徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精強なる我が巡洋艦隊、渾身の一撃

はおヾ('ヮ'*)ノ

いよいよ明日よりイヴェントです。

艦娘たちの情況、資材蓄積、支援物資、戦略備蓄―――

準備は万端モロモロ整いました。

まぁ、もしかしたら、明日はひさかたぶりのネコ・襲来、の可能性がありますが……

さて、明日へ向けて景気づけに、最後の振武作戰です。


131031b

1-4南西諸島方面での水雷戦隊による機動作戰―――

出撃回数:6回
Boss到達回数:4回
途中撤退:0回
戦利艦(Boss戦のみ):
『球磨』、『木曾』、『黒潮』、『敷波』


被害情況:
小破以上損害艦なし



潜水艦による《振武二號作戰》の戦績。

出撃回数:8回
途中撤退:1回
Boss到達回数:3回
B判定以上勝利:3回
戦利艦(Boss戦のみ):
『隼鷹』、『那智』、『神通』


被害情況:
『伊五八潜』小破×2
『伊一六八潜』中破×2


潜水艦による本作戰は、もはや新艦娘の捜索よりも、クエスト攻略のための空母・輸送船狩りに移行した感が否めない状況でした。

やはり潜水艦は対艦攻撃よりも通商破壊に用いるべきなのかもしれないですネ。

131031

水上戰鬪艦の《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:15回
Boss到達回数:9回
途中撤退:1回※南航路選択のため
戦利艦(Boss戦のみ):
『山城』、『高雄』、『摩耶』、『愛宕』、『鳥海』、『羽黒』、『利根』×2、『巻雲』


被害情況:
大破:『千歳』
中破:『鈴谷』、『利根』
小破:『足柄』、『千代田』



結局―――

新艦娘は一度もこなか……

『巻雲』
んんっ!!?


「司令官、1YB(第一遊撃部隊)から緊急電よ。読み上げるわね。
1YB機密第三一〇五五三番電、1YB振武作戰実施中『巻雲』ヲ発見、敵主力ニ猛烈果敢ナル砲雷同時戦ヲ展開シ之ヲ撃破遁走セシメタリ。『利根』撃破損傷スルモ『巻雲』ノ奪還ニ成功セリ―――
やったじゃない☆ミ」



と、いふわけで―――

131031c
新鋭攻撃型驅逐艦『巻雲』、勇躍着任!!

長かった……

東部オリョール、南西諸島で損傷を顧みずに奪還戦を展開した各艦娘たちの労をねぎらいたいところであります。

とはいえ、まだこのあとにはより一層困難な『長波』奪還戦が待ち構えているので、長期戦に備えて資材を蓄積し、不抜不敗の戦線構築に努めたいと思いマス。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

天佑ヲ確信シ全艦突撃セヨ

はおヾ('ヮ'*)ノ

新艦娘に恵まれない提督に愛の手を……と新艦娘詐欺を繰り返して当局に追われる身となっている愛宕です、ごきげんよう。

もちのろん、そんなことはしてませんがね……ふふふ。
そんなことが発覚したら、いまごろ我が鎮守府の周囲は横須賀第一特別陸戦隊の精鋭によって封鎖されてますよ。


さて、たあいもない話はそこまでで...

2-3東部オリョールと1-4南西諸島海域に高速艦から成る複数の打撃部隊を展開させて、資材垂れ流しの新艦娘奪還を展開中です。

このうち―――

2-3におけるBoss到達率の悪さが目に余るほどでした。

そのことを妹提督に愚痴っていたら、まわりまわって妹の友人提督の耳にはいったやうで、その娘からこんな提言を頂戴仕った次第。

「水上機母艦を連れて行ったら? あの娘連れて行けばケッコ→Boss逝くヨ」
131030e

水上機母艦……

そんな航路固定を促す艦種が2-3にまで触手を伸ばしていたとは……

そうなのか...

131030f


であさっそく……

131030b

2-3方面に投入している甲巡部隊に『千歳』を配備。
これによって―――

北方航路を選べば高確率でBossへ向かうはず...

中央航路だと、途中で南航路に逸れる恐れがあるけど、まぁその時はその時。

であ、いざ、進軍開始……

131030c

あらやだ。
直撃ですわ。

水上機母艦を配することで、このあと実に4連続もBossを直撃しました。

これはこれは……

なかなかどうしてヤりおるわい。
最初の羅針盤で北方航路を採ってくれれば、かなりの確率でBossに逝ってくれる予感です、はひ。

Boss直撃が容易な1-4と並行して、ますますもって2-3での作戰がはかどりそうでありマス。

どろっぷ?

131030d

聞かないでもらおうか(´・ω・`)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

まずは一区切り

はおヾ('ヮ'*)ノ

開戦以来半年―――

我が司令部も遅ればせながら...

131030

Lv100の大台に突入いたしましタ。

ムダにLvが高いだけで、ただただ……惰性で艦隊を指揮し、敵にいいように翻弄される弱小すぐる聯合艦隊ですが、現時点における最高水準Lv115をめざして、これからも邁進していこうと思った次第でありマス。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

クエストばかり終わりゆく

はおヾ('ヮ'*)ノ

新しい週もはじまり、ウィークリークエストも実施可能になったわけですが...

『巻雲』もとめて東部オリョールまわるだけであっさり終わっちゃいましたネ。

これほどあっさりと終わったのは、艦これ始めてから初でしタ。
月曜に初めて、はやくても木曜、平均して土曜までに終わっていましたからネ。

言い換えれば―――

それだけやっても『巻雲』がでない、ということなんですけどね(´・ω・`)


潜水艦による《振武二號作戰》の戦績。

出撃回数:7回
途中撤退:1回
Boss到達回数:2回
B判定以上勝利:2回
戦利艦(Boss戦のみ):
『名取』、『荒潮』


被害情況:
『伊五八潜』中破×1、小破×1


131029

潜水艦は罐×2だけど、旗艦担当の『伊一六八潜』は雷装にしたほうがいいのかも……
と思って換装すると、狙い澄ましたかのやうに敵の対潜弾が雨あられと降り注ぐんですよね。

敵も味方も―――
艦の損傷が中破とか拡大していくと、攻撃火力が減殺していくといふらしいですが、これって対潜攻撃にもあてはまっているんですかね?
大破した敵巡の爆雷投射で小中破するってことがちょくちょく見受けられるんですよね。

それとも、その爆雷投射は敵の意地をかけた渾身の一撃なのかもしれないですネ。


水上戰鬪艦の《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:6回
Boss到達回数:1回
途中撤退:0回
戦利艦(Boss戦のみ):
『羽黒』


被害情況:
小破以上損害艦なし


131029b


先日、1-4のことを教えてもらい...

1-4でも『巻雲』がでることをすっかり失念していた愛宕でゴザいます。

といふわけで……

131029c

南西諸島に攻め込んでみました。

輸送船狩りのクエストは終わっているので、もはや2-3に固執する必要がないのです。
なので、とりあえず2回戦、やってみた次第。

131029d

結果は……

まぁ、『由良』と『千代田』でしたけどネ。

明日以降も順次、2-3と並行してやってみようと思いまふ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

ひりゅー

はおヾ('ヮ'*)ノ


支那の正統なる後継国家である中華民国(現・台湾)より内戦によって国土を簒奪したならず者の下劣国家・中華人民共和国にて公開されたBMWの特注車『飛龍』。

131028d

これは間違いなく『飛龍』さん改二はこれをベースにキますな、ええ、間違いなく。

「ふぇ!!? ちょ、ちょっと待ってくださひっ!! わたしの改二、こんなゴテゴテするんですか!!?



おめでたう、『飛龍』。
これで改二は近日中に実装だネ。

「やめてぇ~(ノ∀`)」


131028e

「飛龍、ってなってるし……」



いやはや、さすがにこれには山口長官も草葉の陰で苦笑いですね。
いや、むしろ長官もアリだと思っているんじゃ……なわけないか(・ω・)

「こんな感じで改二になったら『蒼龍』やほかの空母娘たちの笑いものですよぅ」



『飛龍』改二……
いつかはクるんだろうけど、はたしてそれはどういったモノになるのやら……


さて―――
いつものやつです。

潜水艦による《振武二號作戰》の戦績。

出撃回数:8回
途中撤退:2回
Boss到達回数:1回
B判定以上勝利:0回
戦利艦(Boss戦のみ):
なし


被害情況:
『伊五八潜』中破×2、小破×1


131028f

水上戰鬪艦の《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:10回
Boss到達回数:6回
途中撤退:0回
戦利艦(Boss戦のみ):
『山城』、『扶桑』×2、『愛宕』、『羽黒』、『足柄』


被害情況:
大破:『鬼怒』
中破:『鬼怒』、『雪風』
小破:『夕張』



はぁ……『巻雲』はいつになったら来るのやら...

131028g

探したけど作者不明でした……

可愛いかったのでお借りしました。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

建艦・艦娘調達に見る格差社会

はおヾ('ヮ'*)ノ

『鈴谷』、『熊野』をもとめてやまない妹提督率いる雷撃戦艦隊。
戰艦レシピの400/30/600/30をブンまわし、いともあっさり『長門』型戰艦姉妹を出し、『金剛』型4姉妹を揃えて第4艦隊を解放するなど、愛宕の初戦期のころとは雲泥の違いを見せつけてくれやがった次第。

そんな妹提督も―――

131028

気づけば『熊野』と『鈴谷』をすでにして入手しているありさま……

ま、まぁ、『鈴谷』は愛宕もイヴェントのマップ報酬で100%手に入れたからいいでち。

でも『熊野』……

あれ?
愛宕が『熊野』を手に入れるまで、イヴェント海域への進軍によるどえらい苦労の末に、イヴェント終了30分前にやっとこさ手に入れた至高の逸艦。

なんだろう……

このやるせなさは...

そんな妹提督が、どうも友人より、空母は2~3艦あったほうがいい、とりわけ大型空母は―――と言われた模様。どうも北方海域に関するものか、今度のイヴェントに因んだアドヴァイスのようですね。

妹提督「おっきな空母って、やっぱり2~3隻あったほうがいいの?」
愛宕「それに気づくとは……おぬし、よもや航空主兵に転嫁する気ではあるまいな?」
妹提督「(スルー)『赤城』以外の空母って、ちっちゃいのしかないんだよね。遠征にまわしてるのしかないよ」
愛宕「ま、まぁ、赤城以外に1艦か2艦程度、持っておくのは悪い話じゃないですヨ」
妹提督「そっか。んー、すずちゃんとくまのん造ったばかりだけど、建造やってみようかな」


ちなみに、おっきな空母/ちっちゃな空母といふのは、それぞれ艦これでの正規空母と輕空母。
空母の種類は日本海軍の規定に照らして説明したらどうも混乱しくさったようなので、とりあえず正規空母=おっきな空母、輕空母=ちっちゃな空母と教えたら、妹提督的にしっくりきたようでした。


愛宕「また建造っすか。イヴェントくるんだから、少しは貯めたらいかがなのかしら?」
妹提督「(スルー)おっきな空母のレシピ、教えて?」
愛宕「300/300/600/600」
妹提督「やってみる」


空母レシピとしては比較的王道なやつだけど、だからといって、必ずしも大型空母が出るとは限らないのが艦これにおける建造。

妹提督、1回目の空母建造の結果は『飛鷹』。

つづけて2回目……『鳳翔』。

3回目は……2時間40分。
『祥鳳』型です。『瑞鳳』もでるはずですが、愛宕の経験からいって、2時間40分を引き当てた際の『祥鳳』と『瑞鳳』の入手比率は、まず間違いなく99:1ですね。
愛宕は40回ちかく、それで『祥鳳』を引いてますもの。

結果は……

案の定、『祥鳳』。
妹提督「ブラのかわりにサラシ? 極妻ってやつ?」
違うと思いマス。

もう諦めたら……という暇もなく4回目にチャレンゲする妹提督。
こやつ、資材なくなっても気にしないタイプなのかな?

妹提督「5時間59分だって。何気にさっきより長いぢゃん☆ミ」

マヂっすかΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)

建造6時間―――『翔鶴』型空母じゃないですか、やだー。

そして建造結果は……

131028b

アイエエエ!? 瑞鶴!?瑞鶴ナンデ!?


空母建造4回目でえらいレア艦の『瑞鶴』ひきあておったわ……

あれ?
愛宕は『瑞鶴』入手までに、5月のイヴェント海域で資材浪費しながら通い続け……その後も100回以上は建造して、やっとこさ来たんだよね……

あれ? 目から汗が……(ノ∀`)


最後に……
せっかくなのでショートランド鯖のランキングを見てみました。

そしたら―――

131028c

なにこの『金剛』(・ω・)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

【すでのな型新】 阿賀野型巡洋艦 【近間裝実】

はおヾ('ヮ'*)ノ

完成艦としての二等巡洋艦で未実装となっている2タイプ(※練習巡洋艦のぞく)のうちの1艦、それが『阿賀野』型二等巡洋艦。
今回の四方山話は実装も間近いこの艦型についてご紹介致しませう。

wiki見りゃいいのになんでこんな辺鄙なブログの紹介ネタを見にゃイカンのだ、などとゆーお叱りもなんのその、そこは琵琶湖疏水のやうに穏やかな気持ちで見守ってくりゃれ(ノ∀`)


131025x
◆水雷戦隊旗艦用新型巡洋艦

大正9年(1920年)に『川内』型3番艦の『那珂』の建造が認可されて以降、日本海軍は雷撃戦部隊である水雷戦隊の旗艦を務める巡洋艦の建造・整備がまったく行なわれませんでした。

それからおよそ20年―――
海軍はマル四計画(昭和14年度海軍軍備充実計画)において、久しぶりの水雷戦隊旗艦用巡洋艦の取得に取り掛かりました。

日本海軍では、水雷戦隊を束ねるドンには、麾下の驅逐艦と同等かそれ以上の速力、航続力、航洋性、砲雷戦能力、指揮通信能力などが必要とされており、さらに水上機を用いた長距離索敵能力があるとなお善き哉とされていました。

海軍が水雷戦隊旗艦に充てていたのは、いわゆる5,500噸型と称される直立する複数煙突が外観上の特徴である『長良』型や『球磨』型、『川内』型といった二等巡洋艦、および『夕張』、『天龍』型でした。
その後の新型艦整備については、《海軍軍備制限に関する条約》、つまりワシントン条約が調印されたことで、海軍は主力艦の対米英劣勢を一等巡洋艦の整備で補う方向に進んだため、マル四計画までまったく見ることがなくなってしまいました。

一方で、主力艦の砲的劣勢を補う雷撃戦力の強化が、新鋭驅逐艦である『吹雪』型以降の特型驅逐艦の量産といふかたちで実施されました。
このタイプの驅逐艦は、総合性能で5,500噸型に匹敵もしくは凌駕しており、はやばやと5,500噸型二等巡洋艦の影が薄くなり始めました。

さらに―――

規制対象外であった補助艦すらも制限対象としたロンドン海軍条約の締結により、日本海軍は量的劣勢を質的優勢で補うべく、個艦性能を強化した『初春』型以降の攻撃型驅逐艦の整備に精力を傾注します。131025x2
条約下の数的劣勢を覆すべく建造された初春型驅逐艦初霜

これら新鋭驅逐艦の増産が進むにつれ、5,500噸型巡洋艦でこれら新鋭攻撃型驅逐艦の統一運用をはかるには、砲雷戦能力や航続力などの不足が目立つようになりました。

《攻撃型驅逐艦と旗艦用巡洋艦性能比較》
131025x3


マル四計画で4艦の建造が認可された『阿賀野』型ですが、従来の5,500噸型にくらべて、航続力と偵察機戦力の増強が図られています。
これは、5,500噸型建造時のころと違い、対米決戦海面が東に移動したためです。


◆搭載兵装

50口徑四一式一五糎聯裝砲

『阿賀野』型には新型の主砲が搭載されています。
実口径15.2糎の41式15糎砲です。
この砲はもともとは『金剛』型に搭載されていた15糎単装砲で、『金剛』が当時の日本人が取り扱いやすい14糎砲に換装した際に撤去されて余っていた砲でした。
それを聯裝の砲塔形式に設計したわけです。

131025x4
終戦後に米軍が撮影した阿賀野型4番艦酒匂の15糎主砲

15糎聯裝砲は対艦・対地砲撃はもとより、仰角55度と大きな上向き角度を持つため、対空射撃も可能ないわゆる両用砲です。初速は毎秒850米、射程距離は仰角30度で19,500米、55度の最大仰角で撃つと25,000米まで届きました。
新型艦砲ながらも、この主砲には問題がありました。
砲弾の装填を人力に頼っていたのです。15糎砲の砲弾は45.3瓩もあり、それを射手ら兵員の手で1發ずつ装填するため発射速度は毎分6発と控えめで、さらに長時間の砲戦継続が(装填手の体力的に)かなり困難でした。

とはいえ、それでも精強なる我が海軍将兵の先輩諸氏はこの苦行に耐え、終戦までその主砲に命を吹き込み続けました。


60口徑九八式八糎高角砲

主砲と同じく、対空砲である高角砲も新型が装備されました。
昭和13年に採用された新式砲ですが、実のところ『阿賀野』型にしか装備されませんでした。同時期に開発されたいわゆる長10糎高角砲が、『秋月』型を始め空母の『大鳳』や巡洋艦の『大淀』に搭載されたのとはえらい違いです。

131025x5
艦橋の右舷側舷側に設置された8糎聯裝高角砲

実口径は7.62糎(3吋)で、砲弾重量はおよそ6瓩。砲身の俯仰角度はプラス最大90度、マイナス最大10度までカヴァーできました。
初速は毎秒900米で、発射速度は毎分52發(1門26發)。射程は13,600米に達し、最大射高は9,100米という優秀な対空砲でした。


対空兵装については、計画時から様々な意見が出されました。
一等巡洋艦のやうに片舷2門の高角砲戦力では、門数の少なさが対空威力を殺してしまいます。『古鷹』型は8糎単裝高角砲を片舷2基の両舷計4基を装備していましたが、その対空砲力の不足は致命的でした。

片舷門数を倍の4門にするにしても、排水量との兼ね合いがあるので難しいかもしれない……そうなると40粍、25粍といった機銃を多数装備するのがよいのではないかという意見もありました。

なかには―――
魚雷発射管をすべて撤去し、対空火力を著しく強化し、麾下驅逐艦の雷撃進路を啓開するのが旗艦運用として最適ではないかという意見もありました。太平洋戦争中、もろもろの戦訓から、この意見が旗艦運用としてかなり正しいものであることが実証されます。

高角砲をなくして機銃のみ、という意見に難色を示すものもありました。
巡洋艦は場合によっては船団護衛に従事することがあり、その際、射程の短い機銃のみでは、効果的な対空防禦を提供できないというわけです。


『阿賀野』型巡洋艦はそのすべてが戦時中に完成しており、とりわけ、2番艦以降は水雷戦隊の最後の活躍の場であったソロモン諸島での戦いに間に合いませんでした。
昭和18年以降になると、米海軍の水上戰鬪艦はほぼそのすべてが新式の捜索電探、對水上射撃電探を装備し、日本海軍のお家芸である夜戦に先端科学兵器で挑んでくるようになってました。
こうなると、旗艦先頭の夜間雷撃戦は非常に困難となり、さらに雷撃の機会そのものが少なくなっていきました。


日本海軍の攻撃型巡洋艦としてほぼその極地と言って過言ではない本型の特徴の一つに、艦尾の形状があります。

艦尾の舷側外鈑は上甲板に向けて傾斜が附き、艦尾の船底は平面に近いかたちになり、両者の接合部は鋭角になっています。この形状はデストロイヤ・スターンというナックル附艦尾で、この形状だと艦尾の水流の盛り上がりを抑え、舵の効きが悪化するのを防ぎ、推進抵抗の減少に役立つなどの効果がありました。

こういった艦の構造について、設計者の一人である大園大輔造船中佐は、
「設計にあたって、もっとも重要と考えられたことは凌波性と耐波性であって、このほかに増減速が素早くできて、舵の効きがよく、機敏な行動ができることが重要であった。
艦の凌波性などは、運動方程式などで簡単に解けるようなものではないだけに、豊富な経験と、たえまない理論的、また実際的の研究とを組み合わせて得られるもので、技術的にも難しい問題の一つである」

と述べています。


131025x6
終戦後、米軍が撮影した酒匂搭載の二一號電探



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

でないですねぇ(*'-')

はおヾ('ヮ'*)ノ

本日も資材をただただ垂れ流すだけの無駄遣い極まりない『巻雲』奪還戦を展開。

わかりきった結果ですが、とりあえず戦績をば……

潜水艦による《振武二號作戰》の戦績。

出撃回数:15回
途中撤退:0回
Boss到達回数:6回
B判定以上勝利:4回
戦利艦(Boss戦のみ):
『足柄』×2、『利根』、『神通』


被害情況:
『伊五八潜』大破×1、小破×2

131026e

水上戰鬪艦の《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:13回
Boss到達回数:3回
途中撤退:2回※南航路選択のため
戦利艦(Boss戦のみ):
『日向』、『扶桑』、『足柄』


被害情況:
中破:『鬼怒』
小破:『羽黒』×2、『鈴谷』、『那珂』

131026d

なんで水上艦だとBoss到達率が悪いんですかネ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

時雨

はおヾ('ヮ'*)ノ

遠征要員としてこつこつと地道にLvが上がっていた『時雨』ですが―――

131026

意外とはやくLv60の目標水準に到達。

やはり演習旗艦を毎回、それからキス島詣でを毎時6回やっていたのが大きかったやうですナ。

キス島詣では随伴艦3箇艦隊で各2ソーティの毎時延べ出撃数6回をこなしていたので、毎時3,400ほどの経験値がはいってくるわけですからね、はやいものです、はひ。

131026b

『時雨』改二、完成です。

アホ毛もこころもち力強く、厨二的ポエムボクっ娘驅逐艦、ここに実施部隊に華麗に参入です。

131026c

改二特典は電探2種。
もっともっとイイものを持ってきてもよろしくってヨ。

さて、改二化したことにより、第一線級の戰鬪力を保持することとなった『時雨』を、いままでのやうに遠征部隊に置いておくことは、昨今の厳しい戦局からして無駄もいいところ。

よって―――

本日付をもって『時雨』は遠征部隊の第四六驅逐隊をはずれ、『夕立』と同じ第一九驅逐隊に嚮導驅逐艦として編入。
このままだと第一九驅逐隊は驅逐艦4艦という所属艦数が最大の驅逐隊になってしまふので、『綾波』を驅逐艦2艦(『五月雨』、『涼風』)で構成している第二四驅逐隊に転属することで、驅逐隊の戦力水準を整えました。

『時雨』の転属で穴が開いた第四六驅逐隊には、新規艦として『敷波』を加えることとしました。


イヴェント前に『時雨』を改二にすることができてなによりでした。
イヴェントはおそらく、巡洋艦や驅逐艦などを主体にする可能性が高いので、巡洋艦や驅逐艦の強化は急務ですからね。
これで新規艦娘たちのドロップもあれば御の字なんですがねぇ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

本は来たけど巻雲は来ない

はおヾ('ヮ'*)ノ

アンソロ呉編が発売になったやうでして……

131025

なぜかkonozamaから2冊届いた次第(*'-')

履歴を見たら―――

艦隊これくしょん-艦これ-コミックアンソロジー呉鎮守府編(9/28発注)
艦隊これくしょん~艦これ~コミックアンソロジー(9/17発注)


ああ、これか……

タイトルがビミョーに違っていたから、勘違いしてしまったやうでした、はひ。

これはこれは気を付けないといけませんね、はひ。


さて―――

アイモカワラズの2-3東部オリョール戦線。

潜水艦による《振武二號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:10回
途中撤退:0回
Boss到達回数:4回
B判定以上勝利:3回
戦利艦(Boss戦のみ):
『羽黒』、『筑摩』、ドロップなし


被害情況:
『伊一六八潜』中破×1、小破×1
『伊五八潜』小破×1



潜水艦作戦は運悪く撃破されない限り、資源的にプラスになるし、じわりじわりとだけど、着実に経験値を稼げるので、それだけが唯一の慰めですネ。
『巻雲』がはたしてB判定勝利でも出るかわかりませんが……

131025b

水上戰鬪艦の《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:10回
Boss到達回数:2回
途中撤退:2回※南航路選択のため
戦利艦(Boss戦のみ):
『山城』、『妙高』


被害情況:
中破:『熊野』、『鬼怒』×2
小破:『瑞鶴』、『足柄』、『北上』×2



とにかく水上部隊のBoss到達率が低い。

ただでさえドロップが非道外道の類だといふのに、それに加えてこのBoss未達数...

イヴェントを目前に、資材の浪費につながる5-2まわしができないから、どうしても2-3か1-4にならざるを得ないけど...

あまりの戦績のひどさに、振武隊参加艦娘たちのあいだに厭戦気分が広がりつつある模様。
出撃のたびにどこかしら被弾損傷し、それが積もり積もって中破へと至る―――

それほどの艱難辛苦のはてに得られるのは、どうでもいいようなドロップ戦果ばかりなり...

これでは艦娘たちの士気を維持しようとしてもそれはとてもとても困難。

実施部隊の士気が低下するのは容認できないため、聯合艦隊司令部は臨時の措置を決意。
すなわち―――

イヴェントに向けて蓄積中の高速修理よそ1,700個から、200箇程度を捻出し、実施部隊に割り当てる。それにより、損傷修理時間30分を超える艦娘たちを急速修理し、作戰出撃の回転率をあげることで、『巻雲』ドロップ率を高めやうといふもの。

出撃回数が増えればBoss到達率もその分増えるし、ドロップの可能性もそれに呼応して増えるわけですからネ。

イヴェントを前に高速修理の大量消費は如何ともしがたいけれど、1,500個ちかくの在庫があれば問題はありません。

Boss戦や、Bossを逸れた各航路の終末点には戰艦や空母が控えているので、ヘタをうてばその一戦でちょっとした被害を受けることもあるわけで...

131025c

高速修理で急速整備し、猛烈果敢なる攻撃を反復して敵を覆滅してご覧に見せませう。

最終目標は『巻雲』。

このあとは『長波』奪還も控えているので、新艦娘奪還戦初戦での躓きはなんとしても避けたいところです、はひ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

横鎮急行

はおヾ('ヮ'*)ノ

今日も今日とて横鎮急行。
行きはよいよい帰りは被弾。そして船渠に長蛇の列と……( 0w0)

逢って敵艦別れて戦地、またの逢瀬は横鎮でっと...

この横鎮急行、いつまでつづくのやら...

131024

道中の敵巡洋艦隊戦で完勝をおさめると幸先の良さを感じるけど、それはあくまで《感じる》だけ。

いざ分岐点で羅針盤のksったれに回させると、十中八九、Bossを逸れるといふ。
もはや様式美になりつつあるBoss逸れ進軍。

やはり我が艦隊の最大の敵は羅針盤であったか……と再認識した次第。

131024b

2-3東部オリョール海はそこここにこのやうな資源地があるので、潜水艦作戦だとほぼプラスの収益になるのが地味にうれしいところ。

だからといってBossを逸れていいということにはなりませぬが―――

131024c

Boss戦で被害を受ける―――

Bossのみならず戰鬪で被害を受けるのは当然であって、完勝できなくともそれはそれでよいのです。
ただ―――

途中撤退するような愚かな損害さえださなければ...


さてさて、横鎮急行と並行する形で、最近、資材蓄積のために休止状態となっていたキス方面敵撃滅戦ですが、『時雨』改二のために再開の運びと相成り申した。

西方海域での対潜作戦で稼ぐのいいカモだけど、確実に敵潜水艦を叩けるとは限らないので、安全策をとってキス方面にしましタ。

131024d


幸い―――

支援空母戦力が充実しだした成果、以前にくらべて完勝する回数が増えてきたこともあって、さしたる損害もなく育成に集中できるのがうれしい限り。

131024e

もともと遠征要員としてLv40台なかばに達していたので、はやくも49まで到達。
今日中には50、週明けには改二にもっていけそうな勢いです。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

東京急行ならぬ横鎮急行

はおヾ('ヮ'*)ノ

『巻雲』求めての東部オリョールでの軍事行動。

一行に成果が挙がらず、ただただ……ひたすら横鎮母港と東部オリョール海を行き来するだけ―――

そんな光景を見てだれが言い出したか...

横鎮急行。

『巻雲』を手にすることができないから言い返せないのが口惜しき哉。

131023


◆潜水艦作戦

潜水艦による『巻雲』奪還を目論む《振武二號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:14回
途中撤退:2回
Boss到達回数:6回
B判定以上勝利:4回
戦利艦(Boss戦のみ):
『妙高』、『筑摩』、『北上』、『霞』


被害情況:
『伊一六八潜』中破×2
『伊五八潜』大破×1、中破×3、小破×2

131023b


◆水上艦作戦

水上戰鬪艦による『巻雲』奪還を目論む《振武一號作戰》の戦績はこのたうり―――

出撃回数:10回
Boss到達回数:3回
途中撤退:2回
戦利艦(Boss戦のみ):
『霧島』、『足柄』、『青葉』


被害情況:
大破:『那珂』
中破:『五十鈴』、『北上』、『夕雲』
小破:『高雄』、『五十鈴』、『鬼怒』

131023c

いやはや、ほんと、でません。

戦闘になれば、こちらの諸艦も地味に削られて損傷が蓄積していくから、気づけば船渠にはいりきらない艦娘たちの列が...

そこそこLvが高いから、小破程度でもカルく1時間ちかくかかってしまうから、なおさら船渠の回転率が悪い。

イヴェント開始まで継続すべきか、イヴェント海域でのドロップ可に期待して中断すべきか...

悩むなぁ……(*'-')



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

【新艦娘】戦果挙がれどヤル気は下がる【捜索行】

はおヾ('ヮ'*)ノ

イヴェントも迫り、新たな艦娘の性能向上などが叫ばれる昨今、愛宕率いる聯合艦隊は来るべき決戦に備え主力を内地に留め、整備・休養に勤しむ日々。

一方で、新艦娘捜索の作戰も継続中―――

とはいえ、戰艦、空母などの総力攻撃は燃弾の浪費激しく、その運用はなるべく避けたいところ。

なので3-4や5-2での『初風』、『三隈』捜索はいまのところ中断という情況。
なので、狙うは3-4などという北辺の奥地に某国戰艦『ティルピッツ』のごとくひきこもっている『初風』と違い、複数の海域でのドロップが認められる『巻雲』、『長波』の2艦。

そのなかで、比較的狙いやすい『巻雲』を求め、2-3南西諸島は東部オリョール海に高速艦隊と潜水艦隊を派遣したという次第。


◆潜水艦隊

旗艦『伊一六八潜』とし、随伴艦『伊五八潜』もろとも裝備は罐とタービン。この組み合わせによる効果はまだ未実装らしいので、場合によっては罐2つにしていいかなと思う次第。
まぁ、いくら回避+20になるとはいえ、当たるときはとことん当たるので、気休め程度ですけどね。

今回、20回出撃しての結果を簡潔に...

Boss到達回数:8回
B判定以上勝利:7回
戦利艦(Boss戦のみ):
『利根』×3、『筑摩』×2、『多摩』、『大潮』


被害情況:
『伊一六八潜』中破×1
『伊五八潜』中破×1、小破×2


最初の巡洋艦部隊との戦闘で、先制雷撃で2艦を沈めれば、敵の爆雷投射回数を最大4回に抑えられるので、被害軽減を図ってもらいたいところ。
甲巡を狙ったり、2艦で同一艦を雷撃するような残念な展開になったら、爆雷回避を祈りませう。潜水艦の神サマは常に貴方たちとともに在るのです……

131022b


◆水上艦隊

水上艦隊は、燃費の問題から戰艦を伴わない快速機動部隊にしましタ。
基本編成は空母1、巡洋艦2~3、驅逐艦2~3にしましタ。
第1回の攻撃の時のみ、万一に備えて『比叡』を随伴させましたが、特段、戰鬪遂行そのものに問題がないので、以後、戰艦の出撃はありません。

潜水艦のときもそうだけど、最大の問題は羅針盤。
道中の敵は、出撃艦のLvがそこそこ高いこともあって、エリート艦がいようが十分、対処・撃沈破が可能なので、わざわざ戰艦が出張るまでのものではないです。

まぁ……
敵もただただ沈(や)られるだけの存在じゃないですからね、ときおり、致命的な一撃を放ってくることもあるので、油断は禁物です。

水上艦隊でも20回、攻め込んでみたのでその結果を簡潔に...

Boss到達回数:4回
途中撤退:0回
戦利艦(Boss戦のみ):
『山城』、『愛宕』、『那智』、『妙高』


被害情況:
大破:『鬼怒』、『雪風』
中破:『比叡』、『鈴谷』、『秋雲』、『夕雲』×2
小破:『瑞鶴』


Bossを逸れたルートでドロップしたのが...

131022

『赤城』。
『加賀』や二航戰の姉妹はそれなりにドロップや建造でくるけど、彼女だけはとんと見かけないもんですから、珍しいということもあって記念に撮っちゃいました。


さて、水上部隊を指揮して実感したのは...

潜水部隊の時とは段違いのBoss未達数。
とにかくBoss手前で北へ逸れる。20回中16回がコレ。

あまりの多さにものの見事にやる気ダウン(´・ω・`)

ただでさえ新艦娘は出にくい銀背景だというのに、それに加えてBossへたどり着かない...

131022c2

2-3では艦種構成による針路固定はないはずだから、純粋に羅針盤のksのしわざ。
イヴェントではさらに追加の新艦娘もドロップで来るだろうから、少しでも未入手艦を減らしたいのに、この異常なまでの針路ハズれ...

なんとかしたいけど、こればかりはどうしようもない。

20回程度で文句を……と言われるかもだけど、巡洋艦や小型空母ならまだわかる。『三隈』みたいにね。
でも驅逐艦でこれはちょっとね...

もうちょっと驅逐艦はドロップ率もゆるくするか、通常戰鬪でも出せるようにしてもらいたいですね。

来月には信長の野望の新作もでるし、ちかいうちにバトルフィールド4もでる―――

ドロップ率の悪さがこのまま続くと、艦これからそっちにシフトしそうな予感です。

と―――

提督の特権でもある愚痴をこぼすのはこれぐらいにして...

艦これ白書、届きました。
いろいろと斜め上をいく誤植でしたが、まぁ、これはこれでいいかなと。
もっとハデにやらかしてくれたなら、改訂版を別途買おうか思いましたがね。

愛宕的に気になったところは...

P128の『時雨』の実写真。
『時雨』の写真ならほかにもあるのにナゼこれにしたし。
先頭にいるのが『時雨』と思うでせう?

じつは先頭の艦は『白露』なんだ……


あとこれは余談ですが...

P144の『伊一六八潜』の写真、《イ68》となっていますが、これは間違いではないですゾ。

もともと、『伊號第六八潜水艦』として建造されまして、それが昭和17年5月に『伊號第一六八潜水艦』と改名したからなんです。

しっかし...

驅逐艦などはトンデモナイ間違い写真なのに、なぜこれはちゃんとしてたのか...

不思議ですねぇ...



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

実写で見る艦娘たち~其の四

はおヾ('ヮ'*)ノ

来るべきイヴェントに向けて資材蓄財にはいったため、ネタがないので手持ちの聯合艦隊画像をいくつか艦娘たちとともにご紹介していこうと思ふこの企画……ってほどのものじゃないネタ。

それでは、在りし日の帝國海軍聯合艦隊の雄姿をどうぞ―――


131021
「今冬公開のの永遠のゼロでもわたしの実艦がでるので、わたしの出番が多すぎて困ってしまいますネ」

帝國海軍改造空母・軍艦『赤城』


「ミッドウェイで沈んだといっても、やっぱり我が海軍航空母艦の代表は赤城先輩ですからね」



「開戦前、布哇へ進撃中のわたしの甲板上で警戒待機している零戦ね」



「赤城先輩だけでなく、各空母で3機ずつの零戦が緊急待機していたんですよね」



「主車輪の車輪止め、甲板と機体をつなぐ繋止索、胴体下の増槽(※)などがわかるわね」


※増槽=増設燃料槽。米英ではドロップ・タンクと呼ぶ。戦闘時に切り離されて使い捨てる燃料タンクで、零戦の増槽は330リットルの燃料を内蔵できる。



131021b
「わたしじゃないですか。いつのまに撮ったんですか、これ。ま、まぁ、スッピンじゃないからいいですケド」

帝國海軍二等巡洋艦・軍艦『阿武隈』


「スッピンじゃないって……防弾片装置が化粧なのか……」



「い、いいじゃないですかぁ。それに、14糎砲や檣、艦橋上部の測距儀とか、イロイロわかりやすくていい写真ですよ。さすが阿武隈は写真写りが違った、みたいに」



ウザ……




131021c
「加賀の出番ですね。僭越ながら説明させていただきます」

帝國海軍改造空母・軍艦『加賀』


「加賀センパイの艦上機ね。脚が太いから九九式艦爆?」



「はい。真珠湾攻撃、第二次攻撃隊の艦爆隊発艦時のものです」



「機体はブレてるけど、それがかえって開戦劈頭の大作戦の緊迫感を醸し出してるわね」




131021d
「おっと、鈴谷の番だね。んー、なにから言えばいいのカナ?」

帝國海軍一等巡洋艦・軍艦『鈴谷』


「写真の説明でしてよ。これは昭和19年10月25日、サマール沖でのものですわ」



「そうそう、サマールサマール。この写真は大和センパイやわたしたち甲巡部隊の砲撃を受けている米護衛空母よ」



「写っているのはガンビア・ベイ。アメリカ太平洋第7艦隊第77任務部隊第4群第3戰隊、通称タフィ3に属する商船改造の護衛空母ですわ」



「ちなみに、空母の周囲に水柱が立っているけど、これはハズれているのではなく、次の砲撃で命中弾をだせるほど照準が正確になっている夾叉という状態ね」




131021e
「我が第一遊撃部隊の戰艦、甲巡の巨砲弾を浴びているガンビア・ベイを、キトカン・ベイ艦上から写したものよ」



「向こうは砲撃を受けていて、手前では艦上機の緊急発艦準備……突然の戰鬪で混乱しているのがよくわかるね」



「甚大な被害を受けて相手にならないと思っていた敵が、夜明けとともにいきなり至近距離に出現し攻撃してきた……混乱するなという方がムリですわ」



「電探と航空力の時代に、戰艦部隊が敵に察知されずに空母に近寄って砲戦を挑む……世界の海戰史でも珍しい砲撃戦、それがサマール島沖海戰なのよ」




131021f
「これもサマール沖ですわ。我が精鋭の砲撃から必死に空母を護ろうと、敵の驅逐艦が煙幕を張っていますわ」



「右の空母はガンビア・ベイ? これ、ケッコーはでに炎上してるね」



「日本艦隊にとって残念なのは、この護衛空母部隊をハルゼー提督の高速部隊と見誤ったことなの」



「そうだよねー。ど~も徹甲弾だと当たっても効果がないなぁと思っていたんだ。装甲が薄い護衛空母だもん、徹甲弾じゃ穴を開けるだけで爆発しないもんね」



「さらに、風上を抑えて艦上機の発艦を阻止しようとして、東に突き進んだのもまずかったわ。敵は南東へ、それから南、そして南西とまわるように逃げていったから、護衛空母よりも優速なのに距離を詰められなかったの」




131021g
「これは昭和18年5月、アリューシャン列島アッツ島への米軍上陸に呼応して、北方で米艦隊との決戦を企図して横須賀に集結した聯合艦隊第三艦隊主力です。艦これ職人の皆さんは、どれがどの艦か……艦型か、わかりますか? 答えは追記のなかで☆ミ」


131021y2

続きを読む »

関連記事

物欲センサー

はおヾ('ヮ'*)ノ

今日はいろいろモロモロ存分にやることがあったので、簡潔に妹提督の情況をば...

ショートランド鯖にて艦隊を指揮ってる妹提督ですが、現在は『鈴谷』、『熊野』がお気に入りのようで、鋼材が貯まるやかたっぱしから戰艦レシピをブンまわしている次第。

そして出ないという物欲センサー絶賛稼働中。

レシピは400/100/600/30なので、燃料と鋼材はかなりヤヴァい模様。
空母は『赤城』1艦のみ主力で、ほかは遠征で小型空母3艦を使うだけなので、以外にもボーキサイトの消費はない模様。空母にさほど興味がないといふのはいかがなものか……

そんな妹提督―――

131020

戰艦レシピで2連続5時間を引き当てる。
結果は『長門』と『陸奥』。

『鈴谷』、『熊野』の可能性がある1時間30分じゃないとわかって落胆。
『長門』つおいよ? つかえるよ??
という愛宕の説明もなんのその、裝備はずして近代化素材化を阻止するのが精いっぱいでございました。

どんだけ『熊野』と『鈴谷』が好きなんだと……


131020b2

主戦力の雷撃戦部隊の育成も順調なせいか、演習でようやく勝てるようになってきたとご満悦。

妹提督の艦娘たちのLvだと、負けてもそれなりの量の経験値がもらえるから最高なんですけどネ。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。