徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

軍艦-WoWS-

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今日はひさしぶりにWoWS。
ランダム戰はマッチングまで時間がかかるので、もっぱらCOOP戰。
夕方以降になると開始までの時間がWoT並みにはやくなるんだけどね。


171016

帝政獨逸海軍のプレ・ジュトランド級戰艦『ケーニヒ』。

『ケーニヒ』級戰艦の1番艦で、ちかごろ我が艦隊に配備されました。
12吋主砲はちょっと頼りない感じがするけど、当たり所さえよければ十分に敵戰艦に打撃を与えられるのでいいですね。


171016b

帝政獨逸海軍の『ドレスデン』級防護巡洋艦『ドレスデン』。

この艦で挙げた撃沈7艦は、我が艦隊でいまだ破られない記録です。
同型の『エムデン』もありましたが、そっちは売却しちゃいました。


171016c

防護巡洋艦とは、19世紀末から20世紀初頭にかけて配備された艦種で、舷側裝甲をもたず、主機などの主要部の上面に裝甲を張った輕裝甲の巡洋艦です。
同時期には似たような艦種で裝甲巡洋艦というのもあり、こっちは舷側裝甲を備えた防禦力のある艦です。
裝甲巡洋艦はこのあと巡洋戰艦へと拡大発展していき、防護巡洋艦は巡洋艦の系統をたどり、1930年に排水量と備砲の大きさによる区別を受けて、輕巡洋艦・重巡洋艦へと進化していきました。


171016d

蘇維埃海軍『キーロフ』級巡洋艦『キーロフ』。

18糎砲の貫通威力が高い、火力重視の巡洋艦で、自分の腕でもそれなりに打撃を与えられるので好きな艦ですね。
ただ、裝甲が薄いので調子こいて照準モードで射撃ばかりして周囲への警戒を疎かにすると、いきなり敵弾にヴァイタル・パートをブチ抜かれて轟爆沈したりするので、なにごともほどほどが一番です。

昭和5年(1930年)の倫敦海軍軍縮条約で、巡洋艦は排水量と備砲により輕巡洋艦・重巡洋艦に区別されるようになりました。
蘇維埃聯邦はこの条約に調印していないので、蘇維埃の巡洋艦を重巡・輕巡という区別をする必要はありません。


171016e

蘇維埃海軍巡洋艦『ムルマンスク』。

課金艦としてはなかなかイイ性能を持つ巡洋艦で、ミドルTierでは我が艦隊の主力巡洋艦の一つです。

装填速度の速い6吋砲彈を大量にバラ撒けるのが魅力ですね。艦尾の魚雷發射管は...まぁ近接戰鬪時の切り札と言ったところです。


171016f

この艦は米海軍が1920年代初頭に建造した『オマハ』級輕巡洋艦『ミルウォーキー』CL-5で、昭和19年(1944年)にレンド・リース法により蘇維埃海軍に貸し出され、『ムルマンスク』と名付けられました。

昭和24年に米海軍に返還され、そのまま海軍に復帰することなく廃棄処分されました。


WoWSはよく動画を撮ってましたが、保存用に使っている外付けHDDが古いので、最近はもっぱらssだけです。

安くなっているからHDD買いたいですが、クルマにお金かけているので、当分は中ブルのHDDに頑張ってもらいます。



壁|'-')ノよいお年を。
スポンサーサイト

台場

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

アズールレーンで愛宕がでません。

高雄を書記艦としても来ませんでした。
多量のキューブと資金を無駄に乱費した、超A級戰犯―――建造に対する罪―――として高雄は除隊廃艦処分といたしました。
おお、なんという独裁・独善的指導指揮態勢。

なお、ウェールズとヴァンパイアは☆MAXまでいけるほど建造できました( ゚ω゚ )

今日は―――

171005

台場に逝きました。

台場公園。
幕府が幕末時に建設し、旧軍が引き継ぎ、最終的に公園となりました。
そんな公園。

そこへ―――

171005c

うちのベルが遊びに来たわけです。

慣れぬクルマで怯えていましたが、車外に出て涼しい潮風を浴びてご機嫌です。

てかご機嫌すぎてマヂ走り回るので大変でした( ゚ω゚ )

うさぎ用リードをちゃんと付けて正解でした。

でなかったら走り回るベルと鬼ごっこをするハメになっていたことでせう。

171005b

深い草叢を己の塒とみなしたのか、がっつり埋もれています。

この状態で巣作りしてましたからね、抱っこして引き摺りださないとそのまま居座ったやもしれませぬ。

171005d

うさぎ用リードは本来、首と胴体の2箇所につけるのですが、ベルは胴体につけられるのを心底嫌がり、がじがじに齧って食い千切ってしまうので、首輪だけにしています。

苦しくないように、それでいて簡単にすっぽ抜けない程度には締めてあるので、リードから脱出することはありませぬ。

171005e

台場中心部を望むベル。

中央やや上に位置する複数の点々は、陣屋跡。

初めて来たときは、てっきり休憩用の木製の椅子の風化した後かと思いました。

171005f

レインボー・ブリッジとベル。

砲台の台座上に鎮座。

ようやく夏の暑さともお別れできたので、冬の寒さが訪れる前にまた来てみようと思います。



壁|'-')ノよいお年を。

しゅがーはーと

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

昨日、デレステのガチャが更新されました。

スカチケこみの2周年ガチャを購入しましてね。
なにせウチはガチャの引きがヒドすぎて、目当てのコがとんと来ないものでしてね。

スカチケでSSRのコたちを呼び込むのが錢このかからない一番のやりかたなんですよ、ええ。

今回はそれでSSR八神マキノ嬢をお招きしましてね。

ほいでもって、10連ガチャチケを使ったわけです。

ちなみに、現在、2周年記念で10連無料となっていますが、すでに2回ひいてますが、ともにロクなのが来ていません。いつものことです。達観しております。

んなわけで、ガチャチケも期待はしていなかったんですね。

170904

でも、いままでのガチャ運の悪さは、いま、この時のためにあったんだなと実感した次第。

しゅがーはーとさんが来てくれるとは予想だにしておりませんでしたぞ( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。

大洗

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今日は大洗へ逝ってきたのでした。

170901

大洗磯前神社より太平洋。
劇場版ではここからあんこうのⅣ號とカチューシャのT-34-85、IS-2が階段を驅け下りていきましたね。


170901d

階段はこんな感じ。

めがっさ急ですね。
いかに戰車でも滑り落ちていくしかない感じですね。


170901b

左に何かありますね( ゚ω゚ )


170901c

絵馬ですね。
大洗では日常のよくある風景です。

今冬の最終章も期待しております。


170901e

磯前神社に来たらここは必ず寄ることにしています。

帝國海軍二等巡洋艦『那珂』の忠魂の碑。

艦名の由来は大洗の北、水戸との境に流れる那珂川ですからね。


170901f

台風の影響で海は大荒れ。

劇場版ではこの手前の海岸を戰車が驅け抜け、プラウダのKV-2がホテル2つを華麗に破壊して横倒しになったわけですが、戰車が華麗に通れないほど岩と波だらけでした。


170901g

マリンタワー。
夜明け前から常磐道を走って、食事をとらずにきたのはこれのため。

ここの2階にあるガルパン喫茶。

画像がナナメっているのは台風による強風で煽られたためです( ゚ω゚ )


170901h

呼び鈴が戰車でした。

TV版5話の戰車喫茶に置いてあったアレですね。戰車は違いますが。

ちなみに、TV版ではドラゴン・ワゴンがケーキを運んできましたが、ガルパン喫茶では店員さんが運んできます。


170901i

今夏、いろいろバタバタしていたガルパン・ギャラリーももとの場所に戻ってきました。

今日の目的はボコのモバイル・バッテリーとアンツィオのサンシェード。


170901j

アニメでの場面をジオラマ化して展示していました。


艦これやらずに大洗逝ってました。
台風きてたけど大洗は風が強いだけで問題なしでした。

沙織ちゃんとダージリンさまは最高ですね、そんな1日でした。



壁|'-')ノよいお年を。

横須賀

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今日は横須賀に行ってきました。

目的は、近頃、横須賀の地に鎮座ましました軍艦『陸奥』の16吋主砲身。
横須賀軍港に面したヴェルニー公園に置かれているというので、風雨強い中、首都高と横横を飛ばして行ってきました。

ヴェルニー公園を横須賀線横須賀驛の方へと歩いていくと...

170816yy2

ヴェルニー記念館の前に設置されている16吋主砲身が見えてきました。

砲身だけとはいえ、その大きさたるやなかなかのものでした。

これを2本備えた重々しい主砲塔が4基、ぐるりと旋回し、怒れる鉄槌を敵艦に見舞うことができればよかったのですが...

170816yy
170816yy3


砲身を見に来たついでに、海軍関係の碑もいくつか見に行きました。

時間があれば横須賀市内を中心に散策できたんですが...

170816yy4
170816yy5
170816yy6


ヴェルニー公園は横須賀港に面しているので―――

当然のことながら日米双方の艦艇を見ることができるわけです。

170816yy7

米海軍基地に海上自衛隊の潜水艦が碇泊。


170816yy8

『アーレイ・バーグ』級のイージス驅逐艦や潜水艦。


170816yy9

海上自衛隊の大型護衛艦『いずも』DDH-183もいました。

雨風強いなかでも、軍港めぐりの船は定期的に出航していました。

時間があれば事前に予約して乗っていたんですが...


最後に―――

170816yy10

自分へのお土産ヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。

大戰末期・戰後の帝國海軍艦艇

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

寒い日の午後は動かざること保温のごとし、といふわけで、艦隊運用もお休み風味です。
そんなときは、旧軍の画像でお茶を濁すのが我が徒然なる戰藻録の基本形。

なので今回も旧海軍艦艇画像の御紹介ですヽ(゚∀゚)ノ

今回は大戰終盤から戰後にかけて撮影された画像がメインです。


◆驅逐艦 潮
170108

『潮』は捷一號作戰参加後、比律賓・馬尼剌(フィリッピン・マニラ)で昭和19年11月、空襲により撃破され内地に帰還。横須賀にて修理ののち、予備艦として横須賀に繋留されたまま終戦を迎えました。
艦首の5吋主砲や機銃も外された状態となっています。


◆戰艦 伊勢
170108b

呉軍港で米空母機の激しい空襲により撃破、倉橋島の海岸に着底した『伊勢』。
着底したとはいえ、『伊勢』型の前檣楼に目立った被害は見受けられず、仰角をかけた第二主砲とあいまって、主力艦としての威容はまだ残っています。
前檣楼に迷彩が施されているのが判別できます。


◆航空母艦 天城
170108c

ミッドウェイ海戰における空母4艦の喪失を受けて急遽、量産化がすすめられて建造された『天城』は、しかし完成時期が昭和19年8月と遅かったために、空母機動部隊の一員として活躍することなく予備艦となりました。
昭和20年7月の呉大空襲で米空母機の攻撃を受けた同艦は三ツ子島にて横転、そのまま浮揚修復されることもなく終戰を迎えました。


◆練習特務艦 敷島
170108d

明治37~38年の對露戰役で『三笠』とともに主力戰艦として活躍した『敷島』は、大正14年(1925年)に練習特務艦に艦種変更されました。以後、佐世保鎮守府管轄の練習実務艦として運用され、終戦後は佐世保・恵比寿灣に繋留放置されました。
画像は昭和21年暮れごろのもので、整備されずに放置されていたため浸水により傾斜しています。


◆特設航空母艦 海鷹
170108e

優秀船舶建造助成施設により建造された民間船舶『あるぜんちな丸』を、海軍が購入して特設航空母艦『海鷹(かいよう)』として完成させました。
小型低速艦ゆえに空母艦隊戰に動員されることなく船団護衛や航空機輸送に従事、昭和20年から別府湾で標的艦として使用されました。
画像は昭和21年9月に撮影された、別府湾日ノ出海岸に擱座した『海鷹』。


◆航空母艦 葛城
170108g

撃破損傷状態で終戰を迎えた『葛城』は、外地に取り残された軍人軍属、邦人を内地に引き揚げさせる特別輸送艦として運用されました。多数の航空機を収容・整備する格納甲板は人員輸送に適していたこともあり、最大でおよそ3,000人の輸送能力を発揮できました。
画像は昭和21年4月、ラバウルからの引き揚げ者を乗せて久里浜沖に帰還した『葛城』。


◆航空母艦 鳳翔
170108h

計画・設計段階から空母として建造された世界初の航空母艦である『鳳翔』は、終戰時に健在な姿を維持した唯一の日本空母でした。
『鳳翔』は海防の要として23年間、外敵より國民を護る軍務に服したのち、戰後は外地に取り残された國民を祖國へ帰還させるという、海外で飢餓と病気、道端で漫然と死を待つほかなかった人々を救う、軍艦として誇りある任務を全うし、昭和22年5月、すべての責務から解放されました。
画像は昭和21年4月に浦賀沖で撮影された『鳳翔』。


◆二等巡洋艦 北上
170108i

終戰時、航行不能状態であった『北上』は引き揚げ任務の特別輸送艦には指定されず、特別輸送艦を整備する工作艦として鹿児島に配備されました。
当時、引揚艦船は人員不足から満足な整備を受けられずに運用されており、度重なるトラブルに悩まされていました。『北上』はおなじく工作艦に指定された『冬月』、『第一七四號輸送艦』とともに、多くの引揚艦船の整備補修作業を請け負いました。
画像は昭和21年7月に長崎港で撮影されたもので、すでに工作艦任務を解かれ、解体を待つだけとなっていました。


◆練習巡洋艦 鹿島
170108j

練習実務用に建造された『鹿島』は、姉(香取)と妹(香椎)を喪ったあとも輸送任務などに従事し、終戰時に良好な状態を保った唯一の巡洋艦でした。※ほかに旧式巡洋艦『八雲』が健在。
『鹿島』は武裝を撤去し、両舷に日の丸を描き、ローマ字で艦名を記す特別輸送艦に改修され、復員輸送に従事しました。


◆運送艦 早埼
170108k

『間宮』、『伊良湖』とちがい、生鮮食料や冷凍食料などの輸送を担った給糧艦で、昭和17年の竣工後、南東方面から南西方面、中部太平洋と、日本軍勢力圏内各地へ食糧を輸送しました。
冷凍品や生鮮食品を扱ったことから、『間宮』などと同じく将兵から到着を待ち望まれた艦でした。
画像は昭和22年、佐世保に碇泊中の特別輸送艦『早埼』。


◆水雷艇 雉
170108l

『鴻(おおとり)』型水雷艇5番艇の『雉』は、姉妹艇7艇が戰歿したなか唯一の生き残り艇で、戰後は復員輸送の特別輸送艦に改修されました。
画像は昭和22年、佐世保に繋留中の『雉』。


◆運送艦 宗谷
170108m

東京湾に2017年現在、なお保存状態で浮かんでいる『宗谷』は、昭和14年に海軍が買い上げた民間船舶で、海軍はこれを北方用の砕氷艦として運用しました。
戰後、その砕氷能力を活かすべく、樺太からの邦人引き揚げ作業に従事しました。特別輸送艦任務を解かれた後、解体かと思われましたが海上保安庁の燈台補給船に転身しました。その後は南極観測船として活躍しました。
画像は昭和22年、小樽港に浮かぶ特別輸送艦『宗谷』。


◆伊號第四〇〇潜水艦
170108n

昭和20年8月末に撮影されたもので、隣接する大型船は米海軍の潜水母艦USS『プロテウス』AS-19。
『伊四〇〇潜』は西太平洋ウルシー環礁の米艦隊泊地航空奇襲攻撃を目論んで出撃しましたが、洋上で終戰となり、米軍に投降しました。
画像は横須賀での撮影で、撮影者は『伊號一四潜水艦』の甲板上から撮影しています。


◆波號第一〇一型潜水艦
170108o

終戰時に佐世保で撮影された『波號一〇一型潜水艦』と航空母艦『伊吹』。
『伊吹』は改『鈴谷』型巡洋艦をベースに空母として建造されましたが、昭和20年3月に工事中止となり、そのまま放置されました。
『伊吹』の舷側に並んでいるのは右から『波一〇九潜』、『波一〇六潜』、『波一〇五潜』。以前にもカルく紹介しましたが、『波號一〇一型潜水艦』は輸送用潜水艦として建造された艦です。


◆航空母艦 笠置
170108p

『雲龍』型航空母艦の4番艦として建造された本艦は、佐世保工廠で艤装中の段階で工事中止となりました。
自力航行は不可能な状態で艤装中止、そのまま終戰となったため、『葛城』のように特別輸送艦に改修されることなく解体されました。


◆航空母艦 伊吹
170108q

ミッドウェイ海戰での空母4艦喪失の穴埋めとして、巡洋艦ベースの空母として建造されました。しかし、完成が昭和20年にずれ込み、そのころには空母機動部隊を構成する能力を日本海軍は喪っていたため、昭和20年3月、8割方完成していた本艦の建造を中止しました。
画像は昭和21年10月、旧佐世保海軍工廠第7船渠で解体作業を始める前の『伊吹』。


◆航空母艦 龍鳳
170108r

潜水母艦を改造して完成した『龍鳳』は、有事の際に速やかに空母に改造できるよう設計に盛り込んであったこともあり、昭和19年6月の〝あ〟號作戰に機動部隊の空母9艦の1艦として参加することができました。その後は搭載機の不足から船団護衛艦となり、呉で空襲により撃破された状態で終戰を迎えました。
被害が大きいために復員輸送にまわされることなく、昭和21年、解体工事が始まりました。
画像は昭和21年4月、旧呉海軍工廠第3船渠で解体工事が始まった『龍鳳』。


◆驅逐艦 雪風
170108ss

『雪風』は戰後、賠償艦として中華民國(現:臺灣)に引き渡され、『丹陽』と命名されました。
画像は昭和22年、引き渡し準備をすべて終え、中華民國へ向けて出航する前の『雪風』。


◆驅逐艦 初霜
170108t

『初春』型驅逐艦6艦でただ1艦生き残った『初霜』は、昭和20年4月の沖縄水上特攻からも生還、舞鶴に回航され、6月から砲術学校の訓練艦として用いられました。
7月30日、舞鶴空襲で對空戰鬪中に機雷に触れて大破、そのまま終戰を迎えました。
画像は舞鶴・宮津灣にて大破・着底した『初霜』。


◆一等巡洋艦 高雄
170108f

『高雄』は終戰時、新嘉坡(シンガポール)におり、戰後、『妙高』とともに進駐してきた英軍に接収されました。
『高雄』、『妙高』は損傷修理の上、特別輸送艦として復員業務に就く予定がありましたが中止となり、英軍の手で海没処分が決定しました。
『妙高』は昭和21年7月、北緯3度5.6分、東経100度40.6分のマラッカ海峡内にて永眠しました。

『高雄』は昭和21年10月27日、マラッカ海峡にて海没処分されました。
墓所は北緯3度5.5分、東経100度41分です。

画像は処分当日、英軍艦船から撮影された、爆薬点火前の『高雄』。



壁|'-')ノよいお年を。

はいふり

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今日はアキバUDXでイヴェントがあり、そこではいふりの一部グッズも販売するとのことなので逝ってきましタ。

ほいでもって、少し前に注文していたはいふりのX'masケーキも到着。
161224hf00

UDXではスノードームとシャンメリー2本を購入。
161224hf01

背後の皿はケーキ購入特典。
冷凍配送だったので、めがっさ冷え冷えでしタ。

UDXではほかにも缶バッヂも購入。
161224hf02

1回¥300のガチャ仕様。

全8種類ですが、コンプしようとするとエラい金額になりそうなので、5回だけやってきました。

成果は、集合・鈴ちゃん・ココちゃん・しろちゃん・ミーちゃん。

艦長と芽依&志摩コンビがこなかっただけでした。

自分が並んでいたときは、缶バッジガチャでははいふりが一番人気でしたね。
スタッフが途中からはいふり列とそれ以外で分けようかと話し合っていましたしね。

WoWSにも有志の作ったはいふりヴォイスmodをいれましたからね。
今夜はWoWSでちょっとクリスマス中止のお知らせを告知しつつ戦ってきます( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。

はいふりとぽーら

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

イヴェントは9日まで延期ですね。
それはとてもとてもよいことなのです。
E-5クリアが目前の提督さんにとっては朗報でせう。

うちは丙で進行中ですから、まだE-1で『秋月』型量産を狙っていけるだけの時間的余裕はどっさりあります。だいじょうぶ、まだまだ、だいじょうぶ( ゚ω゚ )

さて、本日、はいふりファンブックが現着。

161207

ガルパンとくらべられてあまり目立たなかった作品ですが、くろちゃん的にはかなりスキな作品です。
とくに乗員の女子生徒のキャラデザがよすぎるので、『晴風』クルーの大半が好みというグッズ収集における日本銀行券の大破率が異常という事態に...

161207b

キャラデザがのんのんびよりのあっと氏というのもびっくり。

テレビ版やコミックでは、あっと氏の絵柄だナ、といえる感じは全くしなかったんですけどね。

161207c

くろちゃんお気に入りの一人、水雷長の芽依ちゃん。
「射っちゃう撃っちゃう?」とか、かわいい見た目とは裏腹に主砲に魚雷、機銃に爆雷となんでも撃ちたがるアクティヴ系。好みです、こーゆーコ。

161207d

『武蔵』艦長もかちゃん。
声といい性格といい、くろちゃん的ドすとらいくです、ド直球。
第1話と最後の浦賀水道邀撃戰でしか出番がないけど、来年のOVAでは露出あっぷするか期待したいでありマス。

人物設定画はブルーレイのブックレットにのっているので、新鮮味はありませんが、作品中における『さるしま』戰から最後の浦賀水道邀撃戰までを網羅した戰鬪解説や―――

161207e

羅針艦橋内の各種裝備やレイアウト、横須賀海洋女子の所属艦艇などのデータも掲載。

161207f

艦これも含めて定番の速力通信器。
艦の速力は戰艦や巡洋艦、驅逐艦で当然異なってくるので、戰速が何節になるかは艦ごとに違います。
『大和』型は最大速力27節ですし、『翔鶴』型などは余裕で35節以上の高速を発揮し、アシの速さが自慢の驅逐艦を引き離すことだってあるわけです。

ところで―――
日本海軍では戦前、前進一杯、後進一杯という呼び声、表記が《前進全速》《後進全速》だったはずなんですね。
戦時中には前進一杯、後進一杯になっていましたが...

このあたりについての資料が、部屋のどっかに埋もれているはずなので、なんとか見つけ出したいところです。

161207g

『晴風』カリーのレシピもありました。
やはり日本海軍(海上自衛隊)といったらカリーですネヽ(゚∀゚)ノ


この記事を作成中に―――

161207h

三越コラボのポスターが届きました。

コラボ初日は仕事で銀座に行けなかったので、ネット注文にしたんですよね。

『ポーラ』大好きなくろちゃんとしては、ポスターと手提げ袋を注文しました。
手提げはまだ未発送のようですが...

161207i
1200×1600クラスの大きさの画像になっちゃいました。

まぁ『ポーラ』の可愛さが実感できるのでよしとします。

この三越『ポーラ』と先日、ケッコンカッコカリしましたが、指輪渡してプロポっているのに、ワイングラス片手にぐい呑みしてる『ポーラ』が印象的で、嗚呼やっぱ『ポーラ』は呑んでないとダメだわと悟りました。

161207j

さらにでっかく2400×3200クラスの画像。
どれだけ大きいかをわかってもらうために、連装砲ちゃんたちに参加してもらいました。
なんか大きさ的に合いますねヾ('-'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。