徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

E-2終わり

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

ちゃっちゃとE-2終わらせちゃいましょうか。

170816f

ほんと来なかったでしたね、『擇捉』。
まぁ攻略中にドロップなんざするはずないと思っていましたけどね。

ドロップ系新艦の入手率の低さには定評がありますからね、我が艦隊は( ̄ー ̄)

ああ、こーゆーのは来ます。こーゆーのは。

170816

運営はお任せ(`・ω・´)キリッ

と言いつつ水着でご登場するあたり、彼女に艦隊の運営を任せていいのか悩みますね。

いままで支援部隊は道中のみでしたが、最終戦はそれに加えて決戦支援も出しました。

ただ、それでも敵随伴の驅逐古姫は撃沈ならず、でしたけどね。

170816b

敵1艦に対し夜戰艦4艦、これで勝てると思うのは早計。
『榛名』の攻撃で撃沈など望めず、敵の攻撃で『阿武隈』が大破しようものなら、驅逐艦2艦だけでは撃沈にまで持ち込めないですからね。

敵の攻撃をいかに『阿武隈』以外に向けさせるか、可能であれば空母に向けさせるかがポイントです。

170816c

敵の攻撃で『初月』が大破。

おかげで、『阿武隈』がキッチリ給料に見合うだけの仕事をしてくれました。

ゲージ破壊、完了です。

170816d

春イヴェで配られた二式爆雷、ようやく手に入れました。

そして―――

170816e

『旗風』。

夏イヴェ実装艦のなかで一番のお気に入りが彼女ですね。

このコだけ入手したらもういいや、と思うぐらいにこのコの見た目がいいですね。

『神風』、『春風』とともに袴三羽鴉として売りだそうと思います。


▼第6次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『大淀』

我が艦艇の損害:
中破:『阿武隈』、『初月』
輕微:『瑞鳳』、『朝潮』

自爆・未帰還:32機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
震電 7機
天山(村田隊) 10機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 5機
天山(友永隊) 5機
烈風改 1機


資材消費
燃料:447
彈藥:552
鋼材:81
ボーキサイト:160
高速修理:4



▼最終・第7次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『那智』

我が艦艇の損害:
大破:『瑞鳳』、『初月』
中破:『葛城』
輕微:『朝潮』

自爆・未帰還:36機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 5機
震電 5機
天山(村田隊) 15機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 3機
天山(村田隊) 4機
天山(友永隊) 4機


資材消費
燃料:756
彈藥:1,004
鋼材:260
ボーキサイト:180



■消費総合
自爆・未帰還合計:204機

燃料:3,839
彈藥:4,314
鋼材:1,455
ボーキサイト:1,020
高速修理:16



170816g

可能性は大であります( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。
スポンサーサイト

E-2

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

E-2への進撃開始です。
E-2は乙に落としました。

理由としては、『擇捉』の回収作業があるから。
春イヴェに参加していないので、我が艦隊には海防艦のかの字もないので、できればここで手に入れたいわけです。

周回作業になることを想定し、甲から乙に落としたわけです。

170815

E-2からギミックあり。
Bossへのショートカットがでてくるんですね。
よいことです。

170815b
170815c

これはちゃっちゃっと終わらせました。

乙作戰だから敵の編成もヌルいので、我が戰力がこれに梃子摺るわけがありません。
余裕綽綽、これを撃砕しましたヨ。

170815d

あとはひたすらBossをひっぱたくだけです。

攻撃主力は第三戰隊第一小隊から『榛名』。
水上戰力は二等巡洋艦『阿武隈』、驅逐艦『初月』、『朝潮』改二丁。
母艦戰力は『葛城』、『瑞鳳』。
空母機は、

◆『葛城』搭載
零戰五三型(岩本隊) 18機
震電 21機
天山(村田隊) 27機
彩雲 3機

◆『瑞鳳』搭載
零戰五二型丙(岩井隊) 12機
天山(村田隊) 18機
天山(友永隊) 12機
烈風改 6機

以上117機。

170815e

今日までにとりあえず5回、Bossをひっぱたき終えました。

▼第1次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『飛龍』

我が艦艇の損害:
大破:『阿武隈』、『朝潮』
輕微:『初月』

自爆・未帰還:26機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
震電 3機
天山(村田隊) 10機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 5機
天山(友永隊) 3機


資材消費
燃料:535
彈藥:553
鋼材:196
ボーキサイト:130
高速修理:2



▼第2次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『天龍』

我が艦艇の損害:
大破:『葛城』、『瑞鳳』
輕微:『榛名』、『阿武隈』

自爆・未帰還:24機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
震電 3機
天山(村田隊) 9機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 5機
天山(友永隊) 2機


資材消費
燃料:549
彈藥:549
鋼材:278
ボーキサイト:120
高速修理:3



▼第3次攻撃
戰鬪結果:A
報酬艦:『阿賀野』

我が艦艇の損害:
大破:『阿武隈』
中破:『葛城』、『瑞鳳』、『朝潮』
小破:『初月』

自爆・未帰還:32機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 4機
震電 6機
天山(村田隊) 9機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 4機
天山(友永隊) 7機


資材消費
燃料:566
彈藥:552
鋼材:304
ボーキサイト:160
高速修理:5



▼第4次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『比叡』

我が艦艇の損害:
中破:『葛城』、『瑞鳳』

自爆・未帰還:30機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 4機
震電 5機
天山(村田隊) 7機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 6機
天山(友永隊) 6機


資材消費
燃料:511
彈藥:552
鋼材:200
ボーキサイト:150
高速修理:2



▼第5次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『利根』

我が艦艇の損害:
中破:『初月』
輕微:『榛名』、『葛城』、『瑞鳳』、『阿武隈』

自爆・未帰還:24機

『葛城』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
震電 6機
天山(村田隊) 9機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 1機
天山(村田隊) 2機
天山(友永隊) 3機


資材消費
燃料:475
彈藥:552
鋼材:136
ボーキサイト:120
高速修理:0


170815f



壁|'-')ノよいお年を。

E-1

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

春イヴェは不参加でしたが、今回の夏イヴェントは出撃です。

数箇月ぶりの艦これ、いざ尋常に出陣ですヽ(゚∀゚)ノ

170813


定番の對潜海域E-1。

敵のBossが潜水艦なので、對潜艦を―――とりわけ先制對潜可能な艦をそろえました。

揃えるのに意識を集中しすぎて、ついついうっかり、『照月』を加えてしまいました。
札がついたので、のちの作戰で有力な對空専用艦を1艦、戦列から外すことになりました( ゚ω゚ )

170813b

對潜艦は對潜兵裝フルなので、道中の對水上戰鬪が厄介でした。

對水上火力艦は戰艦『日向』、母艦航空兵力がウリの『祥鳳』の2艦しかないので、この2艦が敵巡洋艦をコンスタントにしとめてくれないと、このやうに可愛い可愛い『清霜』が撃破されるという塩梅。

『清霜』は可愛いなぁ...(*´▽`)

なにはともあれ―――

170813c

E-1最終戦です。

バンダ・アチェ沖で敵主力と決戦するのです。

170813d

右下の敵母艦機がイイ味だしてます。

真ん中や上の機械器械じみた母艦機もいいけど、深海棲艦の空母機はこういったほうがしっくりしますナ。

170813e

對潜艦4艦で敵潜は襤褸襤褸です。

陣形を輪形にしたのは、少しでも敵水上艦への打撃力を向上させようとしてのこと。

敵潜をひっぱたく分には、輪形でも十分ですしね。

170813f

無事、E-1突破です。

道中や決戦支援を出すまでもなく、普通にS勝利をとれたりしたので、資材消費についてはたいした出費にはなりませんでした。

まぁ、道中撤退を1回やらかしましたが、以降はストレートにBossをひっぱたきまくりました。

170813h

第二次大戦における英吉利軍用機の迷機中の迷機であるフェアリー・ソードフィッシュ雷撃機、頂戴しました。

艦これのように兵器のスペックが戰鬪結果につながるゲームでは、低性能ゆえに倉庫の女王になってしまいますが、WTのようなゲームでは、いざ飛ばすと味のあるいい機体なんですよね。

ま、これで『ビスマルク』に魚雷をぶちこんでこいよ、と言われて応! とは言いたくないですが( ゚ω゚ )

170813g

春イヴェント不参加でしたので、ようやく手に入れることができました。


◆E-1戰鬪結果
総出撃数:6回(S×4/A×1/大破撤退×1)
報酬艦:『足柄』、『鹿島』、『山風』、『長波』、『綾波』


▼消費資材
燃料:1,123
彈藥:929
鋼材:815
ボーキサイト:380
高速修理:12


170813i



壁|'-')ノよいお年を。

狭霧

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

E-1、進撃しました。

最初の目的は、セレヴェス島ケンダリー沖での『狭霧』捜索。

これをなし得ない限り、E-1突破は実施できない...といふぐらいに意気込んでみました。

170811
170811b

13回目でどうにか『狭霧』との邂逅に成功しました。

これでようやくE-1突破に本腰入れることができます。


170811c

『狭霧』回収にかかった消費資材。

出撃数:13
燃料:2,336
彈藥:1,834
鋼材:647
高速修理:14




壁|'-')ノよいお年を。

中部海域で信じられるのは艦娘の心の炎だけ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

wowsで、しばらく前に販売されたTier6日本戰艦の『陸奥』が再販されたので、買ってみることにしました。

170625wows

日本戰艦ツリーに『長門』があるけれど、『陸奥』は大正年間の屈曲煙突時代の艦として登場です。
排煙の問題に対処すべく、第一煙突を根っこのあたりから後方にぐんにゃりとひん曲げました。意外にも『長門』型の特徴的な外観として広く國民に親しまれた艦容でもありました。

170625wows2
170625wows3

艦これ系のスキンをいれているため、主砲塔や副砲群、水上機にスキンがかけられています。

170625wows4

『長門』型の名物煙突。
『夕張』の傾斜煙突のようにすればいいのに………というのは野暮ですかね。

170625wows5

『長門』との一番の相違点として、wowsの『陸奥』には單裝の舷側魚雷發射管が片舷2基の両舷計4基を搭載しています。
1910年代から20年代にかけて、日米など列強海軍の戰艦には一定数の魚雷發射管が装備されていました。

近接戰鬪でさりげなく敵艦のドテッ腹にブチこんでやれることでしょう。



とりあえず動画上げましたヾ('ヮ'*)ノ


さて―――

艦これは、一連の任務で2-5や3-5、4-5に出撃しようか悩みました。

とりあえず2-5は海域クリアに乗じてやりたいので次月に繰り越し。

3-5と4-5はこの一週間で突破できるか不安なので、これまた突破は次月繰り越しにしました。

なので―――

勲章確保のための海域突破とは無関係の海域に出撃することにしました。

それが...
6-2 MS諸島沖。

170625_2

1回クリアしてますからね、たしか去年に( ゚ω゚ )

どういった編成でどんな感じで突破したのか、てんで記憶がないですけどね。

大丈夫、やれます。

6-2突破の任務は、空母を旗艦とする洋上航空拡充と、『熊野』旗艦、『鈴谷』以下の第七戰隊を組み込んだ新編第七戰隊の2つ。

やりやすそうなのは航空拡充なので、まずはそっちからやってtryです。

170625

余裕ぞな☆ミ

と言っておきながら、早々と道中で『阿武隈』が撃破される体たらく。
しかも彼女、戰艦に開幕魚雷、砲撃をしかけ、ヒト桁ダメージ連発する活躍ぶり。御退場願うやもしれませぬな。

とはいえ―――

幸運に恵まれて艦隊はどうにか最終戰鬪へ...

170625b

道中3戰やらかしているから、ケッコ→ボス戰は厳しい感じですよね。

基地航空隊を使いたい...
せめて支援を...支援艦隊を...

170625c

ここでも『阿武隈』は無意味な魚雷を戰艦に撃ちこんでいます。
当然、ダメージはヒト桁。ありがとうございました。
『阿武隈』センセイの次回雷撃にご期待ください。

170625d

『阿武隈』が空気なまま、戰鬪は夜戰へ...

戰艦を伴わないけれど、それでも殺れるときは殺れるもんなんですね。

あとはやっぱり空母機の戰果が大きいですね。

空母機のこの活躍は、我が至宝の戰艦群の立場を脅かしかねないですね。

170625e

まぁ、いくら空母機が最強とはいっても、夜の海は砲雷戰艦艇が跋扈し、支配するところ―――

空母ごとき新参の鐡の箱にデカい顔されるほどヌるい戦場じゃありませんぞ。


◆6-2 MS諸島沖 航空拡充任務
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
中破:
一等巡洋艦『熊野』、『プリンツ・オイゲン』
二等巡洋艦『阿武隈』

輕微:
一等巡洋艦『鈴谷』

自爆・未帰還
震電 2機
烈風改 1機
零戰五三型(岩本隊) 3機
噴式景雲改 8機
橘花改 16機
天山一二型(村田隊) 31機
流星(六〇一空) 10機
試製晴嵐 11機

計82機

消費
燃料:456
彈藥:312
鋼材:888
ボーキサイト:410
高速修理:3
※鋼材にタービン・ロケット機消費分を含む。

170625e2

や、まぢで今回は母艦機の損失がハネあがりました。
『熊野』の晴嵐は11機全部が未帰還。
『サラトガ』の天山・村田隊も損耗率86%とほぼ壊滅状態。
攻撃機隊は天山、流星、晴嵐の計65機に対し未帰還52機。損耗率80%。

タービン・ロケット機は反復攻撃で損耗が重なったけど、まだ生還率は高い方ですね。

戰鬪機隊に至っては、震電、烈風改、零戰隊、強風改の参加合計59機に対し、未帰還は6機と損耗率10%。

南太平洋海戰ばりに攻撃機が喪われましたね。
この自爆・未帰還機が敵邀撃機によるものなのか、ツ級をはじめとする艦艇の對空砲火によって撃墜されたのかはわかりませんが、どうにか敵撃滅でS勝利が取れてよかったです。

S勝利のために反復攻撃を繰り返すことになったら大変ですからね。
機材の消耗もさることながら、熟練度が喪われるのが大きいです。


170625e3

そう。
次は第七戰隊。

第七戰隊の甲巡4を主軸に、附属艦2を加えて6-2へ出撃。

附属艦は前回から引き続き参加の『阿武隈』と『サラトガ』。
今回、『サラトガ」は攻撃機をすべておろし、搭載機はすべて戰鬪機で固めました。

戰鬪機のみで制空権確保を狙い、對艦攻撃は第七戰隊ら洋上艦娘に任せることにした次第。

170625f
170625g

道中、『最上』が撃破されたものの、艦隊は被害を分散させるよう立ち回り、撃破落伍しないよう必死こいたおかげで、こうして最終戰鬪に臨むことができました。

今回は『阿武隈』も、戰艦へ魚雷をブッ放す大物狙いを改め、ちゃんと驅逐艦など撃沈を期待できる相手に魚雷を射ちこんでいました。
やればできるじゃないか。

170625h

とはいえ...
昼間戰鬪で第七戰隊第一小隊の2艦が大破したため、夜戦突入時点で攻撃可能なのは第二小隊と『阿武隈』のみ。

敵残存は3艦。

『熊野』、『鈴谷』、『阿武隈』が各艦で敵1艦を屠らないとS勝利に達しない情況。

170625i

『熊野』お嬢、敵空母に渾身の連撃。

きっちり命中弾を与えて撃沈しました。

見た目も可愛くて砲撃精度もイイ。
やはり『熊野』はサイカワですよ☆ミ

170625j

『鈴谷』は最大の敵、ル級改フラッグシップ艦に挑戦状をたたきつけました。

ここんとこ、連撃で敵を沈めそこなうことが多々、見受けられたものの...

今回はきっちり仕留めてくれました。

『鈴谷』はうーんと目いっぱい褒めてあげないといけないですねヾ('ヮ'*)ノ

170625k

シメは『阿武隈』。

いっつもはここで撃沈しそこねてしまうのだけれど、今回はちゃんと撃沈しました。


◆6-2 MS諸島沖 第七戰隊
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
大破:
一等巡洋艦『三隈』、『最上』

輕微:
航空母艦『サラトガ』
一等巡洋艦『鈴谷』、『熊野』
二等巡洋艦『阿武隈』

自爆・未帰還
震電 6機
零戰五三型(岩本隊) 1機
Re.2005改 1機
二式水戰 1機
強風改 1機
零式水観 8機

計18機

消費
燃料:430
彈藥:282
鋼材:389
ボーキサイト:90


170625m2


壁|'-')ノよいお年を。

例えるならビスクドールのようなダークネス

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

メンテも終わり、皆々様、新しく生まれ変わった『由良』改二に惚れ惚れし、瑞雲祭り仕様の掛け軸と『伊勢』型姉妹を肴に、初夏の夜を過ごしていらっしゃることでせう。

我が艦隊も―――

170623

改二にしておきました。

Lv85まで上げておけばまずは安泰であろ? と思っていたのですが、81までしか上げられず、ちょっと不安でしたが無事、改二にすることができました。

もちろん―――

170623b

脱がしました。
これは通過儀礼。
そう、艦娘にとってこれは通過儀礼なのです。

脱がされずに執務室に立つ艦娘は艦娘であって感娘にあらず、なのです。

まぁ、戯言はそれぐらいにして...

170623c

ちょうど、ウィークリーの4-4東方中枢撃破任務が来たので、洋上拡充とセットで特攻んでみることにします。

四航戰や『由良』の出撃任務が新規に実装されていますが、そっちはやり手の艦これ攻略系ブログやツイッターなどにお任せです。

新規任務などどこ吹く風、我が艦隊は独自の作戰方針で動くのです(`・ω・´)キリッ

170623c2


洋上拡充はS勝利が条件となっているので、随伴の驅逐艦2艦のうち、『清霜』を對潜特化のハンター・キラー仕様にしました。
もう1艦の『照月』は對空防禦仕様。

『照月』も對潜にして確実を期すのもいいですが、ボス前での敵機動部隊との遭遇戰を想定し、『照月』は對空防禦重視にしました。

170623d

その『照月』が最初の戰鬪で撃破される事態に( ゚ω゚ )

幸い、友軍が必死こいて敵残存を即時殲滅したおかげで、『照月』への再攻撃は阻止されました。

つづく潜水艦戰鬪でも、敵潜の魚雷は『照月』を逸れたので助かりました。

ボス手前の機動部隊戰鬪でも、『ウォースパイト』が敵主力放置で敵驅逐艦を追い掛け回すksったれなことをしでかしたものの、幸いにも『照月』は敵に狙われることなくすみました。

170623e

羅針盤も給料に見合う仕事をしたくなったのか、きっちり艦隊を西へ導いてくれました。

これはとてもとても幸先のいいボス戰ですね。

あとは―――

3分の2の確率で登場する敵潜附属の敵艦隊を『清霜』がうまく処理してくれるかどうか...

170623f
170623g

まずは航空攻撃。
第一次攻撃隊第一波は『翔鶴』發艦のタービン・ロケット機隊。

第二波は『翔鶴』と合同で發艦。『鈴谷』も強風改を射出して邀撃配置に―――

この規模の攻撃隊でなら、敵母艦機や邀撃機を撃破して制空圏はまずは確実に確保でしょう。

170623h

おや?

170623h2

敵潜に備えて複縦陣にまでしたのにこの仕打ち。

前回の南方への戰艦部隊派遣でも同じ目に遭っていますな。

對潜裝備マシマシの『清霜』、これで確実にお役御免です。

170623i

4-4、敵主力撃破完了。


◆4-4 カスガダマ沖海戰
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
中破:
驅逐艦『照月』、『清霜』

輕微:
航空母艦『サラトガ』

自爆・未帰還
震電 1機
橘花改 7機
噴式景雲改 3機
天山一二型(村田隊) 7機
天山(六〇一空) 2機
流星(六〇一空) 2機

計22機

消費
燃料:333
彈藥:262
鋼材:166
ボーキサイト:110
高速修理:2
※未集計のため、鋼材消費にタービン・ロケット機消費分は含まれず。


4-4が終わると、ウィークリーに出てくるのが...

170623j

5-2のボスをひっぱたいてこい、それも2回。
といふもの。

改修資材が手に入るから、これはやっておきたいですよねぇ。

なので―――

5-2へ艦隊を派遣です。

170623j2

今回は空母大型2、小型1でボス直撃確定なので、編成を少し改めました。

空母航空戦力は『サラトガ』、『翔鶴』、『祥鳳』の3艦。
戰術機の数は空母機と水上偵察機などあわせて222機。

對空防禦用の『照月』を引き続き投入。

砲火力艦は戰艦『ウォースパイト』、一等巡洋艦『鈴谷』の2艦。

日米英の3大海軍國の艦娘が一堂に会しました。

170623l

第一次攻撃では、空母機による攻撃でこのやうに敵艦隊はほぼ壊滅状態。

この直後、砲戰開始と同時に『ウォースパイト』が姫に連撃をブチかまして即時轟沈させるなど、一方的な殺戮戰鬪で終始、我が艦隊優勢のもと第一次攻撃は終了しました。

◆5-2 珊瑚諸島沖 第一次攻撃
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
なし

自爆・未帰還
震電 3機
橘花改 8機
噴式景雲改 1機
天山一二型(村田隊) 12機
流星(六〇一空) 7機
天山(六〇一空) 5機
九七式艦攻(九三一空) 1機
強風改 1機

計38機

消費
燃料:268
彈藥:281
鋼材:0
ボーキサイト:190
※未集計のため、鋼材消費にタービン・ロケット機消費分は含まれず。


第一次攻撃で艦娘にさしたる被害を受けなかったため、補給の上、即時第二次攻撃隊、進発。

170623k

第一次、第二次ともに南からの進撃。
この航路だと敵戰艦とぶつかるのであまり逝きたくないんですよね。

170623m

今回は前回のようにはいきませんでした。

それでも、敵空母と、とりわけ驅逐艦を撃滅したのはよかったです。

そうしないと、我が艦隊の戰艦群はこぞって驅逐艦を討ちにいきますからね。主力そっちのけで。

敵主力放置で驅逐艦を追い掛け回す...
これほどウザいものはないですね。

WoWSでいうなら、外周クルーズで射程ギリギリの遠距離砲戰をしでかしたり、島影でピストン運動する芋戰艦のようなものですよ。

戰艦はその強靭な裝甲で敵彈をはじき、受け止め、耐え抜いて、圧倒的な砲火力でもって敵主力を撃砕するのが仕事。

それを放擲して驅逐艦を追い掛け回し、揚句、MVPをかっさらっていくなど言語道断。
大艦巨砲主義を信奉する自分としては、かような戰艦の振る舞いには憤りを感じますよ、はひ。

170623n

兎にも豚の角煮も、2度目の攻撃も無事に終了。

◆5-2 珊瑚諸島沖 第二次攻撃
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
小破:
航空母艦『翔鶴』

輕微:
一等巡洋艦『鈴谷』

自爆・未帰還
計28機
未帰還集計前に補給処理したため詳細不明。

消費
燃料:368
彈藥:281
鋼材:737
ボーキサイト:140
高速修理:1
※鋼材消費にタービン・ロケット機消費分を含む。


170623n2


壁|'-')ノよいお年を。

闇色が薫り立たせる新時代の夜想曲(艦娘談)

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

ソロモン戰線における夜間強襲作戰を実施します。

『鈴谷』を旗艦とした第一次挺身部隊による強襲突入。
『ザラ』を旗艦とした第二次挺身部隊による強襲突入。

在泊敵戦力を撃砕し、ソロモン海域における我が軍優位の不抜不敗の態勢を確立するのが本作戰の目的。

それでは、艦隊抜錨。
出陣です。

170622x0

此度の陣容は、海域突破・作戰完遂を主眼に置き、堅実な編成で臨みます。

旗艦は『鈴谷』、随伴艦に『ザラ』。
両艦は水上戰鬪機も搭載し、最終戰鬪における砲戰火力の底上げを狙います。

火力担当艦は『伊太利』、『羅馬』のパスタ戰艦。
このうち『羅馬』には水上戰鬪機を搭載。若干の火力低下を受け入れて、最終戰鬪における味方大巡2艦の航空戰遂行能力を支援します。

夜戰支援は驅逐艦『清霜』、『天津風』。
両艦は對潜裝備を投げ捨て、砲戰能力維持と照明弾による敵抵抗能力の減殺を狙います。

170622x1

夜戰2戰目で『清霜』被弾。

まぁ『清霜』は可愛いからね。嫉妬に狂った深海棲艦が攻撃火力を集中するのもムリありません。
可愛い娘には火力を集中しろ、とは昔からよく言われることですからね。

170622x2

『清霜』が撃破されたほかは被害を受けることなく、挺身部隊は敵ボス艦隊へ...

戰鬪海面はザ・スロットとも呼ばれるソロモン中央水道。
同海域において敵主力を捕捉、これを撃滅します。

170622x3

航空戰は我が軍優位のもと展開。
世界に冠たる精鋭なる我が水上戰鬪機隊の威力に、敵母艦機はことごとくが「赤いすもものように」落ちていきましたよ。

潜水艦が含まれる陣容なれど、こちらの狙いは敵潜以外の全艦の撃滅によるA勝利。
それで任務は達せられますからね。

170622x4
170622x5

夜戰突入。

そこでも狙われる『清霜』。
可愛いからしかたないね( ゚ω゚ )

170622x15

◆5-3 『鈴谷』隊挺身突入
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
驅逐艦『清霜』 大破

自爆・未帰還
二式水上戰鬪機 1機

消費
燃料:232
彈藥:315
鋼材:28
ボーキサイト:5
高速修理:1


報酬は選択形式でしたので、当然ながら―――

170622x6

強風改です。
バルジもいいけどやっぱ戰鬪機です。


次は『鈴谷』にかわって『ザラ』を旗艦に据えての第二次突入。

基本的な編成、運用は前回と同じ。

なので夜戰2回をこなし、サヴォ島北方で反転し針路西。
ザ・スロット内に潜む敵主力にぶっつかる―――

らくなもんです。

170622x7

夜戰1回目。
驅逐艦2艦に照明弾を2箇載せているので、毎回射ち上げてくれるので助かります。

これで事故らなければいいんだけど...

170622x8
170622x9

まぁそうなるな( ゚ω゚ )

我が艦艇が敵主力や驅逐艦をめったやたら、統制も取れずに乱射しまくるその間隙を突いて、勇敢なる敵驅逐艦が肉薄攻撃を仕掛けてきた次第。

WoWSでいえば、煙幕や島を利用して驅逐艦が奇襲をしかけてきたようなものです。
そうやって沈む艦が多いのです。自分も含めて―――

しっかし、夜戰1回目で驅逐艦が撃破されるのはキツいですな...

170622x16

大破じゃければ進撃です。

進もう。
進めば6分の5の割合で味方艦が攻撃を引き付けてくれるから、『天津風』が大破することなく、コトはスムーズにいくだろうから。

170622x10

そしてほんと無事にボスのもとへ。

ほんと『天津風』は幸運艦ですね。

そういえば、先日、『天津風』最後の艦長となった人の戦記を読みました。
大戦末期の過酷な洋上行動のなか、厦門で座礁自沈するまで戦いつづけた『天津風』乗員には頭が下がります。

170622x11

今回は敵水上部隊。
潜水艦をふくまないので、驅逐艦も對艦戰鬪に参加できますが、ご覧のやうに、残念ながら我が戰鬪機隊の獅子奮迅の活躍にもかかわらず、敵母艦機の猛襲を防ぎきれず、航空優勢確保ならず。無念なり。

あとはいかにして、2戰艦を主軸とした砲戰を展開するか...

170622x12

昼戰で敵2艦を撃沈し、1艦を戰鬪不能に追い込んだものの、空母を含む主力は健在。

我が方は撃破された『天津風』が無念にも大破落伍。

残る5艦でどこまでやれるか...

まぁ、A勝利さえ取れればそれでいいんですけどね。

170622x13

姫を残し、戰鬪終了。
A勝利で任務完了。

◆5-3 『ザラ』隊挺身突入
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
大破:
驅逐艦『天津風』

中破:
戦艦『羅馬』、驅逐艦『清霜』

小破:
一等巡洋艦『鈴谷』

輕微:
戰艦『伊太利』

自爆・未帰還
二式水上戰鬪機 2機

消費
燃料:596
彈藥:315
鋼材:711
ボーキサイト:10
高速修理:1

170622x14

ほかにも単発任務がいくつかあるんですよね。

4-5とか5-5とか、2-2から2-5まで風のごとく駆け抜けたり...

なかなか大変でありんすなぁ。

いくつかの任務は7月以降に延期ですけどね。
せっかくなら勲章確保のついでにこなしたいですからね。

でも、途中までいけるものは、ちゃっちゃとやってしまいたいですね。
6-4の攻略もまだだし、航空兵力の錬度向上もまだかなりの数が残っているし、やるべきことは山積みです。

だから頑張るのです。
明日は仕事休みですから頑張るのですヽ(゚∀゚)ノ

170622x17

あ、はい( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。

艦娘のポイズンは甘美だが危険なんだぜ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

遅ればせながら、エヴァ新劇場版QのBDを購入。
イャー、新品でもかなり安くなったものであります。

そしてなにより...

新劇場版・序の公開から今年でマル10年。
最終作はいつになったら完成するんですかね。

さて―――

170622

本日はこちゃらの任務をこなすことにします。

『鈴谷』改二艦を旗艦とし、5-1と5-3のボスをひっぱたいてこいといふもの。

せっかくですから、絶賛放置中の水上打撃部隊も合わせてこなすことにします。

艦隊の編成はこんな具合。

170622b

旗艦は『鈴谷』、支援艦として『熊野』を組み込みました。仲がいいですね。

砲火力艦は『長門』、『扶桑』姉妹の改二艦トリオ。

『那珂』は對潜制圧艦として運用。
水上部隊はS勝利が必須ですからね、敵潜の出現に備えての措置です。

それでは―――

170622k2

今回、5-1への進撃にあたって、支援部隊も増派しました。
決戦支援は必要ないですが、道中支援は快適な進軍を維持するのに必要ではないかと思った次第。

170622c

支援兵力は第三戰隊第一小隊の『金剛』、『榛名』、護衞隊に『風雲』、『リヴェッチオ』。

大規模な戦力を投入する必要はなく、敵の驅逐艦程度を撃沈できれば御の字ですからね。
そうすれば驅逐艦スナイパーの異名を誇る我が戰艦群は、否応なく敵巡や主力に砲口を向けざるを得ないですからね。

戦艦がイの一番に敵驅逐艦を狙撃する...

これほどイラつくことはないですからね。

170622d
170622l

いつものことですよね。

島流しの1回や2回では、艦娘の胸に点る戦意を消し去ることはできませぬぞぇ。

◆第一次攻撃
戰鬪状況:島流し

艦艇の損害
輕微:
戰艦『長門』、『扶桑』、『山城』
一等巡洋艦『熊野』

自爆・未帰還
二式水上戰鬪機 2機
Ro.44水上戰鬪機 3機
水上爆撃機 瑞雲 4機
水上爆撃機 瑞雲一二型 2機

合計11機

消費
燃料:379
彈藥:441
鋼材:171
ボーキサイト:55
高速修理:4


170622g

第二次攻撃で無事、南下に成功。
東へ針路を変えたときは第三次攻撃か...とげんなりしたものですが、途中で南下したので5-1突破の目途がたちました。

『鈴谷』任務はA勝利でもいいのだけれど、水上部隊はS勝利ですからね。ボス戰で敵潜が出てきた場合、はたして『那珂』ちゃんはきっちり仕留めてくれるでありましょうや。
そこが不安なんですよねぇ。

170622h
170622e2

これもよくあることです。

對潜艦連れて行ったら敵潜不在。
對潜艦連れて行かなかったら敵潜登場。

よくあることです。
よくあることなのです。

170622i

ま、敵潜がいないのであればそれはそれで結構。

複縦陣ではあるけれど、航空優勢で我が方の砲戰能力を遺憾なく発揮できますからね。
あとは敵艦を片っ端からひっぱたいていくだけです。

170622j

余裕でしたね。

S勝利げっと。水上部隊はこれでクリアです。


◆第二次攻撃
戰鬪状況:突破

艦艇の損害
小破:
戰艦『山城』

輕微:
戰艦『長門』
一等巡洋艦『鈴谷』、『熊野』

自爆・未帰還
二式水上戰鬪機 1機
Ro.44水上戰鬪機 4機
水上爆撃機 瑞雲 4機
水上爆撃機 瑞雲一二型 3機

合計12機

消費
燃料:626
彈藥:561
鋼材:455
ボーキサイト:60
高速修理:3


『鈴谷』任務はまだ5-3があるので、そちゃらを次にクリアせにゃいかんですね。

5-3かぁ...

170622f

『鈴谷』任務と...
『ザラ』改二任務ですね( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。