徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

海上輸送作戰

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

あと2箇月で、来年1月の末で2歳になるうちのミニウサギのベル。
151128

寒さが厳しくなっても今年は平気の平左で部屋を飛び回っておりまする。
ストーヴとか暖房器具はいらないかなぁ~と思っているのですが、当の本人は冷えたフローリングの上に腹這いになって普通にのんびりしているあたり、まだまだペット用ストーヴの出番はなさそうデス。


151128b

イヴェント開催してしばらく経ちました。
過半の提督諸氏は新規追加艦を手に入れ終え、喪われし資材備蓄に余念がないことでせう。

くろちゃんはと言ふと―――

151128h
151128i

とりあえず終わらせました。
黒うささんが『グラーフ・ツェッペリン』を求めているので、こちらも空母艦娘ぐらいは……と思い立った次第。

E-1は友人が余裕で甲クリアしていたので、ノリと勢いで同じく甲で突破しました。
だけどそのあと、イヴェント終わったら備蓄以外でプレイすることもないからとシラフに戻ったので、以降はすべて丙で終わらせました。

E-5は魚雷艇対策で丙よりも甲がいいらしいとのことでしたが、丙種勲章の表示が実装されるのを待つ身としては、ここは潔く丙で逝くべきと判断。
甲など論外、乙に逃げるは海軍軍人としての沽券にかかわります(`・ω・´)キリッ

幸いにして、攻略戦中に―――

151128c

『嵐』も来てくれました。

『萩風』ともども、育成中です。

『グラーフ・ツェッペリン』を探す前に...

梓川ゆい司令長官がE-1で『風雲』を探し出しているのを見て、そうか、E-1で彼女に逢えるのかといまさらながら知った次第。
なので空母探しの前哨戦を兼ねて、E-1での『風雲』探しを実施。

当然ながら出ません。

すばらしいほどに出ません。

余裕でS勝利、完全勝利をとりまくるのに、出てくるのは『金剛』型に『千歳』型に『谷風』、『卯月』、『熊野』などなど...

あまりに『風雲』以外がでまくり、母港を圧迫するようになったので、放置していたアのコに協力を依頼。

151128d
151128e

『翔鶴』改二を実施。
そのまま彼女を―――

151128f

装甲艦に改造。
E-1で入手した戰艦、一等巡洋艦をねこそぎ彼女の近代化に使用し、とりあえずは母港満杯の危機は脱しました。

『瑞鶴』も改二に……と思いましたが、射出機入手までの道のりなどを調べて、あまりにウザったいので『瑞鶴』さんは今後も継続して通常状態でがんばっていただきます、はひ。

ks忌々しいオート戰鬪に嫌気がさしつつ、敵主力艦そっちのけで驅逐艦をブチ抜く我が主力艦の無能無策っぷりに怒りが有頂天でしたが―――

151128g

なんとか探し出しました。
これで未入手は『グラーフ・ツェッペリン』だけです。

『瑞穂』?
知らない艦娘ですねぇ...(*'-')


さて―――
151128j

『風雲』捜索で第二艦隊配備の『萩風』も改になったことですし、お次はいよいよ本命『グラーフ・ツェッペリン』の捜索です。

E-4は丙で終わらせているので、敵編成はさほどの脅威ではないのが救い。
とはいえ、対潜戰鬪が2箇所あり、そこで開幕大破の危険が危ないほど存在するので油断は禁物。

151128k

この残存備蓄ではたして獨逸娘をお迎えできるのであろうか...



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

ご神木のような、スピリチュアルな佇まい

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

秋イヴェント開催中ですね。
くろちゃんは10月上旬に深海棲艦隊と講和を結んですべての戰鬪行動及び艦隊運用を止めているので、まとめサイトなど見ながらほかの提督諸氏の奮戦を傍観している次第でございます。

そんななか―――

ひさしぶりに趣味のドールを衣替えしました。

151119

艦これ『金剛』型衣装があったので、我が家の50cm級ドール2人に着てもらいました。

『金剛』4姉妹分のうち、『金剛』、『榛名』分を購入しました。

◆『榛名』
151119b

清楚系で鳴らす黒髪ロングなドールには、やはり『榛名』衣装ですね。

衣装はもともと、ヴォークスのドルフィー・ドリーム級ドール仕様のものなので、オビツ系ドールではややサイズが大きいのが難。
着物や浴衣などでなければ、さほど問題はありませんけどね。

151119c

艦これ系衣装はほかにも『島風』、『天津風』、『愛宕』、『赤城』、『秋月』などイロイロモロモロありますが、艦これでは『金剛』、『榛名』スキーで正式サーヴィス以来やってきていたので、今回は『金剛』、『榛名』を選んだ次第。

151119d


◆『金剛』?
151119e

『金剛』衣装はもうひとりの金髪ツインテール娘に着てもらいました。
『金剛』と似た感じの髪色のドールはいますが、くろちゃんの手元にはないのです。

151119f

金髪ツインであれば、『村雨』衣装のほうがいいんですけどね。
もちろん、『村雨』衣装は作られています。正確には『村雨』ではなく『時雨』としてですが...

151119g

なので今回は『金剛』型設計の参考にもなった英海軍の巡洋戰艦HMS『エリン』というイメージにしてみました。
『エリン』なら金髪でも問題ありませんね。
『榛名』役のドールよりやや小柄(48cm級)ですが、HMS『エリン』は全長170.5米、基準排水量2萬2000噸級。
『金剛』の全長214.6米、基準排水量2萬6000噸級より小さいことを考慮すれば妥当ですね。

151119h


艦これの戰鬪システムが改善されれば、復帰する予定なんですけどね。
艦娘のデザイン、設定は好きですし、来年予定とされているアニメ2期や劇場版は期待していますし...

でも戰鬪がね...やはりオートはだめです。
砲撃1發目から戰艦娘が敵驅逐艦を、開幕航空攻撃や開幕雷撃で大破した敵艦をブチ抜いたり、驅逐艦娘が敵驅逐艦や大破損傷艦そっちのけで、4吋や5吋の豆鉄砲で敵主力艦を撃つ―――

違うでしょうに。
戰艦娘の搭載主砲は、損傷落伍艦や驅逐艦をしとめるためにあるのではなく、敵主力を一撃のもとに屠るためです。
損傷艦などは驅逐艦娘に任せておけばよろしい。
そして驅逐艦娘は、どうしても敵主力艦を食いたいというのであれば、最大の対艦武裝である魚雷を用いるべき。
WoWSをプレイしていて、艦これの戰鬪システムに対する不満は高まっちゃいましたね。



上の動画は最近のプレイでのもの。
敵戰艦を豆鉄砲ではなく魚雷でしとめ、巡洋艦『愛宕』は砲雷同時戰で敵巡をしとめています。

艦これは正式サーヴィス当初はカードゲームという扱いでした。
いまはもうその類別はあてはまらないほどにまできているので、ブラウザよりもクライアント型式にしてもらいたい気持ちです。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

WoWS-TWO BROTHERS-

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今回は先ごろ戦われた海戰について。

海戰は、マップ中央に細い水路を挟むふたつの島からなる『二人の兄弟』。
戰鬪形態は、互いの陣地を制圧もしくはチーム全艦の喪失で勝敗が決する通常戰。

今回は空母から驅逐艦までずらり12艦ずつが参加する総力戦。
しかも空母は小型とはいえ2艦(敵味方合計4艦)も参加する、対水上射撃戰にくわえ対空戦闘も考慮しなくちゃいけない情況。敵艦に注目しすぎていると、こっそりと、しかし猛禽のごとく迅速に襲い来る敵機によって撃破、最悪の場合には撃沈すらされかねない過酷な戰鬪です。

くろちゃんは米巡洋艦USS『オマハ』CL-4に乗艦して参戦です。

151114c
USS『オマハ』CL-4。射程は短いが砲戰力に秀でたB船体を採用。

本艦の搭載兵装は、艦首と艦尾に15.2糎2聯裝砲を各1基、同口径單裝砲を片舷4基(両舷計8基)、53.3糎3聯裝魚雷發射管を片舷2基(両舷計4基)に備え、最大で主砲8門、魚雷6門を片舷に指向できる艦です。


151114a2

戦闘開始後、味方艦隊は驅逐艦1艦を残して東方海面に戦力を結集。
東方海面を北上して敵陣に殺到する態勢でしたが、空母から發艦した戰鬪機隊が西方海面を南下しつつある敵艦群を捕捉。


151114d
東方海面を北上しつつある我が陣営。
本艦後方に『オマハ』型巡洋艦2、『球磨』型巡洋艦1、その後方に空母『龍驤』、戰艦『ニュー・メキシコ』、『青葉』型巡洋艦、その後方に『金剛』型戰艦が続く。
右遠方の『クレムソン』級驅逐艦はこのあと西方海面を南下してきた敵艦隊の集中砲火を浴びることに。



151114a3

このままでは西方から来る敵艦隊はさしたる妨害も抵抗も受けずに我が陣地に殺到することは確実であり、さらに航空戦に集中して操艦が疎かになっている友軍空母『瑞鳳』が敵の砲火に曝されるので、本艦はただちにフル・スターボード、面舵反転で陣地へと引き返します。


151114e
反転し陣地へと引き返す本艦。

本艦の動きとは別に、味方の巡洋艦と戰艦が各1艦、島伝いに南下して陣地に引き返してきました。

本艦を含め戰艦1、巡洋艦2、驅逐艦1の戦力なら、西方より来たりし敵艦群を邀撃するにはまずは十分といえますね。

この時点では彼我ともにさしたる被害を出しておらず、本格的な激突へ向けての嵐の前の静けさ、といった具合です。


151114f
陣地移動中の本艦より撮影の、南東海面へ移動中の友軍空母『龍驤』。

空母は搭載する航空機が主役であり、その操作に集中すると艦の動き、艦の周囲への気配りがなかなかとれないため、早い段階で安全海面へ移動するのがほとんどです。
もちろん、敵空母もそれは承知しているので、空母プレイヤーは航空機の攻撃操作を行いつつ空母の保護に努める―――空母は意外と大変なのです。


151114g
敵機の雷撃下にある友軍空母『瑞鳳』。何本か被雷し、耐久力は大きく損なわれている。

航空機の敵艦攻撃にかまけて母艦の保護を疎かにすると、上の画像のように敵機の攻撃によってたちまち甚大な被害を受けてしまいます。

なお、上画像の『瑞鳳』はこのあと西方海面を南下してきた敵快速艦隊の射程圏内に捉えられ、砲撃と魚雷による浸水でほどなくして沈没しました。


151114h
およそ6海里先の敵巡洋艦『クリーヴランド』級に照準を合わせ砲門を開く本艦。

味方驅逐艦が孤軍奮闘し、空母が沈み……島伝いに南下した味方艦が西方の敵部隊と交戦する最中、ようやく本艦も搭載砲の射程に敵艦隊を捕捉しました。

砲戦距離が射程ぎりぎりの場合、撃ちだした砲彈は高角で敵艦に落下するため、砲の威力が頼りなくとも徹甲彈でいい結果を出しやすくなります。
上の画像でAP―――徹甲彈―――を選んでいるのはそのためです。
B船体の砲の射程は6海里をやや上回る程度です。


151114i
本艦の砲火により轟爆沈する『クリーヴランド』級巡洋艦。

友軍との連携で、敵新鋭巡洋艦『クリーヴランド』級を撃沈。
『クリーヴランド』級は15.2糎砲12門を間髪いれず猛射してくる脅威的な艦のため、いかにこの艦を迅速に無力化できるかが本艦が生き残る唯一の方策です。

欧州大戰―――第一次世界大戰―――後に建造された古い『オマハ』級と、1930年代後半の無条約時代に建造された『クリーヴランド』級では、サシの勝負などできるわけがありませんのでね。


151114j
針路反転、敵後続巡洋艦へ砲彈を叩き込む本艦の徹甲彈により敵艦の主機が損傷した模様。

151114k
敵の砲彈が左舷中部附近に命中。本艦の主砲、機関は依然健在。

151114a4

この時点で上の海図のやうに、味方陣地の北と西に6艦もの敵艦が蝟集。それを迎え撃つは本艦のほかに戰艦、巡洋艦、驅逐艦が各1、そして唯一の空母『龍驤』からの航空支援のみ。
しかも陣地西方の敵巡洋艦3艦の砲撃目標は本艦であり、激しい命中弾で徐々に耐久力が削られつつありました。


151114l
本艦と友軍戰艦からと思われる大口径弾に乱打される敵巡『オマハ』級。

151114m
本艦發射の徹甲彈多数の命中により爆沈する敵『オマハ』級巡洋艦。

『クリーヴランド』級撃沈後、反転し左砲戦で敵巡洋艦群と交戦。
島影から遠距離砲戦を仕掛ける味方戰艦からと思われる砲彈により耐久力をこそぎ落とされた敵巡に、本艦發砲の6吋砲彈が炸裂し、敵はたまらず沈没。本艦2艦目の撃沈戦果。


151114n
我が陣地内の敵巡へ魚雷戦を実施する。片舷發射管より全門斉射!

敵『オマハ』級の撃沈と前後して、味方陣地北方の敵と交戦していた友軍『クレムソン』級驅逐艦がついに力尽き戦没。
その敵を討つべく、魚雷射程内に入り込んだ敵『球磨』型巡洋艦へ左舷發射管より魚雷投下。
敵艦との距離およそ2海里なれど、魚雷はうまく敵の予想位置へと發射しないと外されてしまいます。
なので今回の魚雷戦も、外して当然、当たれば儲けものといった程度です。とはいえ、敵は魚雷回避のため急回頭などの緊急動作を行なう必要があるため、こちらへの攻撃が緩むことがあります。

そこが―――

つけいる隙なわけです。


151114o
魚雷發射後、即時左砲戦にはいった本艦の猛火に曝される敵『球磨』型巡洋艦。

本艦の東方に位置する味方巡洋艦との連携で敵『球磨』型の耐久力は大きく殺ぎました。
『球磨』型の装甲はさほど頑丈ではないため、本艦のAPで十分貫通、そして打撃を与えられます。
火災発生による耐久力減少を期待できるHE弾よりも、対巡洋艦戰鬪ではAPを多用するくろちゃんはここでも変わらず徹甲彈オンリー。

ヴァイタルパート貫通で耐久力をごっそり削ったときのしてやった感はパないです。


151114p
本艦の砲撃から逃れられず爆沈する敵『球磨』型巡洋艦。

戦場離脱を図る敵巡洋艦に追撃の砲撃を浴びせ、3艦目の敵撃沈。
我が陣地をめぐる戰鬪で、味方は驅逐艦1艦が戦没したものの、敵は新鋭『クリーヴランド』級をふくむ3艦が沈没。しかも我が方にはその火力が健在の戰艦も加わっており、陣地防衛戰は断然我が群有利で推移していました。

しかし、敵砲火の集中した本艦の耐久力は低下しており、火災発生による応急班出動もあり、再度の火災発生時には迅速な消火活動が不可能な情況にありました。


151114a5

なお、この際、敵驅逐艦からと思われる砲彈が飛来しましたが、どうやら船体を貫通して左舷から右舷に抜けていった模様。


151114s
敵驅逐艦『ニコラス』級との砲戦。本艦の砲撃で機関と魚雷發射管が損傷。

砲撃目標を巡洋艦から驅逐艦に変更。
同時に弾種をHEに変更。驅逐艦相手でもAP使用はそれなりに効果がありますが、ブリキ罐と揶揄される装甲のペらい驅逐艦相手であれば、HEのほうがいい具合に打撃を与えられます。

『ニコラス』級はさきに沈めた『球磨』型とちがい、その魚雷の射程は3海里弱と短いため、上画像のやうに砲戦距離3.4海里では敵の魚雷に警戒する必要がないので、くろちゃんは砲戦に意識を集中できます。

敵艦との位置関係、敵艦の進行方向も考慮すると、このまま砲戦を続けていけば、敵の魚雷が本艦を直撃する心配はありません。
むしろ、本艦の周囲に落下する敵巡の砲撃によって生じた火災のほうが脅威です。

応急班は出動済みで、火災は自然鎮火を待つしかない情況。
そして本艦の残耐久と、熄まない敵の砲火を鑑みるに、本艦の戰鬪続行時間もあとわずかです。
それまでになんとしてもこの『ニコラス』級を仕留めたいところです。


151114t
苛烈な陣地防禦戰で満身創痍になりつつ戦闘継続した本艦もついに矢折れ力尽きる。


151114u

敵砲火に斃れた本艦ですが、上画像の右下、ミニマップの上の撃沈報告、そして画像撃沈数をご覧ください。

戰鬪不能に追い込まれる直前に発射した砲彈が敵『ニコラス』級を直撃し、見事これを撃沈。

熾烈な防禦戰で敵4艦を撃沈して気を吐いた本艦は、このあとゆっくりと左に傾いて、海面下に燃え盛る艦影を没し去りました。


なお、本戰鬪は最終的に我が方の勝利で終わりました。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

WoTでの戯言

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

WoTは1年以上、ちまちまちまちま継続してやってきました。
戰鬪回数1萬回まで1,000をきるところにまできました。

1萬回の時に國別や車輛別のデータを出そうかと思いましたが、今日見たところ、区切りよく9,100回だったので、丁度いいやと思って予定を繰り上げて表示です。

151104x

車輛別。
ガルパンや源文氏の黒騎士の影響を受けていたこともあって、中戰車、重戰車主体でWoTを最初のころはやっていました。
軽快な機動性を生かし、ときには優れた隠蔽率で偵察をこなす輕戰車は性に合わないと思っていました。

戰車戰は、強靭な装甲で敵弾をはじき、脅威的な砲火力で敵を撃砕するものと思っていましたからね。重戰車が中心になっていたのです。

くろちゃんの戰車の腕前は、戰車学校を出てようやくそこそこの活躍ができるFNG程度に過ぎません。
そんなくろちゃんが部隊の主火力たる重戰車で先陣をきるなどおこがましいわけです。

なので、最近は戰車になれるため中戰車、輕戰車、突撃砲も満遍なく乗っているわけです。


151104x2

國別。
圧倒的獨逸。
蘇維埃(ソヴィエト)の車輛も多いですが、これは最初のころに使用していた課金戰車チャーチルの影響。

チャーチルは英軍車輛ですが、レンドリース法によって英國から蘇維埃に供給されており、蘇維埃課金戰車としてチャーチルは実装されているんです。

佛蘭西(フランス)が少ないのは、かの國の車輛はくろちゃん的にあまりよろしくないため。
自動装填などナカナカの性能を持っていますが、いまのところ佛蘭西の戰車系統を使う予定はないですね。
ただ、1輛だけ所持している自走砲は佛蘭西のなので、國別での使用実績では今後も地味に回数をこなしていくことになります。

中國を使っていないのは、リアルにおける反中感情によるもの。
とはいえ、当時は中華民国(現:臺灣)なので、反中でくくるのもアレではありますが...

今後も中國車輛を使うことはないでしょう。


151104x3

WoTの各車輌には迷彩やマーキングを施すことができます。
くろちゃんは、エリート化しても使い続ける車輛にのみ、迷彩とマーキングを永久使用可能な課金仕様で施しています。
一部、マーキングを使っていなかったりするのもありますが...

迷彩はお好みですが、マーキングについては、上の画像のやうに、黒い星のマークを使っています。
くろちゃんの戰車部隊の識別マークという脳内設定で、黒星を使っています。

日章旗や都市紋章でもいいかもしれないですが、シンプルで、それでいて部隊マークとしてしっくりするのが黒星だったので、我が隊の車輛はすべて黒星採用です。

WoWSではModスキンを使っていますが、WoTでは公式ガルパンModスキン以外は使っていないので、車輛外観は今後も迷彩+マーキングだけですね。



テスト中の現代戰車戰オンライン対戦ゲーム-Armored Warfare。
WoTに類似の操作システムなので、日本語以外の言語を理解できないくろちゃんでもなんとかやっていけてます(*'-')



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事