徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

リランカ敗戦

はおヾ('ヮ'*)ノ

前日、四戦隊と六驅の混成部隊がリランカ方面に侵入し、初戦撤退となったことは前述したとおり。

態勢を立て直し、同部隊による第二次攻勢を本日、実施しました。

さらに、四戦隊だけでは実施部隊の戦力が不足しているものとし、追加戦力として第五戦隊の投入をGF司令部は決定。
今回はこれら第四戦隊、第五戦隊を中核とする快速部隊のリランカ海戰顛末記―――


◆驅逐艦『電』戰鬪詳報

「わたしが参加したこの戦いの記録なのです。括目して見るのです……あ、やっぱりだめです、みちゃだめぇ~...」


リランカ北方海域での戰鬪は簡単ですが、『電』ちゃんの戰鬪詳報における経過概要でさっと見てみませう。

《〇九一五敵艦隊発見以後対水上戰鬪ヲ交ウ 以後砲雷撃戦ヲ為シツツリランカ島北方海面ヲ警戒シツツ避退北上ス》

130630

前回同様、北西海域に...

つまり今回もまたフラッグシップとご対面。

なので―――

130630b

『高雄』、中破。
安定の初戦撤退はいりました。

しかも―――

130630c

C評価の戦術敗北のオマケつき。
やったねみんな敗数が増えるヨ(o^-')b

130630c2

『高雄』、修理所要時間およそ4時間。
『愛宕』もかるく被弾していて、所要時間40分―――

第四戦隊、入渠状態により即時の戦列復帰不可。

よって、第五戦隊を主力にして、さらに第一〇戦隊からも応援をまわしてもらい、艦隊を再編。

旗艦『大井』
第五戦隊『足柄』・『羽黒』
第一〇戦隊『鬼怒』・『夕張』
第六驅逐隊『電』


この陣容でもって再出撃―――

130630d

針路は南。
どうやら驅逐艦が2艦いると、西の方にいっちゃうようですネ。

さてさて、ここにはどんな敵がいたことやら...

130630e

フラッグシップいるじゃないですかーΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)

本来なら、戰艦すら喰っちゃうのが水雷部隊の真骨頂ですが―――

世の中そんなに甘くはないのデス。

戰艦は戰艦でも、フラッグシップとなると話はべつなのデス。

130630f

砲戦で『大井』損傷。まぁ旗艦ですからいいとして...

『電』、中破。
沈んじゃうじゃないですかー(ノ∀`)

砲撃戦で『足柄』が一撃よく敵驅逐艦を撃沈し、雷撃戦で敵巡洋艦1艦撃沈。
夜戦で勝利の可能性がありそうなヨカン☆ミ

130630g

結局は敗戦でした━━━(゜△゜)━━━!!!

敵巡洋艦を追加で1艦撃沈したけど、報復として『足柄』中破。『夕張』大破...

ええ、もちろんC判定でまた負けましたヨ。

Lvが平均して低いというのが敗因のひとつかもですが、それ以上にまずは命中率の低さですね。
いくらLvが上がろうとも、強力な武裝を装備していようが、当たらなければ意味がないですからネ。

昼間の砲撃戦で1回目の砲撃戦では1回も被弾しませんでした。
この段階で敵戦列艦をある程度は沈めていたなら、2回目の砲戦では敵戰艦の砲撃さえなんとか躱すか凌げば、最低でもB判定で勝ち逃げすることができたわけですからネ。

むぅ...
命中率の向上―――

手っ取り早い手段でやるなら、命中補正のある裝備の組み合わせというのがありますネ。

より強力な命中補正を得るとするなら、電探裝備の充実をはかるべく兵器開発、ですネ。


MMDぜかましちゃんヾ('ヮ'*)ノ








壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

高速艦隊でいくリランカ

はおヾ('ヮ'*)ノ

前回は戰艦、空母、驅逐艦というスタンダードな編成でリランカに特攻(ぶっこ)んだワケですが、今回は快速性をウリにした陣容で攻め込んでみまシタ。
期待はしないでくださひ(*'-')

今回の出撃艦は―――

130629h

130629i

130629j

130629k

130629l

130629m

第四戦隊第一小隊と第六驅逐隊のこれら6艦を選んだ基準は、主力艦娘以外で、一番多くの近代化改修を行なって能力を向上させているから。

そのほかにも―――
イラストが好みだから(`・ω・´)キリッ

好みのコを使うのはよいことなのです。
大事にしちゃうから戦力も強化できるしネ。

130629n

西航路―――

前回と同じ...
ということは、またフラッグシップか...(ノ∀`)

130629o

意外にも―――

昼間戰鬪での損害はまさかのゼロ。
各艦、別段キラッ☆ミ となっているわけでもないのに、フラッグシップ艦をはじめとした敵艦の砲撃を見事に、華麗に、優雅に躱してくれましタ。
逆にこっちの砲撃で驅逐艦1艦を撃沈。
やるねぇ...

そして雷撃戦でも同様。

ただしこっちの雷撃も1艦に命中しただけでした。

ただ...

夜戦では敵のフラッグシップ重巡1艦をのこしてほかすべて撃沈したものの―――

130629p

ごらんのありさま( 0w0)

お家芸となった初戦撤退で母港に戻ってまいりました。


「恥ずかしいけれど、帰って参りましたわ」



「中破とか……うわー、恥ずかしいわ、魚雷があったら提督撃ちたい気分!!!


ナンデ!!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)


「うぅ...大破するダメダメなわたしでゴメンねぇ...( つДT)」



「のわー!!? た、たかネェは主力だから狙われちゃったの!! 大破は勲章よ、そう、クンショ→!!!



態勢を立て直したら、も1回、このメンヴァーでリヴェンジです。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

リランカの夕べ

はおヾ('ヮ'*)ノ

本日は天気晴朗なれども風つよし―――だったような気がしまス。

そんなハレの日にはやっぱりカレー洋ですよねー(*´□`)

というわけで、二度目となるリランカ方面作戰開始です。

130629c

今回は針路2-7-5、西航路です。

本日の作戦はいつものように第三戦隊の『金剛』と『榛名』、五航戦の『翔鶴』と一航戦の『赤城』。直衛艦は二驅の『島風』、六驅から『電』。

二等巡洋艦をはずし、近代化改装を完遂して個艦能力を大幅に強化した艦隊型驅逐艦を2艦配備するという陣容。

さて、この編成でどうなることやら……

130629d
(゜д゜)

最初の戰鬪で『赤城』大破。
セーラー服戰艦ェ...

初動の航空攻撃で雷巡1艦と驅逐艦2艦を沈めてみせたのに、急転直下、『赤城』への集中砲火でごらんのありさまですヨ。

さすがに戦力にもならない大破艦を引き連れていくわけにもいかず、恒例の初戦撤退を敢行。

敢エテ行ナウモノデモナイダロ( *'-')っ―[] /☆ペチ
             (・ω・)wii

一航戰2番艦の『加賀』を交替で投入。

満を持しての第二次進攻―――

画像はないですが、これまた針路2-7-5でさきほどのポイントに...
今度はフラッグシップ重巡2艦。
ええ、ソッコ→で今度は『翔鶴中破ですよ中破(゜д゜)

なんですかね、この展開...

中破艦を、とりわけ貴重な『翔鶴』を破損させたまま進軍などできるわけもなく、これまたブレない初戦撤退。我が聯合艦隊のお家芸になりつつありマス( 0w0)


バケツ入渠でただちに第三次作戰開始―――

ここまでコケにされて引き下がるほど、くろちゃんは提督ができてませんのでネ。

三度目の正直、これで初戦撤退しようものなら艦隊陣容を大幅刷新しかないですネ。

まぁ、変えても結果に変化はないでしょうけどネ。

130629e

三度、針路2-7-5―――
どうやら戰艦、空母、驅逐艦を各2でやると西寄りの航路を選ぶようですネ。
たまたまかもしれないけど……

さすがに三度目では勝ちましタ。
空母が増えたけど、フラッグシップは重巡1艦のみ。そして各艦は今回はきっちり砲撃を回避し、敵母艦機の攻撃を最小限度に抑えましタ。
やるじゃない(o^-')b


130629f

そして定番の對潜水艦戦。

『島風』と『電』に対潜裝備を忘れずに搭載したので、このようにエリート艦を残して撃滅。

『島風』は―――
130629

三式爆雷のみとしたけど、一方の『電』ちゃんは―――


130629b

九四式爆雷と九三式聴音の組み合わせ。
心なし、この組み合わせでASWを展開した『電』ちゃん、ミスはでなかったような気が...

まぁ、これまた気のせいか、たまたまかもですが...


対潜水艦戦も終わり、最終戦に...

130629g

空母の護衛を伴った輸送部隊ですネ。

残念ながらボス戦にはならなかったですが、少しずつリランカも空白部分を開放していってまス。
編制次第で航路が変わるとか……どんな編成にするのか悩みますが、実際に作戰を検討する際は、こんな感じでしょうからね。
GF司令長官の気分に、少なからず浸れそうデス。

次は戰艦や空母なしでやってみようかな( 0w0)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

【人それぞれ】艦これの楽しみ方【星の数だけ】

はおヾ('ヮ'*)ノ

130628f
宿毛湾の軍艦『比叡』。

ぴくしぶでもあっというまに増えた艦これ。
夏のコミケにもそれなりのサークルさんが薄い本やCG集だしたりしそうですネ。
あとはぜかましコスするコかな(*´ω`)

そんな艦これですが、楽しみ方は人それぞれですネ。

艦隊戦が好きという人もいれば、軍関係のゲームが好きだという人もいるわけで。旧軍、とりわけ日本海軍の艦艇に興味がある人だっているでせう。
こういった艦艇などの兵器を擬人化して女の子にしたのが三度の飯より好きという人だっているわけデス。

こういったゲームでは、強い兵器(軍艦や軍用機)を揃えて無双したいという人もいるでしょうし、お気に入りの兵器のみで楽しみたいという人もいる。
楽しみ方、プレイの仕方は星の数だけ、提督の数だけあるわけですネ。

いまは新規登録受付が中断していますが、再開すれば、さらに違った楽しみ方を持つ提督も現れるでせう。

そんな艦これ、まさにどーでもいい感じですが、くろちゃんの楽しみ方、プレイの仕方を今回はお話ししようかと思いマス。
「そんな与太話はいいから新艦娘脱がせよ!!」とか、「ボクのかわいいぜかましちゃんやこんがうちゃんを脱がすなんてゆすさない!!!」という方は、針路反転180度、全速で各自の鎮守府に戻られることをオススメしまふ(>д<)

130628g

くろちゃんの日々の記事(ネタ)を見て、ときおり《第三戦隊》とかそんな表現があることにお気づきでせうか?

くろちゃんは艦これをプレイ……ここでは指揮といったほうがいいかもですネ。

艦これでは艦娘たちを配備して艦隊を編成するわけですが、そこに配属する艦娘たちを、ゲーム内では表現も反映もされない《戦隊》というかたちで管理しているのです。

例えば―――
キス島撤退では驅逐艦6艦がいるから、
「じゃぁ●●と○○、あとLv高いし△△もいれるか」
とやるのではなく、
「史実じゃ『島風』に電探つけてたね。じゃぁ二水戦からぜかまし回すか。あとLv高いのがイイから……第六驅逐隊から『雷』と『電』、あと『暁』も出すか。一八驅から『不知火』、キス島撤退戦、参加よろちこ☆ミ」
みたいに編制を考えて組み合わせています。

戦隊、驅逐隊に保有する艦娘たちを配属し、二次創作的に脳内で彼女たちのオフを楽しんでいるわけです。
ゲームでは表現できない母港待機時に、艦娘たちは戦隊ごと、驅逐隊ごとに日課の訓練をしたり、だべったり、年頃の女の子らしい休日を過ごしているでしょうね。

戦隊、驅逐隊に配属しておくことで、配属艦娘同士のつながりも深まり、戦場に出ると、連携した行動を見せてくれるというわけです。
戦場において連携した攻撃をしかけて、エリート戰艦やフラッグシップを撃沈したときなんか、「ああ、このコたち同じ隊だから、以心伝心、阿吽の呼吸ができてるんだなぁ」と思っちゃったりするわけですヨ。

130628h

ちなみに、くろちゃんの聯合艦隊の編制はこんな感じ。
基本は現実の聯合艦隊に合わせてありマス。
同一戦隊・驅逐隊などで所属艦娘が二段にわかれている場合は、上段が第一小隊、下段が第二小隊となりマス。

第一戦隊 旗艦『長門』
 戰艦『長門』・『陸奥』

第二戦隊 旗艦『扶桑』
 戰艦『扶桑』・『山城』
 戰艦『伊勢』・『日向』

第三戦隊 旗艦『金剛』
 戰艦『金剛』・『榛名』
 戰艦『霧島』・『比叡』

第四戦隊 旗艦『愛宕』
 一等巡洋艦『愛宕』・『高雄』
 一等巡洋艦『鳥海』・『摩耶』

第五戦隊 旗艦『足柄』
 一等巡洋艦『足柄』・『羽黑』
 一等巡洋艦『妙高』・『那智』

第六戦隊 旗艦『古鷹』
 一等巡洋艦『古鷹』・『加古』
 一等巡洋艦『青葉』・『最上』

※第七戦隊欠番

第八戦隊 旗艦『利根』
 一等巡洋艦『利根』・『筑摩』

第九戦隊 旗艦『那珂』
 二等巡洋艦『那珂』・『川内』・『神通』
 二等巡洋艦『五十鈴』・『由良』・『龍田』

第一〇戦隊 旗艦『阿武隈』
 二等巡洋艦『阿武隈』・『鬼怒』
 二等巡洋艦『夕張』

第一航空戦隊 旗艦『赤城』
 航空母艦『赤城』・『加賀』

第二航空戦隊 旗艦『飛龍』
 航空母艦『飛龍』・『蒼龍』

第三航空戦隊 旗艦『龍驤』
 航空母艦『龍驤』・『鳳翔』

第四航空戦隊 旗艦『祥鳳』
 航空母艦『祥鳳』
 水上機母艦『千歳』・『千代田』

第五航空戦隊 旗艦『翔鶴』
 航空母艦『翔鶴』・『飛鷹』・『隼鷹』

第六航空戦隊 旗艦『千歳』
 航空母艦『千歳』・『千代田』

第二一戦隊 旗艦『龍田』 ※遠征部隊
 二等巡洋艦『龍田』 ※第九戦隊より派遣
 第二五驅逐隊 司令驅逐艦『白露』
  『白露』・『睦月』・『如月』

第三二戦隊 旗艦『川内』 ※遠征部隊
 二等巡洋艦『川内』 ※第九戦隊より派遣
 第三三驅逐隊 司令驅逐艦『初霜』
  『初霜』・『時雨』・『夕立』

第四一戦隊 旗艦『由良』 ※遠征部隊
 二等巡洋艦『由良』 ※第九戦隊より派遣
 第四五驅逐隊 司令驅逐艦『吹雪』
  『吹雪』・『響』・『望月』

第五〇戦隊 旗艦『球磨』 ※予備役
 二等巡洋艦『球磨』・『多摩』・『天龍』
 二等巡洋艦『長良』・『名取』・『木曾』

130628i

数の多い驅逐艦はこんな感じで編成してます。
これら驅逐隊から単艦もしくは小隊ごとに艦娘を選抜し、水雷戦隊を編成します。
水戦の旗艦は第九もしくは第一〇戦隊から派遣しますが、キス島撤収のように驅逐艦のみという場合は、驅逐艦のなかから旗艦を選びます。
驅逐隊の隊番号は、欠番ということでいくつか飛ばしています。

第二驅逐隊 司令驅逐艦『島風』
 驅逐艦『島風』・『五月雨』

第六驅逐隊 司令驅逐艦『電』
 驅逐艦『電』・『雷』・『暁』

第七驅逐隊 司令驅逐艦『漣』
 驅逐艦『漣』・『曙』・『潮』

第八驅逐隊 司令驅逐艦『朝潮』
 驅逐艦『朝潮』・『荒潮』

第一五驅逐隊 司令驅逐艦『陽炎』
 驅逐艦『陽炎』・『不知火』・『黑潮』

第一九驅逐隊 司令驅逐艦『綾波』
 驅逐艦『綾波』・『初雪』・『涼風』

第二二驅逐隊 司令驅逐艦『長月』
 驅逐艦『長月』・『皐月』・『文月』

第二三驅逐隊 司令驅逐艦『三日月』
 驅逐艦『三日月』・『菊月』

んー、こうしてみると驅逐艦の数が少ない……

大戦末期の日本海軍は、ソロモン海域での戰鬪で多くの駆逐艦を喪い、直衛驅逐艦の不足に悩まされたそうですが、くろちゃんの聯合艦隊ははやくもそんな情況ですネ(ノ∀`)

130628j

この編成は、今後、新規の艦娘が増えれば再編されます。
とくに潜水艦娘がくれば、今度は潜水隊を編成することになりますネ。

海外艦娘がきたら、編成どうしよう……

むしろ、艦娘保有枠増加を課金購入して、『霞』とか『満潮』とかを加えるべきか...
それとも今後、『陽炎』型や『夕雲』型、『秋月』型、『松』型の実装に備えてこのまま維持するか...

悩みマス(・ω・)


―――と、まぁ、こんな風に、戦隊、驅逐隊編制にすると保有艦娘の不足がなんとなく感じられ、いいように課金の誘惑に惑わされてしまうわけです。困ったものデス( 0w0)

ところで、『電』ちゃんは毎朝牛乳飲んでるんですね。
背をおっきくしたいんですね。
でも背をおっきくしたいだけなのかなぁ……( 0w0)
違うところをホントはおっきくしたいんじゃないかな、くろちゃん、気になりマス!!


130628k

『五月雨』と『涼風』がなんか似てるっぽいのでよく間違いちゃいます。

なお―――

うちの家の本棚をあさっていたら、戦時中、この驅逐艦『五月雨』に乗り込み、最期の時まで乗員として勤務していた海軍軍人さんの描いた陣中日誌がでてきたので、いまそれを読んでいるところ...

記録映像や終戦特番、雑誌などでは伝わりにくい、知られざる海軍驅逐艦乗りのナマの空気を感じ取れそうで、ちょっとどきどきしながら読んでいるところデス。

ちなみに『五月雨』の最期についてですが...

パラオ環礁の在留邦人引き揚げ任務のため、第一六戦隊の『青葉』、『鬼怒』、『浦波』、第二七驅逐隊の『時雨』とともにマニラを出撃した同艦は、昭和19年8月18日未明、パラオ近海で座礁。
見張員は浅瀬に気付いて報告していたものの、艦長ら士官たちは同時刻に付近海面に発見した不審な艦影に気を取られ、座礁回避が遅れてしまったとのこと。
離礁作業はパラオの工作部が担当することとなり、20日、パラオから第二二号掃海艇が派遣されてきて、曳航離礁のため作業開始。残念ながら曳索が切れて失敗。
21日、追加で第六一号驅潜艇、哨戒艇『江ノ島』、曳船、大型発動機艇が到着し、作業開始するも、索が海底に引っかかり、離礁不可。
22日、米陸軍航空軍のB-24中型爆撃機に発見される。『五月雨』の対空砲火が熾烈なため、身動きが取れない『五月雨』は狙われず、至近にいた『江ノ島』が爆撃され損傷。
24日夕刻、米潜水艦が『五月雨』を雷撃。発射魚雷はすべて浅瀬に激突して『五月雨』に被害なし。ただし、敵潜に発見された以上、離礁作業が一層困難となる。
25日、『五月雨』の放棄が決定。
26日日没ちかく、米潜水艦『バットフィッシュ』SS-310の雷撃で『五月雨』右舷機械室付近に魚雷命中。24日の雷撃失敗から、反対側に回り込み、慎重に狙いをつけ、浅瀬を避けて発射した模様。
夜、救援艦として驅逐艦『竹』が到着し、『五月雨』乗員を収容。

艦これの『五月雨』は座礁はしないけど、不慮のクリックミスで戰没させないようにしないと……



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

まずは1艦

はおヾ('ヮ'*)ノ

いゃー、無慈悲な通信エラーとネコたちとの競演が荒ぶる梅雨の夜、いかがおすごしのことでせう。

ランカ・リー……じゃなかった、リランカへの攻勢を―――

と目論んでいたのだけれど、この無慈悲なエラーではあまりいい結果は期待できないと思い、進撃を中止し、短時間でちまちまできるキス島Onlineにシフトしましタ。

キス島、つまり3-2の例の育成マップですが、みなさんはどのような編成で臨んでいることでせう。

くろちゃんは基本、空母3艦を攻撃役とし、育成用3艦を配属して棚ぼたさせてる次第。

空母の方がMVPをとるなど優位ですが、空母は空母で使っていくので、Lvが鰻登りなのは歓迎するところ。

育成用の3艦は、メインの育成艦を旗艦にし、あとの2艦は航空攻撃でとりこぼした残敵を掃蕩できるよう砲火力を強化してますね。

現在は重巡主体なので、砲撃支援は問題ないですが...

今後は驅逐艦群を、Lv30以上を最低育成下限というかたちで育成していくので、育成用2艦+火力支援用1艦という編成になるかもですね。

敵と戦う以上、多少の被弾は避けて通れないけれど、直撃弾で中破とかは勘弁なので、極力、射程の長い艦を火力支援に配するかと。

そんなこんなキス島でここしばらくちまちまねちねち育成やっていたわけです。

その結果―――

130628
ようやく、二等巡洋艦『大井』が新たな改Lvに到達(*´ω`)

さすがにLv50は遠かったですね。

130628b

イラストも変わって...

制服の色が国防色から変わっちゃいましたネ。

それにしても...
改二になる前からだけど...
「って触りすぎなので、提督に20発撃っていいですか?」

このセリフ聞くたびについついによによしちゃいますよ。
どんだけくろちゃん『大井』を触っているのかと。むしろ代われと―――

130628c

さて『大井改二』、初期装備はこんな感じ。

高角砲はまぁいつもの量産品ですからいいとして...

電探と―――
5聯裝魚雷(゜д゜)

なんという驅逐艦娘たちが煙突から手が出るほど欲しがっている裝備。

130628d

雷裝+12にくわえて、命中補正まではいっている逸品。
Lv50まで育成させるだけのkとはありますネ。

もちろん―――

130628e

兵器娘も可愛くなってますネ。
このコはあれかな?
博士の異常な愛情っぽい演出でもしてるのかな(・ω・)

さて、次は『北上』ちゃんだヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

リランカ、でもあのころはセイロン

はおヾ('ヮ'*)ノ

建造で大敗し、資材も枯渇して精神的にも物質的にもマッハなくろちゃんです、ごきげんよう。
まぁ米帝モード全開である程度は恢復しましたけどネ(・ω・)

すでに多くの提督とそれに率いられた艦隊が攻め込んでいるであろう西方海域新戦域《リランカ島》―――

130627

遅ればせながら、我が聯合艦隊もカレー洋機動作戦を開始。
目標、カレー洋上に浮かぶ敵深海棲艦隊根拠地リランカ島。

西方海域は潜水艦の暗躍が目立つので、艦隊には対潜裝備を施した対潜艦を2艦配備。
あとは主力の2大戰艦(『金剛』・『榛名』)とこれまた主力の空母『翔鶴』と、今回は二航戰にかわって派遣艦となった一航戰の『赤城』。

今回は威力偵察的ということで、各地の敵戦力組成の調査が主な目的。
とはいえ、艦隊構成で航路も固定されかねないというので、こちらもまた艦隊編成を考慮せねば、ですネ。

130627b
勢い込んで突入した最初の戰鬪で早々と二等巡洋艦『鬼怒』、中破(゜д゜)

oi
misu
おい、ちょっと待って。
ナニ初戦で中破ってんの?

なんとかフラッグシップのセーラー服戰艦沈めてるけど、なにこの情況...

『鬼怒』ちゃんにはなかなか開発で出来にくい三式爆雷搭載しているから、ここで進軍させて喪失するわけにはいかなひ……






























130627c
ごめ、突っ込んでミタ(*´▽`)

幸い、次のマップは対潜マップで、討ちこぼした敵潜の攻撃は『鬼怒』ちゃんに当たらなかったので命拾い。

強行軍を指示したけど、これ以上の進軍は危険と、旗艦『島風』から抗議が来たので、とりあえず撤収。
ムリして『鬼怒』を沈めようものなら、艦娘たちに取り囲まれて、縛り上げられて、ぐりぐり足蹴にされて、トドメは罪人を縄で縛りあげて船底をくぐらせるという刑罰に処せられかねないのでね……

夜にもう一度……

って、夜は夜で無慈悲な通信エラーか...

無慈悲を回避しつつ、夜にもう一度、ちゃれんげです(・ω・)

最後に...

130627c2

『大井』、『北上』の育成にくっついてキス方面で育成している重巡群。
一等巡洋艦『古鷹』、やっとこさLv25で改完了。

これであとは『加古』、『青葉』、『利根』、『筑摩』の4艦と、まだ見ぬ『三隈』のみ。

『瑞鶴』と『瑞鳳』の瑞瑞コンビがくれば、さらにはかどるんだけどなぁ...

今日のデイリーでもこなかったし、やっぱうちの鎮守府、新艦娘がこない呪いをかけられているんじゃないだろうか(゜д゜)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

敗戦(・ω・)建造

はおヾ('ヮ'*)ノ

おk、簡潔に...

第一次建造(300/30/400/300)
『鳳翔』
『白露』×2
『翔鶴』
『綾波』
『祥鳳』
『加賀』

第二次建造(300/30/600/400)
『那珂』
『龍驤』
『加古』
『千代田』
『翔鶴』
『飛鷹』
『飛龍』

第三次建造(300/300/600/600)
『多摩』
『飛鷹』
『陽炎』
『長良』
『那珂』
『川内』
『最上』

第四次建造(350/30/400/350)
『祥鳳』
『龍驤』
『千歳』×2
『千代田』
『夕張』
『飛鷹』×2
『北上』
『涼風』
『隼鷹』
『川内』
『磯波』

第五次建造(300/300/400/400)
『祥鳳』×2
『赤城』
『飛鷹』
『千歳』
『鳳翔』
『加賀』
『時雨』


なんかうちの鎮守府……
呪われているんじゃないのか(・ω・)


6月26日1930時までの戦果―――
※建造艦のぞく

戰艦 10艦
軍艦『金剛』計2艦
軍艦『山城』計3艦
軍艦『比叡』
軍艦『日向』計2艦
軍艦『伊勢』計2艦


航空母艦 4艦
軍艦『隼鷹』計3艦
軍艦『飛鷹』


水上機母艦 1艦
軍艦『千代田』


一等巡洋艦 33艦
軍艦『羽黑』計6艦
軍艦『足柄』計2艦
軍艦『妙高』計3艦
軍艦『那智』計10艦
軍艦『摩耶』計6艦
軍艦『鳥海』計3艦
軍艦『高雄』
軍艦『最上』
軍艦『筑摩』


二等巡洋艦 15艦
軍艦『多摩』
軍艦『五十鈴』
軍艦『由良』計2艦
軍艦『川内』
軍艦『神通』計3艦
軍艦『那珂』計2艦
軍艦『龍田』計2艦
軍艦『木曾』計3艦


驅逐艦 29艦
『敷波』、『響』、『如月』、『白露』、『初雪』
『三日月』、『涼風』、『吹雪』
『深雪』計3艦
『大潮』計3艦
『朝潮』計3艦
『綾波』計2艦
『陽炎』計5艦
『黑潮』計3艦
『磯波』計2艦



合計92艦。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

建造の準備はおk?

はおヾ('ヮ'*)ノ

本日はメンテの日。

『瑞鶴』の建造と、新艦娘『三隈』の実装予定。
新艦娘を《新刊娘》と誤変換しちゃうと、なんか薄い本的な意味になっちゃうネ(o^-')b

さて、『瑞鶴』がくるということで、本日のデイリーな兵器開発は、『瑞鶴』建造に向けての航空兵力増強に重点を置くことにしまシタ。

とある艦これ司令官の始末書さんとこで、結構な回数の航空機開発をやっていたので、その配分を参考にすることにしましタ。

くろちゃんがない知恵しぼって配分を見出すよりも、ほかの人のたたき出す配分の方が効果的な開発になるって、これって格差社会だと思いマス(´・ω・`)

というわけで―――

60/60/10/110

でデイリー分4回、ちゃれんげしてみましタ。

司令部Lv73/『翔鶴』Lv64

1回目:三號零戰(五二型)
2回目:流星
3回目:失敗(ノ∀`)
4回目:紫電改二

彩雲欲しかったけど、まぁ流星と紫電きたしね。
満点ではないけど、80点といった感じですかネ。


デイリーでは建造もあるわけでして...

こっちでは、ワルナンデス司令長官が『瑞鳳』を建造させたということで、それで試すことにしましタ。

自分で配分考えないかって?

130626

くろちゃん配分だとまず巡洋艦とか驅逐艦とかになル。
だからほかの人のを参考にするの(・ω・)

というわけでれっつとらい―――

300/30/600/330

1回目:『加賀』
2回目:『陽炎』
3回目:『電』

2回連続で驅逐艦がキた時点で、これは……(´・ω・)
となったので、急遽、配分を変更。

350/30/400/350

4回目:『千歳』

ごらんのありさまだヨ(゜д゜)


これ...
メンテ明けの建造、だいじょうぶかな……(*'-')



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

瑞鳳と大井

はおヾ('ヮ'*)ノ

『瑞鶴』建造が現実のものとなったいま、彼女を迎えるために、新艦娘『瑞鳳』を歓迎委員会に加えようと思った次第。

『瑞鳳』をカレー洋で手に入れられなくして、『瑞鶴』を建造で迎えることができようか?

我が聯合艦隊は『瑞鳳』入手をめざし、意気揚々とカレー洋に艦隊を進めたのでアル。

130625

鋼材の島の北側には敵深海棲艦隊の快速部隊がいるわけですが...

ここにはフラッグシップ重巡がいて、その麾下の巡洋艦、驅逐艦はのきなみエリートという粒よりの精鋭高速艦隊。

これを抜くには戰艦、空母から成る有力な部隊を当てるの常道とがいふもの。

てかふつうにこちらも巡洋艦や水雷戦隊をあてると、まず敵のフラッグシップの砲撃でこちらの艦が中破以上の被害を受けますからネ( 0w0)

130625c

こやつ、こちらの砲爆撃をぎりぎりのところで痛いところに当たらないよう躱すせいか、なかなかどうして致命的一撃を与えられないんですよネ。
『霧島』、『比叡』の2連続もの主砲の砲撃を浴びながら生き延びやがったですし...

16吋主砲の名が泣きますよ、おふたりさん(´・ω・`)

フラッグシップ重巡率いる高速艦隊をからくも戦術勝利Bで突破した艦隊は、敵機動部隊を苦も無く殲滅し、羅針盤も仕事をきっちりこなしたのでいよいよ、『瑞鳳』のいるであろう本丸へと―――

130625d
フラッグシップいるし...orz

しかも空母に彩雲の搭載をしていないので、T字不利のオマケつき。

あ~、これはもうダメかもわからんね。

130625e

ごらんのありさまだよ(ノ∀`)

『瑞鳳』?

くるわけないじゃないですかーヽ(`Д´)ノ


気を取り直して、『大井』さんの育成を兼ねてキス島沖へ...

130625f

くろちゃんちの『大井』、『北上』ペアは、重雷裝艦というジャンル……艦種ながら、裝備兵裝は甲標的という情況。あれ? 雷裝艦とゆーより甲標的母艦??

まぁ細かいことは気にしなひ。

雷撃力が高いんだけど、夜戦ではカットインでないし、通常戰鬪でもさほど打撃力が低く、ときおり雷撃もミスるというステキな兵裝。

酸素魚雷がいいのかなぁ……

130625g

『大井』もやっとLv41に。
50までは遠いけど、キス島で驅逐艦や空母の育成をやっているうちに、さりげなく50にはなることでせう。

重巡も順次、改装Lvにあげなくちゃいけないですしね。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

『瑞鶴』がくるー

はおヾ('ヮ'*)ノ

130624a000a

『瑞鶴』建造実装キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

イヴェントでとことんこなかった彼女を、必ず手にいれるのですーヾ('ヮ'*)ノ

メンテも終わったし、資材蓄財いっちゃうのです。

そして、『瑞鶴』建造来たら10k課金しちゃうゾ☆ミ って運営に要望出してたので、10k課金しちゃうのです。


それにしても、新艦娘か...

日本海軍の重巡18艦のうち、まだ実装されてないのは、

青葉型2番艦『衣笠』
最上型2番艦『三隈』
最上型3番艦『鈴谷』
最上型4番艦『熊野』


の4艦。
どれがくるのかな?



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

キス島撤収作戰-(第二次)-

※6月24日加筆修正完了

はおヾ('ヮ'*)ノ

前回のキス島第一次撤収作戰は、無慈悲な羅針盤の手によって失敗に終わってしまいまシタ。

ですが、それでそのまま引き下がっている第一水雷戦隊の精鋭艦娘たちではなひ!!

捲土重来、キス島突入を虎視眈々と狙いつつ整備に明け暮れていたのDEATH

準備万端整い、6月23日、キス島への二度目の撤収作戰が発動となりました。

前回の出撃艦から『五月雨』がはずれ、艦隊型驅逐艦『不知火』が参加。

130624

この数日間で、一部の艦娘の近代化改装を行ない、少なからず戦闘能力も向上。
ただしLvにはさほどの変化が……(ノ∀`)

キス島守備隊を必ずや撤収収容せんと、戦隊は一路、針路北0-0-0へ―――

130624b

別働水雷戦隊が敵前方部隊に威力偵察を試みているので、敵水雷戦隊に気付かれることなくこれを躱しての進軍。

ここまでは順調。
無慈悲な渦潮にからまれるも、戦隊各艦、被害も何もなく進撃を続ける。
面舵針路0-8-5、進撃方向西。
キス島南方海上の敵邀撃陣へと向かう。
本来であれば、この敵水上打撃部隊との交戦を躱うべきなのだが、この打撃部隊を放置し、万一にもキス島包囲部隊と連携された場合、第一水雷戦隊は圧倒的優勢な敵部隊による前後からの挟撃を受け、瞬時に潰滅する恐れが出てくる―――

敵に警報を発しかねないが、敢えてこの打撃部隊に殴りこむのは、この部隊に奇襲をかけて混乱させ、少しでも挟撃される危険を減らすためである。

攻撃を浴びせるが、ここでいかに被害を抑えつつこの打撃部隊の邀撃線を突破するか―――

3艦以上が中破するようなら、今回は撤収をあきらめ、戦隊は帰還せざるを得ない...

打撃を与えるよりも、打撃を受けない戦いを演じてみせた一水戦の各艦娘たち、その奮闘した結果は―――

130624c

戦列2番艦『不知火』、大破。
6番艦『潮』、中破―――

損害はこの2艦。

とはいえ、1艦は大破しているため、攻撃戦力として期待はできない。
実質、戰鬪遂行可能な艦娘はのこる5艦。

(これって、いけるの……?)


進撃続行か、撤収か...

判断に迷う旗艦『島風』に対し、各艦娘たちは告げる。この機を逃したら、次はいつキス島にたどり着けるかわからない。損害を顧みず前進あるのみ―――

損傷著しいながらも不退転の決意をかためる『不知火』と『潮』の気魄を感じ取ったか、無慈悲な羅針盤も...

130624d

針路0-3-0を指す。
第一水雷戦隊、ついにキス島沿岸に……!!

残る障害は、キス島を包囲している、沿岸の敵包囲艦隊を撃破するのみ―――

『島風』に翩翻とひるがえる戦闘旗、旗艦より各艦娘へと発光信号。
「旗艦先頭単縦陣 全艦キス島ヘ前進 コレヨリ敵艦隊ヲ撃滅セントス」

「みんな、わたしに続いて!! 『島風』、砲雷撃戦、はいりまーす!!!


帝國海軍伝統の旗艦先頭単縦陣で、戦隊は敵包囲艦隊へと突撃。
敵艦隊からの熾烈な砲火―――

第一水雷戦隊は驅逐艦で編成されている。驅逐艦という艦種上、砲戦力では巡洋艦以上の大艦には到底太刀打ちできない。
そのため、雷撃重視の兵裝でキス島へと出撃してきている。

砲射程の短さゆえ、いまはただ撃たれるがまま...

艦娘たちにできることは、身軽さを武器にした回避行動で直撃弾をひたすら躱しつづけることだけ。

だがそれにも限度がある。
旗艦『島風』が敵巡の一弾を喰らい小破。
そしてついに直撃弾が『不知火』に……

130624e

激しい砲撃の水柱のなかに、『不知火』の艦影が没しさる―――

「わたしが沈む……? ほんとに……?」


『不知火』、轟沈す―――







































130624f

誰もが沈没を疑わない中、崩れ落ちる水柱の中から、応急修理で危急を脱した『不知火』の姿が……
『不知火』より各艦に電信が届く。

「本艦損傷甚大ナルモ航行ニ差支ナシ『潮』ニ続航進撃ス」


夜のとばりが戦場を覆い隠すなか...

我が水雷戦隊の反撃が始まる―――!!

130624g

夜戦において敵を殲滅すべく、各艦娘は砲をおろし、雷装を増強してきた。
いま、その雷裝強化による夜間雷撃力を敵に示すときがきた……

「旗艦ヨリ各艦、コレヨリ統制魚雷戦ヲ実施ス 各艦、任意ノ敵ヲ攻撃セヨ!!!


旗艦からの号令一下、必殺の九三式酸素魚雷が漆黒の海面へと射ち出される―――

130624h
130624i
130624j

無数の魚雷が次々、敵深海棲艦の艦腹を刺し貫き、炸裂する。
1艦、また1艦と、断末魔の叫びとともに沈んでいく……

最後の敵巡リ級の轟沈を以て、海上を制するは我が戦隊のみとなった。
生き残った輸送ワ級は、闇を隠れ蓑に逃走し去った―――

砲雷撃戦の残滓である硝煙と、撃沈した敵艦から立ち上る黒煙が、暗夜の海上にさびしく漂っていく...

130624x

潰滅した敵艦列を見向きもせず、各艦娘はキス島の収容点へと進んでいく―――

霧に閉ざされた海面に殷々と響き渡った戰鬪音に固唾を呑んでいた守備隊は、発光信号とともに姿を見せた一水戦の各艦を目の当たりにし、期せずして随所から万歳の歓声が沸きあがった。

敵水上打撃部隊が態勢を整え、反撃に転じる前に収容を終え、撤収する。
各艦は着の身着のままの将兵を迅速に収容し、夜明けを待たずに各艦抜錨。
粛々とキス島をあとにし、帰途についた―――

130624k

第二次作戦でついにキス島守備隊の撤収を成功させた。
これにより、我が聯合艦隊は北方戦域の戦線整理を完遂、敵北方部隊の蝟集するアルフォンシーノ方面での作戦行動が可能となった。

130624m

キス島撤収を成功させた一水戦は、ついに1艦の喪失艦を出すこともなく、全艦娘は無事に母港鎮守府へと凱旋した。

130624n

二度目の戰鬪で無事、キス島マップ、クリアしました。

ワルナンデス司令長官やくろむ司令長官の作戰進行状況を見る限り、くろちゃんの驅逐艦部隊で確実に突破できるか不安でした(´・ω・`)

とりわけ、目的地の手前で強力な戰艦部隊と確実にあたりますからね、それなら……
と、今回は次のような手段を講じました。

1.応急修理要員のセット
くろちゃんは基本、戰鬪で艦娘を捨て駒にする気はないので、沈むのが嫌なら……ということで応急修理をスロットにいれました。
兵裝が一つ減りますが、手塩にかけて育てた愛艦娘を喪うのとどっちが重要かを考えれば、おのずと答えは出てきますネ。

2.雷撃戦主体
驅逐艦に搭載できる砲は最大でも12糎7が限界。その打撃力はさほど強くはない。
となれば、改にしてもただでさえ少ないスロットに砲をいれる必要はない。だって敵に打撃与えられるか不安ですから。

そこで、魚雷発射管です。
五聯裝をもっているならそれが一番ですが、くろちゃんとこの兵器在庫にあるのは四聯裝酸素魚雷発射管が最強。

3スロットのうち、応急修理をのぞいた2箇所に発射管をセット。

あとは近代化改修で雷撃を少なからず上げておけばそれで十分。
実際、『不知火』と『潮』の2艦は近代化してないですから。

ちなみに、くろちゃんの第一水雷戦隊6艦は、画像にあるように、キラキラしてません。しなくても逝けますからね。おっと、字が違う字が違う...


あとはもう、渦潮ルートをとってくれるよう羅針盤にgood-jobしてもらうのと、戰艦戰鬪でいかに被害を抑えられるかですね。
これはともに、運頼り神頼みの類。

あとは……

そうですね、やはり帝國海軍ならこれしかないですね。

必勝の信念をもって、戦場に臨むことですかね。

断じておこなえば鬼神これをも避く―――

ですネ。

ま、出撃させた艦娘たちを信頼してあげることです。
提督が信じていれば、彼女たちは決して期待を裏切りませんからネ。


「提督ぅ、なんかカッコEこと言ってるけど、maintenanceのあいだずっとわたしに抱き着きながらじゃサマにならないヨ?」


『金剛』まぢ可愛いからしかたありません(`・ω・´)キリッ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

大和型戰艦1艦分

はおヾ('ヮ'*)ノ

無慈悲な通信エラーでネコに腹パンしたい人続出な週末の夜、いかがお過ごしのことでせう。

無慈悲すぎるエラーでさしものくろちゃんも出撃を見合わせる状況―――

やむなく遠征Onlineにシフトし、蓄財に励むことに...
そこで(゜∀゜)ティン!!!
とキたのです、はひ。

そうだ、開発やろう。

というわけで、思い立ったが吉日と...

でもその前に―――

ナニを開発しようか...

航空兵力増強を兼ねて、旗艦『翔鶴』のもと烈風の増産をもくろむか、彩雲をもう1箇飛行隊つくるべきか...

『金剛』旗艦に新型電探を開発すべきか...

『島風』か『夕張』あたりを旗艦に、新型対潜裝備を開発すべきか...

『長門』を旗艦に18吋主砲を開発すべきか...

むろん、開発するからといって必ずしもできるわけじゃないのが艦これの開発。

ヘタすればただヽ資材の浪費に終わることも……

「『瑞鶴』に備えて蓄財すべきだが……やってみるべきだろ、開発提督の十字架を背負うなら」
130623c

というわけで、『瑞鶴』建造に備えてボーキサイトの消費を抑えるため、そして大艦巨砲主義者として、ここはやはり戰艦の砲戦能力向上をはかるべき―――

なので主砲開発、とりわけ18吋主砲をめざしマス。

せめて16吋でもいいからキてょすぃ……(゜д゜)

というわけで、兵器開発、まずは1回目―――


180623

しょっぱなキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

18吋砲、まさかの一撃登場。
なにこれこわひ18吋砲こわひ。

「まてまて。たかが1回。ラッキー・ストライクってなもんだ。珈琲でも呑んで落ち着けよ」
130623d








































130623b
130623e

2回目も18吋砲キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

限定イヴェントのときに入手した18吋砲とあわせて、ぢつに3基の18吋砲を保有することになったくろちゃん率いる聯合艦隊。

『大和』型戰艦1艦分の主砲を保有でき、これで『金剛』、『榛名』、『長門』に各1基ずつ配備できます。
できれば、あと『陸奥』の1基分も欲しいですが...

欲を出したら来るものも来ない気がするので、今回はこれで終わらせマス。

最後に―――

画像に手を加えた捏造と思われてもアレなので...

130623f



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

瑞鳳はどこにありや?全世界は知らんと欲す

はおヾ('ヮ'*)ノ

鳴り物入りで日本を出港したヨットが本州東方海上およそ1,200粁で遭難したということで、多くの人は安否を気遣い、海自機による早期の救難を待ち望んだことでせう。
海自機がでているので、自分は救難については不安を覚えませんでしたネ。
むしろ、東方海上1,200粁という海域に、かつて、何十隻という漁船の群れが、過酷な任務に就いていたことを思い出させていただきましタ。

太平洋戦争開戦直前、日本海軍は本州東方海上の早期警戒網の構築に着手しました。
地図を見ればわかるとおり、日本本土の東は広大な太平洋で、米艦隊の侵入を防ぐ基地を設けられる島は全くありません。
唯一の手段は、艦船のみ―――

日本海軍は本土の遠洋漁船団を徴用し、特設監視艇として北方警戒の聯合艦隊・第五艦隊の指揮下に組み入れます。
おおくの漁船は当時としては大型の150噸~80噸級で、これらの漁船には海軍の基地で無線機の取付作業が行なわれ、いくつかの武器が運び込まれました。武器といっても、監視艇の存在を敵に覚られないことを重視したため、目立ちやすい大型の武器は装備せず、7粍7の軽機関銃1挺と数挺の小銃だけでした。
特設監視艇には14~20人ほどが乗り込み、半数は軍属として徴用された漁師や船員で、のこりは海軍軍人でした。

昭和17年2月、改装を終えた76隻の漁船改め特設監視艇は、第五艦隊・第二二戦隊として、本土東方海上の哨戒任務に出撃します。これら20隻ちかくの3隊にわけられ、東経155~160度、北緯30~50度の海域に展開し、20日間ほどの哨戒任務に就きます。20日間経過すると、別の隊と交替するわけです。

これら哨戒隊は昭和17年4月18日、悲劇に見舞われます。
この日、本土東方海上1,200粁の海域にいた第2哨戒隊所属の第二三日東丸は、空母を基幹とする米艦隊を発見します。

130622h
第二三日東丸

この艦隊はウィリアム・フレデリック・ハルゼー少将が指揮を執る第16任務部隊で、空母USS『エンタープライズ』CV-6、USS『ホーネット』CV-8を主力とし、その任務はジェイムズ・ハロルド・ドーリットル陸軍中佐率いる中型双発爆撃機ノースアメリカンB-25B改ミッチェル16機による、東京をはじめとした日本本土空襲にありました。
米軍はまさか日本本土から1,000粁以上も離れた海上に日本側の哨戒網があるとは思いもよらず、本土空襲計画が露呈しているのではとあわてます。
それでも、敵発見を打電される前に始末しろと、『エンタープライズ』から艦載機が発艦(『ホーネット』にはB-25が積まれていたためこのときは発艦不可)し、巡洋艦USS『ナッシュビル』CL-43が砲撃を開始しました。

第二三日東丸は激しい砲爆撃を浴びながらも、複数の敵情を発信しつづけ、ついに沈没。乗員全員が死亡。
さらに周辺海域に探査の手を広げた米軍は、12隻の監視艇を攻撃し、うち4隻が沈没。戦死者は日東丸も含め33名にのぼりました。

本土東方のはるかかなたの海上で、かつてそのような戦いがあったことを忘れないでいただきたいですね。


さて艦これ―――

『瑞鳳』を求めてやまない戦士たちよ、今日も逝くだろ、カレー洋を……

ということで...

130622

第一遊撃部隊、カレー洋に再度侵入。
囚われの姫君たる『瑞鳳』を救い出すのであル。

最初は水上艦と潜水艦の混成部隊。

前回の交戦により、このような部隊では我が軍の進撃を阻害すらできまいて……

130519f

ところがすべては塞翁が馬。

130622b

まさかの敵潜の反撃で『金剛』が小破。
この潜水艦がUSS『シーライオン』SS-315でなかったのが幸いでしたヨ。

敵を殲滅できなかったというこの失態は、ひとえに敵潜を侮った故の慢心によるもの。
勝って兜の緒を締めよ、とはまさにこういうときに言うんですね(・ω・)


130622c

被雷しても、そんなそぶりを示さずに砲撃を続ける『金剛』ちゃんマヂ健気。

くろちゃんはそんな『金剛』と『榛名』の姉妹を応援しまス。

角川がコラボでこの姉妹のグッズだしたらソッコ→買いそうですわ、こわいわぁ(*´ω`)


130622d

そんな『金剛』の献身っぷりを真っ向から否定する言語道断な悪辣非道な存在が羅針盤。

またぞろ針を南に向けやがったDEATH
忌々しいのDEATH

まぁ、こうなるだろうとなかば予想して、輸送船撃沈クエ受けてはいましたけどね……

130622e

羅針盤はもう少し、現場の実情を把握して針の指す方向をキメるべきですね。


羅針盤への苦言はまぁいいとして―――

次回のメンテか、ちかいうちに『瑞鶴』の建造が始まるやもしれませぬ。

そこで……

130622f

はい、課金しました!!

しかもドッグ開放ですドッグ!!!

130622g

建造用船渠4つに倍増。

これで修理用船渠4つとともに、船渠は現時点における最大規模にまで拡充完了です。

『瑞鶴』建造に向けて、我が軍はさらなる邁進をつづける構えです、はひヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

新しい艦娘を求めて

はおヾ('ヮ'*)ノ

前回のうpデートで『瑞鶴』がこなかったため、貯め込んだ資材がこのままでは溢れちゃいますのでね。

それ奈良!!

といふことで、『瑞鳳』を狙って建造してみることにしたのですよ。

建造時間2時間40分。

ただし『祥鳳』型の空母なので、この時間でも『瑞鳳』になるとは限らなひ……

実際、『祥鳳』きちゃいましたネ( 0w0)

建造がダメならカレー洋いって奪えバインダー
といふことで―――

130621b

カレー方面へ向かいマス。

キス島方面での空母航空兵力を補うため、疲労激しい『飛龍』のかわりに……と、『千歳』、『千代田』を育成していたのですが...

『飛龍』さん、あっさりと疲労回復してもどってきちゃいまシタ。

疲労がポンと恢復する白いお薬を使用したわけじゃないのに、見事な元気溌剌ぶりでした、はひ。

130621

空母の『千歳』は改にすると『翔鶴』のときに装備していた噴進砲をもってくるんですね。
これで対空火力がまたぞろ強くなりマス。

『千歳』を艦隊に加えることもなく、『飛龍』をそのまま連れて第一遊撃部隊、カレー方面で最初の戰鬪開始です。

130621c

針路は東寄り。
西回りの航路をとってくれたほうが良かったんだけどね...

ここでの戰鬪は潜水艦と水上艦の組み合わせ。
西方海域では潜水艦の活動が予想できていたので、こちらもそれに対抗すべく対潜裝備の二等巡洋艦と驅逐艦を配備している―――
ぬかりはなひ(・ω・)


130621d

初動の航空攻撃で水上艦はほぼ壊滅。『金剛』の砲撃で生き残った驅逐艦を撃沈し、あとは『夕張』と『不知火』の独壇場。
潜水艦3艦、あっさりと殲滅し戰鬪終了。

夜戦で潜水艦を撃沈したことはないんだけど、夜戦ではどうやったら潜水艦を撃沈できるんだろう...


艦隊は進撃し、最後の分岐点に―――

ここの敵を撃破して、羅針盤が仕事してくれればいよいよ...


130621e

ここの敵は機動部隊。
対潜戰を想定して輪形陣にしたのだけど、結果としてよかったよ→ですネ。

輕空母とはいえ、空母3艦は脅威です。
速攻でしとめたいところだけど...

あいもかわらず、我が艦娘たちは随伴艦ばかり狙い撃つ...

敵深海棲艦隊はこちらの空母を狙撃してくるといふのに―――

この点については、うちの艦娘たちは敵を見習ってほしいですネ。


130621f

最終的に、さしたる被害もなく敵機動部隊を撃滅。
我が艦娘も全艦健在。
これで最終戦も...

130621g

デスヨネー( 0w0)

そろそろ...

羅針盤とは一度、本格的にホンキで決着をつけねばいかんよ→ですネ(・ω・)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

キス島撤収作戰-(第一次)-

はおヾ('ヮ'*)ノ

朝は涼しいと思ったら、雨が降って徐々にじっとりと……
梅雨時はエアコンにサーキュレーターと、人工的に涼をとる方法が必須ですね。

そんな水無月の夕暮れです、ごきげんよう。

本日、艦これブログをいくつか追加しました。

にくにくやさいさん
直天堂さん
SANとか艦とかさん


につづいて、

艦隊これくしょん~艦これ~の艦娘育成記録さん
艦これ海軍史~ダメ提督の野望~さん
あんこちゃんのゲームライフさん
とある艦これ司令官の始末書さん


を追加です。
さすがに提督数70k超えともなると、ブログやらなにやらも増えてきてますね。
喜ばしいことなのです。


さて、今回は―――

「蒸し暑いときはやっぱ北の海よね!!! え、そんなのわたしだけ?? ひどーい」

というわけで、キス島撤収作戰、開始です。

蒸し暑さを逃れるためだけに戦地から引き揚げさせられる...
艦これ世界の地上部隊は悲惨やでぇ( 0w0)

キス島からの撤収には、驅逐艦のみで艦隊を構成しないといけないわけで...

第一水雷戦隊から選抜した精鋭の驅逐艦娘に、キス島で半ば孤立無援の状況下で抵抗を続ける地上部隊の撤収を命じた次第。

実際のキスカ島撤収では、総括を北方海域を管轄する第五艦隊(司令長官:川瀬四郎中将)が行ない、実施部隊として第一水雷戦隊(司令官:木村昌福少将)がキスカ島に乗り込み、部隊を引き揚げさせることになります。

回収する地上部隊は、北方軍司令官の樋口季一郎中将、北海守備隊(隊長:峯木十一朗少将)の陸兵およそ2,700名。海軍五一根拠地隊(司令官:秋山勝三少将)の海軍歩兵およそ2,800名。

木村司令官が率いる撤収兵力は、

◆第一水雷戦隊
二等巡洋艦1艦
軍艦『阿武隈』

驅逐艦11艦
『島風』、『朝雲』、『薄雲』、『夕雲』、『長波』
『秋雲』、『風雲』、『若葉』、『初霜』、『五月雨』、『響』

海防艦1艦
『国後』

補給船1隻
『日本丸』


艦これではキス島からどれほどの兵力を引き揚げさせるかは不明ですが、参加兵力は驅逐艦6艦。
史実に比べ過少な戦力ですが、1箇艦隊の編制上限が6艦なので、これは致し方ないところ。

130620e

選抜の第一水雷戦隊は以上の6艦。
今回の作戰では、敵の有力な水上艦隊が蝟集しているところへ突入することから、高速を利して敵の警戒網を突破、妨害するものあらば遠距離雷撃戦でこれを撃攘するため、近代化改修で個艦能力が高めの艦娘をちょいす。

本来であれば、囮役として捨てゴマ扱いの未改艦を加えるのが兵理上、作戦成功のカギかもしれませんが...

いくら近代化素材とクエストの廃艦以外に使わない驅逐艦娘とはいえ、そのように捨てゴマ扱いはさすがに、ね……

ただし、最終警戒網突破時における、敵艦と刺し違えての戰没は覚悟しています。

願わくば、史実とおりに戰没艦を出さずに任務を成功させたいところ―――


130620f

戦隊旗艦は『島風』。
史実に沿って、兵裝に電探を裝備。
うずしおに突入しても、これなら無駄な損失を軽減できますネ。

敵との戰鬪で効果を発揮するかはビミョーですが...


130620g

参加する艦娘の兵裝はこんな具合。
損失防止のため、応急要員を搭載。

そして―――

ブリキ罐と称される驅逐艦の豆鉄砲では、敵艦に致命打を与えるのは困難。
よって、各艦娘は砲熕類をおろし、魚雷発射管を追加裝備。

途中の敵艦隊は耐え忍び、戦術的敗北になってもいいので強行突破するけど、最後の包囲艦隊との戰鬪はなんとしても勝たなければいけない。
よって、我が軍の驅逐艦娘は本来の建造意図に基づいて行動します。

つまり―――

水雷戦によって、とりわけ、夜間雷撃戦において敵を殲滅する。

暗夜の海上にあって、長距離雷撃戦で敵艦を屠り、1箇驅逐隊4艦で敵戰艦1艦をしとめることを目標に訓練してきた、その真価を発揮すべきときです。


130620h

東方に展開している敵水雷戦隊を躱し、うずしおでちょこっと痛手を蒙ったものの、第一水雷戦隊は敵主力部隊に突入―――
ここを突破し、包囲艦隊を破れば...

キス島まであとわずかです。


130620i

2度におよぶ敵戰艦の砲火をかいくぐり、2艦大破という被害を出しつつ突破に成功。
2艦損傷程度なら、まだ勝ち目はあります。

さぁ、いよいよ最終戦...

その先に、霧の海に沈む、まだ見ぬ島・キスが―――








































130620j


     orz


「連装砲ちゃん!! こんな使えない羅針盤なんか撃っちゃえ!!!


以下、GF司令部に着電した戦闘情況報告―――

島風機密第二〇一八三八番電
第一水雷戦隊ハ一七三〇キス島南方到達一八一五キス島南岸沖ニ至ル間ニ於テ 有力ナル敵艦隊ト最後迄各艦娘奮戦セシモ我ノ他 砲雷撃ヲ受ケ損傷セリ 本戦隊最後迄戦場ニ在リシモ致命打ヲ与ウルニ至ラズ 敵ハ巧ニ島影ヲ利用 分散配置ヲ取リ 電測ヲ極度利用シアル為敵情ヲ明ニシ得ズ 一応戦場ヲ避退後図ヲ計ルベク南下中
潮 雷 至近敵巡洋艦砲弾敵戰艦主砲ノ命中弾ニ依リ燃料庫 艦底外鈑及ビ機械室水線下ニ破口亀裂右舷軸室艦底ニ亀裂 転輪羅針儀被損セシ他 艦体兵器ニ被害アルモ両艦航行ニ差支ナシ爾後ノ行動ニ関シ指令ヲ乞ウ




壁|'-')ノよいお年を。
関連記事