっぱ2艦態勢のほうがいいのかな
1艦ずつで交互に出せば回転率いぐね?いぐね??って思ってたんだけど...

耐久低い伊168を旗艦に、随伴を伊58でやってヤルデス!

NO TITLE

ボスドロップなし0回というのに、ビックラしましたー。
マ、マジで‥‥。不幸スキル(レベル10MAX)がパワーアップし、不幸スキル改(レベル10MAX)になられたくろ提督に敵はいないデース!

わたしの冷静かつ緻密な分析によるとですね、先日の百物語のさいに、何かにとりつかれましたね。お気の毒!くまのんは、あきらめなはれ!

でね、E4で潜水艦2艦(缶をつけたやつ)で、まわすというのはどうでしょうか。
2艦だと被害が分散して、撤退しづらいです。もっともE4は、初戦中破しなければ、確実にボスに行けるので、撤退率はかなり低めになると思います。
ボスにはほぼ必ずBランク勝ちしますし、なんらかのドロップがあると思いますけども。

「そんなこととっくにやっとるんじゃーい!」というんだったら、すみません。
健闘をお祈りします。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう