徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

魚雷戦

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

WoWSでは何隻かの課金艦がはいっておりますが、ベータ時代に敵を味方もろとも、あるいは味方を敵もろとも区別なく情け容赦なく沈めまくった『北上』にかわって、一等巡洋艦『愛宕』が加わっています。

雷撃重視にして友軍キラーであった『北上』のパない存在感に対し、『愛宕』はややもするとカゲが薄いように感じてしまうことでせう。

151016

Tier8と上位に位置する彼女ですが、上位Tierゆえに稼ぎよりも損失補填のほうが大きいという不遇っぷり。
しかもくろちゃんがこれを動かすときは、高確率で忌々しいホットスポットといふやるせない戦場に放りだされる始末。
正直、いただけません(*'-')


151016b

それでも、くろちゃん的には『高雄』型一等巡洋艦は日本巡洋艦のなかでイチオシであり、ウォーターラインシリーズで最初に買った艦でもありました。


151016c

現代のイージス艦の悪名高い巨大な箱型塔型艦橋を髣髴とさせるどっしりとした艦橋。
前級の『妙高』型やのちの『最上』型、『利根』型とも違った、存在感申し上げる艦橋は、運用面で問題があるとはいえ、やはり『高雄』型のシンボルですからね、この重量感なくして『高雄』型は語りつくせません。


151016d

日本巡洋艦のほっそりとした、流麗なラインで描かれた艦容は軍艦美の極致であり、戦後70年をすぎてもなお、諸外国の軍艦ファンの心をつかんで離さないのであります。

そんな『愛宕』にのって2連敗した日の夜は、ほかの課金艦で楽しむのも一興です。



上の動画の流れはこうです。

別の課金艦である蘇維埃驅逐艦『グレミャーシチイ』に乗っていたときのことです。

左舷前方距離4,600ほどに敵驅逐艦『若竹』を発見し、同艦に対し左魚雷戦を挑もうとした次第。
しかし、距離感を見誤り、彼我の距離はたちまち2,000を切ってしまいます。

あわててフル・スターボードして魚雷戦にはいるも、距離はあっというまに1,000米以下に。
これでは魚雷を発射しても敵艦の艦底を潜り抜けてしまい意味はない。

咄嗟左砲戦―――
を仕掛けようにも距離の近さは如何ともしがたい。

そこで―――

転舵、ハード・ア・ボード。
本艦の左舷艦首を『若竹』の右舷艦尾に激突させた次第。

その後、前方に見えた敵戰艦『ワイオミング』に魚雷戦を挑みます。

6本中、4本が命中するも敵艦は首の皮ひとつで生き残り、本艦は動画終了後に背後より迫った敵巡洋艦に沈められました。

なかなかどうして...

うまく敵艦を即時轟沈にもっていくのは至難でありました、はひ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

金剛実戦化準備

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

先月、正式サーヴィスがはじまったWorld of Warshipsですが...

くろちゃんは少しずつ少しずつ……各艦の練成を進めております。

課金艦も数艦ほど配備していまして、そちらは経験値やクレjキット稼ぎでお世話になっております。

151009
各画像は1920*1080となっているので、画像をクリックしていただければより大きく見ることができます。

聨合艦隊の戰艦『三笠』。
塗装は実戦におけるものと違い、ゲーム内仕様の迷彩になっています。

Tier2と低いランクに位置する戰艦ですが、同一Tierに『三笠』以外の戰艦がいないため、これに乗れば毎回勝つるんじゃね? と思われるでせうが...

敵艦の搭載砲の速射性が侮りがたいため、戰艦といえど集中砲火を浴びればたちまち轟爆沈しちゃいます。
『三笠』の主砲は二聯裝2基4門と少なく、近接する敵艦に対しては、自動反応する副砲頼りです。主砲彈もきっちりあてれば、そこは12吋級の主砲ですからね、敵艦に致命的一撃を見舞うこともできるんですが...


151009b

ところ変わって、Tier8の一等巡洋艦『愛宕』。
こちらもゲーム内迷彩裝備。
高Tierなので、対戦相手に手練れが多く、乗艦も強力艦が多いので、なかなかシビアな戰鬪も強いられます。

この戰鬪のときも、開始からほどなくして敵驅逐艦と敵機の魚雷をしこたま喰らって撃破されてます。
幸い、轟沈までにはいたらず、戰鬪終了まで友軍支援に徹し、何とか沈まずにすみました。

さて―――

WoWSでくろちゃんの当面の目標としているのが...
帝國海軍の戰艦『金剛』の実戦化。

フリー経験値を駆使し、どうにか...

151009c

『金剛』の配備が完了しました。
機関の換装がまだなので、出しうる速力は25節。フリー経験値を投入して、早急に30節の快速を手にしたいところであります。

さてこの『金剛』。
艦これ仕様のMODを入れているのでこんなデザイン。
MODをいれたPCでのみこのデザインになるので、MODをいれていないPCではただの『金剛』にしか映りません。

151009d

艦橋各部にも艦これの妖精さんや『金剛』のイラストが。

第二次改装後の艦橋、煙突まわりの戰艦らしい艤装がなんともいえません。
戰艦とはいえ、もとが防禦を削って機動性を高めた巡洋戰艦なので、いかに敵弾を避け、あるいは被弾数を減らすかが『金剛』運用のポイントですね。

151009e

艦尾と―――

151009f

艦首甲板にも『金剛』おねーさまのお姿が。

なお、艦長が不在となっていますが、『金剛』のひとつ手前の戰艦である『妙義』に乗艦しているので、『金剛』は不在のままです。
『金剛』の機関換装後に『妙義』を廃艦にするので、それで艦長が『金剛』に乗り込んでくるかたちになります。

今後、蘇維埃の驅逐艦、獨逸の巡洋艦がくるので、ますますWoWSに注力することになりそうであります、はひ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事