徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

更新やめたり再開したりと浮遊機雷のごとく適当こいてたこのブログですが、2月以降、免許や資格の取得でばたばたしまくりの関係で更新する時間、とくに駄文を考える時間がなくなるので、本日をもって完全に更新を停止します。

くっだらない駄文拙文のオンパレードな辺境の過疎ブログにお越しいただき、ありがとうございました。

現在、ちんまい時間にツイッターにブン投げているので、よろしければそちらもどうぞ。






壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

發射管

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

くろちゃんは年季だけはムダにはいった中ブル提督なので、そこそこの裝備だけはそこそこ保持しているのです。

五聯裝の發射管などがいい例で、気づけば保有数が8箇になってた次第。

なので―――

170126

MAXまで回収するのは自然な流れと言えましょうぞ。

そうすると―――

170126b

こうなるわけですから...

170126c

こうしちゃうわけです。

これでまたひとつ、任務一覧に長らく残っていた単発任務が消えました。よき哉よき哉。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

荒潮ヾ('-'*)ノ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

うpデート終わりました。

『荒潮』改二が来たので、改二にできるかなぁ~っと...

170125

できましたぁヾ('ヮ'*)ノ


いゃー、くろちゃん好みの可愛らしさになってくれはって、感無量でありマス。

170125b

余裕をもって85にまで上げておこうと思って正解でした。
まぁ、いくつで改二になるかわかりませんが...

さて―――

改二にしたらヤることと言えば...

170125c

やっぱり5-5で脱がす。

これははずせません。

我が聯合艦隊における伝統であり、礎であり、通過儀礼なのです。

170125d

や、なんかスっごい罪悪感と背徳感が...


170125e

こうしたり...

170125f

こうすると………ヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

艦隊錬成順位

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

くろちゃんは2013年4月のサーヴィス開始以前の、事前登録組として艦これに参加した、くたびれた中ブル提督です。

足かけ3年9箇月に及ぶ深海棲艦との戰鬪は、史実における太平洋戦争の期間とほぼ一致します。
そんな長期間、艦これをプレイしながら、途中、演習のみ、遠征のみという時期がトータルで1年ちかくあるせいか、ひねた古参が多い横須賀鎮守府の提督の中でも、ひときわ錬度の低さが目立つわけです。
甲種勲章だって1箇しかないですしね。

そんな我が艦隊の、現時点―――2017年1月23日―――における錬度を調査してみました。

まずは、総合順位。
同Lvの艦娘はあいおえお順に並べています。

170123
170123b
170123c

トップは『金剛』。
やっぱ提督ベタLOVEな感じが最高でしたがゆえに、いまなお我が艦隊の頂点に位置しています。
ちなみに、アーケード版でも『金剛』はLvが一番高いです。

『鹿島』は演習のお供のおかげで上位入りしていますが、驅逐艦は『清霜』が30位に。
見た目もいいしセリフもいいし、ちょっと気合い入れて育てていました。

上位30位までの計33艦で戰艦が13艦と一番おおいのは、やはり大艦巨砲主義を信奉するが故。
かつて―――
第2次大戰がはじまるまで、戰艦は無敵の海の王者として、《不沈》の形容詞をほしいままにしてきました。

けれども―――
王者・戰艦の地位は、真珠湾で、そして馬來(マレー)沖で、脆くも崩れ去ります。
その後、戰艦に海洋決戰の主力としての出番はなく、わずかに空母群の護衛艦として、もしくは地上砲撃の道が残されているだけでした。

太陽が世界を照らすあいだは、7つの海を支配するのは間違いなく、航空機であり、それを載せる空母でした。

しかし、陽が沈めば……

夜目の利かない海鷲たちは否応なく空母という塒へもどり、静かに翼を休めねばなりません。

そこで―――

戰艦という原始の恐竜たちは息を吹き返し、凶暴な咆哮を闇に轟かせるでしょう。


と、いふわけで、次は艦種ごとの順位。
着任は、艦隊に建造、ドロップなどで初めてやってきた順番です。
潜水艦は数が少ないので割愛。
驅逐艦は数が多いので、上位30位まで。
揚陸艦や水上機母艦などはひとめとめにしました。

◆戰艦
170123d
170123e

『金剛』がトップで、見た目で気に入っている『大和』、火力で選んだ『武蔵』とつづき、後発の海外艦が見た目の良さも相まって上位入りしています。

基本、個艦性能よりも見た目の可愛さで主力艦を選んでいるので、『伊勢』型、『扶桑』型の計4艦はいまなおカッコカリに至っていません。


◆航空母艦
170123f
170123g

一番のポイントは、ほかの提督諸氏が空母戦力における最高峰と位置付けている『加賀』、オカンと呼んで親しむ『鳳翔』の錬度の低さ。
戰艦の時にも書きましたが、ウチは性能よりも見た目の可愛さで選んでいますので、この2艦は戦力外に落ちている次第。
『加賀』の錬度がそれでも60代になっているのは、着任順を見ても分かるように、『加賀』がくるまでの7艦中、主力なりうるのは『赤城』1艦のみで、あとは見事に小型空母群。

これで初期の2-4や第1回イヴェントを戦ってきたのですから、『加賀』も戦列に加えざるを得ず、それはまぁLvも上がるというものです。

18位の『龍鳳』は2代目で、赤服の『龍鳳』として育成予定です。


◆一等巡洋艦
170123h
170123i

これまた見た目の差が順位に如実にあらわれていますね。
17位から下はほとんど使っていません。
對空特化の『摩耶』ですら、うちの艦隊では予備役艦扱いです。
艦これでは性能よりも見た目、くろちゃん的に可愛い☆ミ と感じた艦娘だけを主力にしています。

8位台と15位はケッコンカッコカリ予備軍なので、まだまだ錬成は続きます。


◆二等巡洋艦
170123j
170123k

我が艦隊で懸案事項が、この二等巡洋艦勢。
雷撃特化で上位入りした『北上』、『大井』、初期メンヴァーとして活躍した『那珂』ちゃんをのぞくと、全般的に錬度不足です。
現在、5-4でドラム罐要員として順次、錬成中。

20位から下は、改二がこない限りは現状維持です。


◆特務艦船
170123l

この全般的な低さが我が艦隊の底の浅さです。
しかし...
『明石』とか『大鯨』は、本来、敵艦と正面からガチで殴りあうタイプの艦じゃないので、經驗値取得方法を改めるべきですよね。


◆驅逐艦
170123m
170123n2

驅逐艦は総合的なLvは60~70代が多いですが、改二実装艦や見た目で選んだコたちが上位入りしています。

『朝潮』は2艦用意していますが、これは見た目がいいから2艦ともに用意しました。
『霞』は………まぁ1艦で十分かなと。

今後は『神風』、『沖波』を中心に錬成する予定です。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

遅ればせながら...

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

やっとこさ―――

170117

『サラトガ』が99になりましたヾ('ヮ'*)ノ

これで―――

170117b
170117c

白い『サラトガ』と黒い『サラトガ』、戰鬪性能的には白の未改裝艦のほうが使いやすいのかもしれませんが、くろちゃん的に『サラトガ』は黒い衣装の方が可愛いと思っているので、改にしちゃいました。

170117d

次のイヴェントに於いて主力空母として運用する準備は完了です。
あとは演習や5-4周回でゆるやかに錬成していきます。

ついで―――

170117f
170117g

『三隈』、『朝霜』との重婚も完了。

指輪はまだ未使用が1コあり、Lv99で重婚待ちの艦娘が『龍鳳(改)』、『島風』、『夕立』の3艦、さらに『龍驤(改二)』、『隼鷹(改二)』、『飛鷹』、『呂五〇〇潜』が98で錬成途上で、どの艦娘に使用するか悩みどころ。

指輪は今後も追加購入していくので、それほど悩むことではないのですがね。

うちの艦隊の重婚艦はまだわずか47艦と少なめ。
重婚艦数が3ケタにいかないとは、まだまだ自分も修行が足りません。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

伊太利娘についてこい、ヘヴンズドアを開いてやる

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

旧海軍の写真画像を整理中にHDDが異音を発したので、新しいのを買おうか検討中ですごきげんよう。
いま使っているHDDは十数年前のシロモノですからね。とうとうお迎えが来たのでしょうね。

もちろん、外付けHDDですから、PC本体に影響はないんですけどね。
データ移行やらんとなぁ...

なので旧軍画像のネタをあげるかわりにナニかやらねば………と思い、艦これの任務一覧を開いてみて―――

170112

そういえば、これをクリアすると設営隊がもらえるんでしたね。
基地航空隊の増強のためにも、今回はこの任務をこなすことにします。


出撃艦艇編成はこちら。
170112b

伊太利娘たちに水上戰鬪機などを載せてやれば、意外とボス戰で虚空優勢を取れやすいということなので、今回はこういった編成にしました。
5-3は海域クリア時以降、一度としていったことがないので、はたしてこれでちゃんと突破できるか不安ではありました。

なにしろことごとく夜戦ですからね...

170112c

最初の夜戦開始。
夜戦では選択する陣形に意味はほとんどないので、どれを選んでも構わんのですが、くろちゃんは昔から夜戦時の選択陣形は複縦陣一択。
これはジンクスの類で、夜戦で複縦陣を選んだ場合の突破率は高い、というもの。
実際はそうでもないんですけどね。
でも、複縦陣を選んで夜戦に臨んだ時の突破率は高いように感じるんですよね。

170112d

安定のカットイン。
幸いにも、被弾した『ポーラ』は酔拳でも使って敵を籠絡したのか、ダメージは1ケタ台ですみました。

そして相変わらずウチは戰鬪時のss撮影がヘタやなぁ( ゚ω゚ )

170112e

無事、最初の夜戦は大破艦も出さず、中破する艦も出さずに抜きました。

『秋月』が射ちあげた照明弾の影響もあったのでしょう。全般的に敵の火力は控えめでした。よいことです。

最初の夜戦をさしたる被害を受けずに終えたことを海の神サマに感謝しつつ、いざ次なるステージへ...

170112f

次の夜戦は戰艦部隊。
昼では火力に勝る敵艦隊ですが、夜戦ともなればこちらも火力では負けていません。
あとはいかに味方艦が敵艦を順番通りに撃沈破していくかです...

上から順々に...一番ステキですばら☆ミ な展開です。
下から順々に...ちょっと戦況判断に難ありですね。再訓練が必要です。
順番バラバラに...寄せ集め艦隊でももう少しまともな戰鬪を展開するんですけどねぇ...

第二次夜戦は3番目でした。

1.『ザラ』が敵驅逐艦をブチぬいたときは、撤退フラグですね、わかります、と思いました。
2.敵旗艦の砲撃を『伊太利』が見事に抑え込んだ時は、今日の夕食は『伊太利』にちなんでパスタにでもしようか考えましたヨ。

3.『伊太利』が敵旗艦をブチころがしたときは、気持ちは1.になっていましたね。
4.敵2番艦の砲撃を『ザラ』がスタイリッシュに受け止めたときは、2.のパスタにピッツァもくわえちゃうぞ、と思いました、はひ。

170112g

『照月』が敵旗艦に無慈悲な4吋砲彈を撃ち込んで、第二次夜戦は終了。

今回も無事、大破艦を出さずにすみました。

あれ? もしかして5-3ってぢつはケッコ→楽勝じゃね?
などと思ったら、泥沼フラグ確定です。
これで調子コいて再出撃すると、最初の夜戦でぼっこぼこにされて出戻りしちゃうんですよね。そんな未来が見えます。確定ガチャ並みに確定した未来です。

170112h

驅逐艦2艦を含んでいるから、宝くじでハズレを引いてしまうほどの高確率でボスへと流れ着きます。

さて、今回の航路はサボ島北方で反転、ガダルカナル島エスペランス岬の北の海上でボスへ分岐したかたちになっています。
鐡底海峡、いわゆるアイアン・ボトム・サウンドには入っていないんですね。

基本的にはソロモン中央水道、ザ・スロットとも呼ばれた海域で戦っています。

170112i

ボス艦隊は空母部隊。
こちらの水上機戦力でイケるか不安でしたが、画像の通り、なんとか航空優勢確保できました。

確保さえすれば、戰艦2艦を擁する我が方の優位は揺るぎません。
姫だろうがなんだろうが、火星まで吹っ飛ばしてやりますですよ。

170112j

支援部隊到着。
タ級を含む有力な砲戰部隊との交戦を想定して、念のためにと支援部隊を出していたのです。

170112k

敵主力への打撃は微々たるものですが、幸いにも、ザコである敵驅逐艦を撃滅してくれました。
これはこれでいい展開です。

こちらの主力艦の貴重な1發がザコに吸われることがなくなり、敵主力に確実にお見舞いすることができますからね。
こういう展開、期待していました。

170112l

あとはもう、我が巨砲搭載艦4艦の連続射撃で敵を圧倒するだけです。

敵航空戦力さえ封じてしまえば、大艦巨砲主義を信奉する我が軍の巨弾が、敵をえぐり、裂き、潰し、海の藻屑にしてくれることでしょう。

170112m

シメは夜戦。
旗艦『ザラ』の砲撃で敵残存艦である姫を撃沈し、戰鬪終了。

幸いにも1回の出撃で終わらせられました。
5-3は沼るととことん大破撤退でストレスが有頂天でマッハですからね。

すばやく処理できてよかったです。

170112n

完了したので―――

170112o

いただきましたーヾ('ヮ'*)ノ

なのでさっそく―――

170112p2

拡張します。

170112q2
170112r
170112s2

基地航空隊の増強完了。

これで6-4へコマを進め………って、6-4は1箇航空隊しか出せないじゃないですか( ゚Д゚)



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

大戰末期・戰後の帝國海軍艦艇

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

寒い日の午後は動かざること保温のごとし、といふわけで、艦隊運用もお休み風味です。
そんなときは、旧軍の画像でお茶を濁すのが我が徒然なる戰藻録の基本形。

なので今回も旧海軍艦艇画像の御紹介ですヽ(゚∀゚)ノ

今回は大戰終盤から戰後にかけて撮影された画像がメインです。


◆驅逐艦 潮
170108

『潮』は捷一號作戰参加後、比律賓・馬尼剌(フィリッピン・マニラ)で昭和19年11月、空襲により撃破され内地に帰還。横須賀にて修理ののち、予備艦として横須賀に繋留されたまま終戦を迎えました。
艦首の5吋主砲や機銃も外された状態となっています。


◆戰艦 伊勢
170108b

呉軍港で米空母機の激しい空襲により撃破、倉橋島の海岸に着底した『伊勢』。
着底したとはいえ、『伊勢』型の前檣楼に目立った被害は見受けられず、仰角をかけた第二主砲とあいまって、主力艦としての威容はまだ残っています。
前檣楼に迷彩が施されているのが判別できます。


◆航空母艦 天城
170108c

ミッドウェイ海戰における空母4艦の喪失を受けて急遽、量産化がすすめられて建造された『天城』は、しかし完成時期が昭和19年8月と遅かったために、空母機動部隊の一員として活躍することなく予備艦となりました。
昭和20年7月の呉大空襲で米空母機の攻撃を受けた同艦は三ツ子島にて横転、そのまま浮揚修復されることもなく終戰を迎えました。


◆練習特務艦 敷島
170108d

明治37~38年の對露戰役で『三笠』とともに主力戰艦として活躍した『敷島』は、大正14年(1925年)に練習特務艦に艦種変更されました。以後、佐世保鎮守府管轄の練習実務艦として運用され、終戦後は佐世保・恵比寿灣に繋留放置されました。
画像は昭和21年暮れごろのもので、整備されずに放置されていたため浸水により傾斜しています。


◆特設航空母艦 海鷹
170108e

優秀船舶建造助成施設により建造された民間船舶『あるぜんちな丸』を、海軍が購入して特設航空母艦『海鷹(かいよう)』として完成させました。
小型低速艦ゆえに空母艦隊戰に動員されることなく船団護衛や航空機輸送に従事、昭和20年から別府湾で標的艦として使用されました。
画像は昭和21年9月に撮影された、別府湾日ノ出海岸に擱座した『海鷹』。


◆航空母艦 葛城
170108g

撃破損傷状態で終戰を迎えた『葛城』は、外地に取り残された軍人軍属、邦人を内地に引き揚げさせる特別輸送艦として運用されました。多数の航空機を収容・整備する格納甲板は人員輸送に適していたこともあり、最大でおよそ3,000人の輸送能力を発揮できました。
画像は昭和21年4月、ラバウルからの引き揚げ者を乗せて久里浜沖に帰還した『葛城』。


◆航空母艦 鳳翔
170108h

計画・設計段階から空母として建造された世界初の航空母艦である『鳳翔』は、終戰時に健在な姿を維持した唯一の日本空母でした。
『鳳翔』は海防の要として23年間、外敵より國民を護る軍務に服したのち、戰後は外地に取り残された國民を祖國へ帰還させるという、海外で飢餓と病気、道端で漫然と死を待つほかなかった人々を救う、軍艦として誇りある任務を全うし、昭和22年5月、すべての責務から解放されました。
画像は昭和21年4月に浦賀沖で撮影された『鳳翔』。


◆二等巡洋艦 北上
170108i

終戰時、航行不能状態であった『北上』は引き揚げ任務の特別輸送艦には指定されず、特別輸送艦を整備する工作艦として鹿児島に配備されました。
当時、引揚艦船は人員不足から満足な整備を受けられずに運用されており、度重なるトラブルに悩まされていました。『北上』はおなじく工作艦に指定された『冬月』、『第一七四號輸送艦』とともに、多くの引揚艦船の整備補修作業を請け負いました。
画像は昭和21年7月に長崎港で撮影されたもので、すでに工作艦任務を解かれ、解体を待つだけとなっていました。


◆練習巡洋艦 鹿島
170108j

練習実務用に建造された『鹿島』は、姉(香取)と妹(香椎)を喪ったあとも輸送任務などに従事し、終戰時に良好な状態を保った唯一の巡洋艦でした。※ほかに旧式巡洋艦『八雲』が健在。
『鹿島』は武裝を撤去し、両舷に日の丸を描き、ローマ字で艦名を記す特別輸送艦に改修され、復員輸送に従事しました。


◆運送艦 早埼
170108k

『間宮』、『伊良湖』とちがい、生鮮食料や冷凍食料などの輸送を担った給糧艦で、昭和17年の竣工後、南東方面から南西方面、中部太平洋と、日本軍勢力圏内各地へ食糧を輸送しました。
冷凍品や生鮮食品を扱ったことから、『間宮』などと同じく将兵から到着を待ち望まれた艦でした。
画像は昭和22年、佐世保に碇泊中の特別輸送艦『早埼』。


◆水雷艇 雉
170108l

『鴻(おおとり)』型水雷艇5番艇の『雉』は、姉妹艇7艇が戰歿したなか唯一の生き残り艇で、戰後は復員輸送の特別輸送艦に改修されました。
画像は昭和22年、佐世保に繋留中の『雉』。


◆運送艦 宗谷
170108m

東京湾に2017年現在、なお保存状態で浮かんでいる『宗谷』は、昭和14年に海軍が買い上げた民間船舶で、海軍はこれを北方用の砕氷艦として運用しました。
戰後、その砕氷能力を活かすべく、樺太からの邦人引き揚げ作業に従事しました。特別輸送艦任務を解かれた後、解体かと思われましたが海上保安庁の燈台補給船に転身しました。その後は南極観測船として活躍しました。
画像は昭和22年、小樽港に浮かぶ特別輸送艦『宗谷』。


◆伊號第四〇〇潜水艦
170108n

昭和20年8月末に撮影されたもので、隣接する大型船は米海軍の潜水母艦USS『プロテウス』AS-19。
『伊四〇〇潜』は西太平洋ウルシー環礁の米艦隊泊地航空奇襲攻撃を目論んで出撃しましたが、洋上で終戰となり、米軍に投降しました。
画像は横須賀での撮影で、撮影者は『伊號一四潜水艦』の甲板上から撮影しています。


◆波號第一〇一型潜水艦
170108o

終戰時に佐世保で撮影された『波號一〇一型潜水艦』と航空母艦『伊吹』。
『伊吹』は改『鈴谷』型巡洋艦をベースに空母として建造されましたが、昭和20年3月に工事中止となり、そのまま放置されました。
『伊吹』の舷側に並んでいるのは右から『波一〇九潜』、『波一〇六潜』、『波一〇五潜』。以前にもカルく紹介しましたが、『波號一〇一型潜水艦』は輸送用潜水艦として建造された艦です。


◆航空母艦 笠置
170108p

『雲龍』型航空母艦の4番艦として建造された本艦は、佐世保工廠で艤装中の段階で工事中止となりました。
自力航行は不可能な状態で艤装中止、そのまま終戰となったため、『葛城』のように特別輸送艦に改修されることなく解体されました。


◆航空母艦 伊吹
170108q

ミッドウェイ海戰での空母4艦喪失の穴埋めとして、巡洋艦ベースの空母として建造されました。しかし、完成が昭和20年にずれ込み、そのころには空母機動部隊を構成する能力を日本海軍は喪っていたため、昭和20年3月、8割方完成していた本艦の建造を中止しました。
画像は昭和21年10月、旧佐世保海軍工廠第7船渠で解体作業を始める前の『伊吹』。


◆航空母艦 龍鳳
170108r

潜水母艦を改造して完成した『龍鳳』は、有事の際に速やかに空母に改造できるよう設計に盛り込んであったこともあり、昭和19年6月の〝あ〟號作戰に機動部隊の空母9艦の1艦として参加することができました。その後は搭載機の不足から船団護衛艦となり、呉で空襲により撃破された状態で終戰を迎えました。
被害が大きいために復員輸送にまわされることなく、昭和21年、解体工事が始まりました。
画像は昭和21年4月、旧呉海軍工廠第3船渠で解体工事が始まった『龍鳳』。


◆驅逐艦 雪風
170108ss

『雪風』は戰後、賠償艦として中華民國(現:臺灣)に引き渡され、『丹陽』と命名されました。
画像は昭和22年、引き渡し準備をすべて終え、中華民國へ向けて出航する前の『雪風』。


◆驅逐艦 初霜
170108t

『初春』型驅逐艦6艦でただ1艦生き残った『初霜』は、昭和20年4月の沖縄水上特攻からも生還、舞鶴に回航され、6月から砲術学校の訓練艦として用いられました。
7月30日、舞鶴空襲で對空戰鬪中に機雷に触れて大破、そのまま終戰を迎えました。
画像は舞鶴・宮津灣にて大破・着底した『初霜』。


◆一等巡洋艦 高雄
170108f

『高雄』は終戰時、新嘉坡(シンガポール)におり、戰後、『妙高』とともに進駐してきた英軍に接収されました。
『高雄』、『妙高』は損傷修理の上、特別輸送艦として復員業務に就く予定がありましたが中止となり、英軍の手で海没処分が決定しました。
『妙高』は昭和21年7月、北緯3度5.6分、東経100度40.6分のマラッカ海峡内にて永眠しました。

『高雄』は昭和21年10月27日、マラッカ海峡にて海没処分されました。
墓所は北緯3度5.5分、東経100度41分です。

画像は処分当日、英軍艦船から撮影された、爆薬点火前の『高雄』。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

艦娘の靴音が聞こえたら跪く準備をしろ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

今朝、艦これアケいったら鬼怒ホロきましタ。



これで最新実装艦で未着は阿武隈のみですよ。
いつクるのかなぁ...

さて、艦これブラウザ版。

正月任務のシメは、3-5に逝って来いといふもの。

空母を旗艦とし、空母・驅逐艦各2+艦種自由2の6艦で攻め込むわけですね。
空母が入る時点で、北回り航路確定ですね。
めかしこんだほっぽちゃんと遊んで来い、というわけですね、わかりマス。

艦これ世界の北方AL海域は、1年を通して艦隊運用が可能だけど、実際の北太平洋アレウトの島々が連なる海域は、1年のほとんどが雪と霧に覆われた極寒の地。
夏のわずかな期間のみ、ささやかな太陽の日差しが差し込み、島々が温かみを取り戻す。
それをすぎれば―――

視界をふさぐ濃密な霧と、すべてを凍てつかせんとする吹雪と暴風が支配する、ポセイドンの怒りに触れたかのごとく荒れ狂う海と化す。

そのような過酷な海を人類が行きかうとなれば、原子力という神の火を手にした潜水艦に乗り込むほかないでしょう。

そんな北太平洋戦域へ、第一遊撃部隊の選抜部隊がいざ尋常に、乗り込みます。

170106

出撃艦艇は、新生第一航空戰隊の『翔鶴』、『瑞鶴』。その護衞艦に『照月』、『時雨』。
水上打撃部隊として索敵艦『筑摩』、そして祖國を簒奪せんとする深海棲艦に一撃を浴びせんとする高速打撃艦『アイオワ』を投入。

この編成だと北回り航路となり、戰艦を含む水上部隊、戰艦、空母からなる機動部隊を連戦し―――

170106b

シメはおめかしほっぽちゃんとその愉快なたこ焼きさんたちがお相手してくれます。

この3度の戰鬪を経て―――

辿り着けるボス艦隊。
唯一の救いは、輸送艦船を含んでいるので、よほどのポカをしでかさないかぎりは、S勝利はまず可能と言えるでしょう。

道中の戰鬪は基本、全艦撃沈を果たさずともよく、重要なのは味方艦艇が撃破されないこと。
ほっぽちゃんとの戰鬪で大破艦を出さないところまでが、3-5北航路の基本。

170106e

ほっぽちゃんも、編成次第ではボコボコにしてS勝利取れるんですけどね。

今回はほっぽちゃんをシメあげてお年玉をカツアゲするのが狙いではないので、とにかくここで撃破艦を出さずにスルーしたいところです。

170106c

ここの分岐は定番の索敵値。
寝不足故に計算式がわけわからん、こんがらかってきたので、索敵値の高い6艦で編成したんですね。
そうすれば裝備で失敗してもなんとかなるだろうと...

170106d

1回目は無事にクリア。
シメはおめかし『アイオワ』。

『アイオワ』というと、太平洋戦争期に就航した5萬噸級の『アイオワ』を思い浮かべるのが過半でしょう。
でも『アイオワ』さん、1921年の《海軍軍備制限に関する条約》がなければ、日本の『長門』型や、戰艦として生きることになる『赤城』、『加賀』、『愛宕』、『高雄』といった戰艦群と太平洋上で雌雄を決したかもしれないんですよね。

なぜかというと、1910年代に米海軍が策定した建艦計画で、『サウス・ダコタ』級戰艦5番艦に『アイオワ』の名が予定されていましたからね。

日本海軍の八八艦隊や米海軍のダニエルズ・プランの戰艦群による一大艦隊決戦...

ありだと思いますヽ(゚∀゚)ノ

170106f

2度目のS勝利。

3-5は実装直後に数回逝ったのを最後に、今年までまったくもって全力スルーしていました。
勲章は1-5、2-5でのみ回収していました。

今回、3-5に出動してみて...

空母3、甲巡3でFMC(ミッションはまず可能を意味する米海軍用語)できそうなので、来月以降から3-5も勲章回収のターゲットにしてみようと思います。

170106g

3度目のS勝利。
これで正月任務、すべてが終了です。

10日までずるずる引き摺らずに済んでよかったです。

これでほかの単発任務に集中することができます。

170106h
170106i

今回の北方戰鬪中に―――

『照月』がLv99になったので、さっそく指輪を渡して重婚しました。

170106j
170106k

艦これ実装の『秋月』型3姉妹では、『照月』が一番のお気に入りですね。かわいいし。
アケ版では『秋月』と聯裝砲ちゃんですね。まぁ『秋月』しか実装してないですけど。



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。