徒然なる戰藻錄

WoTとWoWSをプレイしているところなのです

北の海から

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

ちまちませこせこと資材恢復のあいまに育成していた戰艦『リシュリュー』がやっとこさ―――

170919b

改になりました。

戰艦は育成がらくな反面、消費が激しいから資材恢復するあいまにそうそう動かせないのがネックですな。
彼女はもっぱら演習で上げました。戦場に出して損傷すると、ただでさえ少ない鋼材の恢復に支障が出ますからね。

さて―――

現在、我が艦隊は勲章と改裝設計図が不足しています。
なので勲章の回収も行なわねばなりませぬ。

いつもは1-5と2-5をまわって事足れり、としていたのですが、この調子では2箇月かけて設計図を1枚入手することになり、いささか時間がかかります。

可能であれば3-5と4-5、もしくは5-5をまわって毎月1枚の設計図を入手したい次第でございます。

なので、3-5へ逝くことにします。
ただ、道中で大破するなど泥沼にハマることも考えられるので、1日1回のゲージ破壊に留め、大破撤退が数回も重なるようなら翌日に持ち越すかたちとし、資材の浪費を防ぐことにします。

170919

北の海へ派遣する艦娘は以下のごとし。

蒸し暑い帝都を離れて極寒の北の海へ逝くなんてうまやらしいかぎりですなぁ( ゚ω゚ )

170919c

『熊野』改二ではなく通常型『熊野』を旗艦配置としたのは、彼女はLv88で航空母艦『熊野』にする予定なので。
彼女を航空母艦化するということは、設計図を都合2枚使用することとなり、つまり勲章の確保が重要になるわけです。航空母艦『鈴谷』にするため、2艦目の『鈴谷』の錬成も始まっているので、ますます勲章をがっつり確保せねばなりませぬな。

170919d

進撃路は北回り。
この航路をたどると―――

戰艦含む水上部隊。
空母機動部隊。
北方棲姫。

と大破撤退フラグがビンビン。

ちなみにおとといゲージ削りに1回成功した後、昨日と今朝で合計3回撤退しました。

機動部隊で2回、北方棲姫で1回。

イャー、敵の空母機の攻撃は熾烈でしたね。

170919e

北方棲姫さえ抜いてしまえば、索敵値はたりているので、あとは敵主力を八つ当たり気味にぼこぼこにするだけです。
制空権をとるため戰鬪機戰力を増強しているから、攻撃機戰力が不足気味です。
が、戰爆カットインで敵艦艇は海のもずくですよ。

170919f

『アイオワ』先生も長砲身16吋砲で参戰です。
50口径Mk.7は核砲彈發射可能な主砲でしたね。核兵器の使用はゲーム内ではないですけどね。

Mk.7は重量1.2噸のSHS(スーパー・ヘビー・シェル)砲彈を使用しますので、砲戰距離4,000米で『大和』の垂直裝甲をブチ貫くことのできる威力を秘めています。計測された裝甲貫通力は垂直裝甲747粍といわれています。

なお、『アイオワ』搭載の主砲彈はオレンジ色の着色染料が充填されています。
ちなみに、USS『ニュー・ジャージー』BB-62は青、USS『ミズーリ』BB-63は赤、USS『ウィスコンシン』BB-64は緑の染料が主砲彈に充填されていました。

170919g

2度目のゲージ削り。
これでやっと半分です。
あと2回で勲章がいただけます。

そして―――

170919h

航空母艦『熊野』、完成です。

両脚の艤装が主砲から高角砲になっていて、麗しのおみ足をじっくり鑑賞できる状態となりました。眼福です。


さてさて、3-5はあと2回で完了です。

170919j

ほんと何回出撃することになるんでしょーねー( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事
スポンサーサイト

戰爆聯合

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

映画ダンケルク観てきました。
4DX版を。

体感としては空戦シーンが一番でしたね。
旋回時に座席がすぃーと動くから、思わず足の間に操縦桿があると思って手を伸ばしかけちゃいました。

パイロットがミラーを見ながら戦っているのを見て、そういやスピットファイアは操縦席後方が胴体部分と一体化しているから後方視界が悪く、それを補うためにバックミラーが装着されていたな、と思い出しました。


さてさて、新しい空母専用カットインがきましたね。

170913x

発動基準がいまいちわからんですが...

2艦目の『サラトガ』で1-1周回でやってみましたが、發基基準にLvも関係しているのか、Lv8になるまで一度もカットインはでなかったですね。

空母航空群の編成は戰鬪機、爆撃機、攻撃機とちゃんとしているんですけどね。

170913x2

さ、新任務のためにネジ課金してきますか( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

サラトガ

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

結局、『擇捉』は来ませんでした。

気を取り直して―――

170913

『サラトガ』の改二が実装になったので、さっそく、黒トガを改二にしちゃいます。

170913b

試製甲板カタパルトと改裝設計図、いつものように大量の資材を投入して………


170913c
『サラトガ』Mk.Ⅱ、完成ですヾ('ヮ'*)ノ

右手がべっかんこう氏のスタンダードなポーズと似ているのは気にしないことにしましょう。

それよりも、やっぱ『サラトガ』は可愛いなぁ。

可愛いので―――

170913d

これはお約束ですね。

服がこれほどハデに吹き飛ばされていながら、彼女の肌に全く傷がないことから、やはり艦娘の服は特殊で特異な裝甲性能を有した未知のテクノロジーの産物なんですね。

170913e

Mk.Ⅱ改良型への改裝もできますが、今回は見送りです。

いままで黑トガをメインにしていたので、今回のMk.Ⅱは白トガをメインにしようと思います。


さて、『サラトガ』改二にあわせて任務もきてたので、そちゃらもこなしました。

報酬は―――

170913f

チャンス・ヴォートF4Uコルセア。

胴体からグンと斜め下へ突き出た主翼が途中から上方へ向けて反り返る、逆ガル翼が特徴の米海軍/海兵隊の主力戰鬪機ですね。

グラマンF4Fの後継機として開發されたものの、新機軸を盛り込んだツケがまわってしまい、空母艦上での運用に問題が続發しました。
次期主力戰鬪機を欲した海軍空母部隊への納入は改良型の配備まで見送られ、初期生産モデルは海兵隊航空隊に支給されました。
太平洋で日本との戰端が開かれている時期でしたので、海軍空母部隊には、F4Uの開發が失敗もしくは難航した際の保険としてグラマンに開發させていたF6Fが配備されました。

F4Uは第二次大戰における米海軍/海兵隊の傑作機であり、戰鬪機としてだけでなく、ロケット彈裝備による地上攻撃を行なう戰鬪爆撃機としても活躍しました。
その優秀性は1950年にはじまった朝鮮戦争でも発揮され、北朝鮮軍の進撃を喰いとめる阻止攻撃、工場や発電所、物資集積所といった地上目標への攻撃など幅広く使用されました。


170913g

グラマンTBFアヴェンジャー。

ダグラスTBDデヴァステーターの後継艦上雷撃機ですね。
ミッドウェイ海戰でTBDの過半が喪われたことにより、ガダルカナル攻防戦のころには米空母雷撃機の主力となっていました。

ちなみに、グラマン社の生産モデルはTBFですが、ゼネラル・モーターズが生産を引き継いだ際に表記が一部変更となり、TBMとなりました。

なのでTBFとTBMは基本的にはほぼ同一の機体で、愛称もアベンジャーのままとなっています。

なお―――
1945年12月5日、有名なバミューダ・トライアングルで消息を絶った機体がこのアヴェンジャー雷撃機でしたね。


最後に―――

170913h

大型建造で2艦目の『サラトガ』をいただいておきました。

170913i

これで心置きなく白トガ&黒トガの運用が可能となりますヾ('ヮ'*)ノ



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

海防艦

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

E-4終わってこの夏のイヴェントは終わりと言いました。
あれはウソだ( ゚ω゚ )

せっかくここまできたのであれば、海防艦が欲しい………という欲求に駆られるのは決して間違ってはいないと思われ。

なので―――

170911

E-5は乙作戰。
丙よりは多少なりとも海防艦のドロップ率は良さげ? という淡い期待感から故。

とはいえ―――

問題は投入艦艇。

このE-5ではとかく防空能力が求められるとのこと。
洋上防空の要である『秋月』型3艦はすべて他方面に投入済みで地中海に送り込む余裕なし。

最有力艦の『照月』を誤ってE-1に出撃させたツケが見事、廻ってきました(*'-')

とりあえず、手持ちの予備艦で有力な對空サーヴィスを提供できるのは、つい近頃改二になった『文月』だけ。
彼女を防空専用艦とし、PT群對策に見張りを載せた警戒艦に『卯月』を投入。
特型や甲型といった精鋭驅逐艦娘ではなく、まさかの旧式艦の投入。

いかに我が艦隊が戰艦などの大型艦に力を注ぎ、驅逐艦のような小艦艇の戰力層が薄いか思い知らされました。

170911b

とりあえず、捜索戰力が心許ないので、戰艦夏姫の裝甲をブチ貫くためのギミック解除を実施。

乙作戰であるのと、敵戰力撃破に力を入れた裝備構成にしたので、上の画像のように戰鬪開始の時点で集積地夏姫のみに。
イャー、集積地夏姫は強敵でしたね( 0w0)

170911c

さて、戰艦夏姫と御對面。

A勝利以上で『擇捉』、『松輪』の回収が可能に...

なんとか早期の回収を………

170911d

今回は照明彈などの夜戰用裝備を一切持たずに出撃したので、夏姫率いる歓迎委員会の真夏の太陽のごとき熱烈な歓迎の砲火に曝されました。

170911e

大口径主砲には大口径主砲で―――

歓迎委員会の砲火に、遺憾の意ならぬ報復の意をもって我が戰艦群も応戦。

地中海は我が庭である『伊太利』、『羅馬』の砲火に敵はたちどころに制圧されましたよ。

170911f

被害甚大なれど楽勝でしたね( ゚ω゚ )

基地機の戰鬪機4箇中隊をすべてFマスに送り込んだので、ボス戰は支援部隊だけが頼りでした。

乙作戰だから敵2箇艦隊の撃破も容易でしたね。

問題は―――

170911g

道中でしたね。
2箇所の空襲で『文月』がなっかなか弾幕を張ってくれないので、かなり冷や冷やさせられました。

2~3回ぐらいしかやってくれなかったですねぇ。
困りますねぇ。

170911m

とはいえ、防空専用艦の『文月』の對空能力はご覧のように下から2番目なんですよね。
よくもまぁ無謀なことをしたなと反省することこれしきり。

ま、一番の痛恨事はE-1に『照月』を誤出撃させたことなんですけどね。

170911h

それでもなんとか『松輪』の回収に成功。

我が艦隊にとっての海防艦第一號です。

第一號………と書くと戰時急造の丙型海防艦になっちゃいますがね( ゚ω゚ )

『松輪』回収後、『擇捉』回収を目指して攻勢を継続し―――

170911i

E-5クリアしたので2つめの新型航空兵裝資材を入手し―――


170911j

シ-ファイアへの改修が期待できるMk.Vも頂戴しました。


170911k
170911l

これが攻勢限界点ですね。

E-6、E-7へいく時間はないので、12日までのわずかな残り時間を『擇捉』回収にあてていきます。


▼集積地夏姫戰
戰鬪結果:S
我が艦艇の損害
輕微:『伊太利』


自爆・未帰還:24機
『サラトガ』所属
天山(村田隊) 1機
天山(村田隊) 1機
ソードフィッシュ(熟練) 3機


『大鳳』所属
彗星(六〇一空) 9機
九九式艦爆(江草隊) 4機
彗星(江草隊) 2機


基地航空隊機
一式陸攻 2機
一式陸攻二二型甲 2機


資材消費
燃料:384
彈藥:396
鋼材:75
ボーキサイト:120
高速修理:1

※基地機補充消費含む

▼第1次捜索攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『榛名』

我が艦艇の損害
大破:『サラトガ』、『大鳳』
中破:『伊太利』
小破:『羅馬』、『卯月』
輕微:『文月』


自爆・未帰還:27機
『サラトガ』所属
震電 6機
烈風(六〇一空) 1機
天山(村田隊) 1機


『大鳳』所属
零戰五三型(岩本隊) 5機
零戰五二型丙(岩井隊) 5機
天山(村田隊) 3機


基地航空隊機
烈風 1機
三式戰 2機
三式戰 1機
スピットファイアMk.Ⅰ 2機


資材消費
燃料:1,776
彈藥:1,231
鋼材:1,712
ボーキサイト:135
高速修理:5

※基地機補充消費含む


▼第2次捜索攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『リヴェッチオ』

我が艦艇の損害
大破:『卯月』
中破:『羅馬』、『文月』
小破:『伊太利』
輕微:『サラトガ』、『大鳳』


自爆・未帰還:46機
『サラトガ』所属
震電 9機
烈風改 2機
烈風(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 2機


『大鳳』所属
零戰五三型(岩本隊) 7機
零戰五二型丙(岩井隊) 3機
天山(村田隊) 5機


基地航空隊機
烈風 4機
三式戰 4機
三式戰 5機
スピットファイアMk.Ⅰ 3機


資材消費
燃料:1,358
彈藥:1,231
鋼材:873
ボーキサイト:230
高速修理:6

※基地機補充消費含む


▼第3次捜索攻撃
戰鬪結果:A
報酬艦:『松輪』

我が艦艇の損害
大破:『サラトガ』、『卯月』
小破:『文月』
輕微:『羅馬』、『大鳳』


自爆・未帰還:29機
『サラトガ』所属
震電 7機
烈風改 1機
烈風(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 2機


『大鳳』所属
零戰五三型(岩本隊) 4機
零戰五二型丙(岩井隊) 2機
天山(村田隊) 3機


基地航空隊機
烈風 3機
三式戰 2機
三式戰 1機
スピットファイアMk.Ⅰ 2機


資材消費
燃料:1,259
彈藥:1,310
鋼材:657
ボーキサイト:145
高速修理:5

※基地機補充消費含む


▼第4次捜索攻撃
戰鬪結果:A
報酬艦:『最上』

我が艦艇の損害
大破:『羅馬』、『大鳳』
中破:『サラトガ』
輕微:『伊太利』


自爆・未帰還:22機
『サラトガ』所属
震電 3機
烈風改 1機
烈風(六〇一空) 1機


『大鳳』所属
零戰五三型(岩本隊) 5機
零戰五二型丙(岩井隊) 1機
天山(村田隊) 3機


基地航空隊機
烈風 3機
三式戰 1機
三式戰 2機
スピットファイアMk.Ⅰ 機


資材消費
燃料:1,710
彈藥:1,231
鋼材:1,575
ボーキサイト:110
高速修理:4

※基地機補充消費含む


▼第5次捜索攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『金剛』

我が艦艇の損害
大破:『サラトガ』、『卯月』
中破:『大鳳』
輕微:『伊太利』、『羅馬』


自爆・未帰還:28機
『サラトガ』所属
震電 5機
烈風改 1機
烈風(六〇一空) 1機


『大鳳』所属
零戰五三型(岩本隊) 5機
零戰五二型丙(岩井隊) 4機
天山(村田隊) 5機


基地航空隊機
烈風 3機
三式戰 2機
三式戰 1機
スピットファイアMk.Ⅰ 1機


資材消費
燃料:1,307
彈藥:1,231
鋼材:827,
ボーキサイト:140
高速修理:2

※基地機補充消費含む


170911n

壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

E-4乙 紅海

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

夏イヴェもあと2日とちょっとです。

前段作戰途上の我が艦隊は、歐州派遣を断念して今日も軽妙に作戰遂行中であります。

とりあえず遥かなるスエズ運河目指して最後の攻撃です。

170910

E-4乙最終戰は定番の水上打撃部隊。
砲撃戰主体で敵をぼこぼこにして海の藻屑にしてやろう作戰です。

ただただ砲戰あるのみで敵主力を叩く―――

このシンプルさが大艦巨砲の醍醐味ですね。

170910b

第一遊撃部隊(第一艦隊)は航空掩護に特設空母『飛鷹』、『隼鷹』を配し、砲戰部隊は『大和』、HMS『ウォースパイト』、一等巡洋艦『熊野』、大型巡洋艦『ザラ』。

前進部隊(第二艦隊)は戰艦『ビスマルク』を旗艦とし、警戒艦『ヴェールヌイ』、『雪風』、大型巡洋艦『プリンツ・オイゲン』、二等巡洋艦『阿武隈』、『北上』。

道中のPT群に梃子摺ったものの、比較的安定して進撃はできました。

170910c

こっちもこんな砂だらけの大陸の果てまで来たくはなかったんですがね( ゚ω゚ )

とりあえずこやつをボコボコにしてハマム・マシュイの具材にしてやらねば、新型戰艦『リシュリュー』をお迎えできないのでね。とりあえず沈んでいただきます(`・ω・´)キリッ

170910d

敵戰艦も航空機を發艦させてきたことにはびっくりしました。
まぁ、2波に及ぶ基地機の攻撃で稼働機を喪ったのか、我が方の母艦機が攻撃に飛び立ったときには、迎撃に出てはきませんでしたがね。

170910e

順調に夜戰へ突入。
我が夜戰部隊はのきなみ健在で活気に満ち溢れているのに對し、敵は撃破された姫のみ。

さすがは乙作戰。

余裕のS勝利ですねヾ('ヮ'*)ノ

170910f
170910g

余裕と言ったものの、意外としぶとかたtですね。
『雪風』のカットインも2桁ダメージで、最終艦『プリンツ・オイゲン』の砲雷同時戰でどうにか撃沈しました。

乙でこれだと甲は………
選ばなくて正解でしたな( ゚ω゚ )

170910h

砲雷同時戰で69ダメージ。
それで撃沈できるまで5艦が総力を挙げて削ってくれたわけです。

可能な限り、昼のうちに敵の随伴艦を潰さんといかんですナ。

170910i

基地機の2度に及ぶ空襲と、支援部隊による砲撃、母艦機の攻撃に『阿武隈』、『北上』の雷撃で、戰鬪開始前の時点で敵2箇艦隊はぼっろぼろ。

こういう展開が、望みうる最良の艦隊決戰ですね。

170910j

我らが『北上』大先生が華麗にしとめてくれました。

さすが『北上』御大は夜戰で光りますね。

WoWSだと味方へ魚雷をブチこむ輩が多かったせいか削除されちゃいましたが………

170910k

あと一押しです。

そういえば、彼女の背後にある砲塔はちゃんと4聯裝ですね。

戰艦の多聯裝砲塔は歐米で盛んに行なわれて、『リシュリュー』の38糎4聯裝のほか英海軍の『キング・ジョージ5世』級の36糎4聯裝がありますね。
米海軍も検討段階で終わったものの、16吋6聯裝砲塔搭載戰艦の建造を計画していた時がありました。

日本海軍では、八八艦隊後期艦で16吋4聯裝砲の搭載を平賀氏が検討していたことが知られていますね。

170910l

さぁて、ここまで完璧な御膳立てをして、それで姫の撃沈を逃すようでは艦娘としての一生をこの場で終わらせねばなりませんね。

姫の撃沈、さもなくば死を( ゚ω゚ )

170910m

ま、乙作戰なんでそんな気張ることはありませんがね。

姫撃沈、完了です。

170910o

待望の新型戰艦『リシュリュー』をお迎えしました。

先の春イヴェで戰艦『ガングート』を入手していないので、今年最初の新型戰艦です。

実艦の『リシュリュー』は主砲2基を艦前部に配していて、艦後方への射角をとりにくいという特徴を持っていますが、艦これではそういったことは考慮されていないので、安心して運用できます。

170910n

第二次大戰における英空軍の代表的戰鬪機であるスーパーマリン・スピットファイアをやっとこさ入手。

いま上映中の映画ダンケルクでもたしか登場していましたね、スピットファイア。

スピットファイアはシーファイアという名前で空母艦上機型が存在しているので、新規に実装か改修で入手できるかたちになりそうですね。

まぁ、シーファイアはスピットファイアMk.Vの改良型ですから、このMk.Ⅰからシーファイアへの改修はないでしょうな。

170910p
170910q

我が艦隊の今回のイヴェント参加はこれが最後です。

E-7までいく時間もないですしね。

HMS『アーク・ロイヤル』は魅力的ですが、イヴェント完走は秋に持ち越しです。時間があればですが。



▼第1次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『沖波』

我が艦艇の損害
大破:『ウォースパイト』
中破:『隼鷹』
小破:『大和』
輕微:『飛鷹』、『熊野』、『プリンツ・オイゲン』、『阿武隈』


自爆・未帰還:28機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 1機
流星(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 2機


『隼鷹』所属
震電 2機
流星(六〇一空) 4機


基地航空隊機
零戰五二型熟練 4機
零戰五二型熟練 3機
一式陸攻三四型 4機
一式陸攻二二型甲 6機


資材消費
燃料:1,807
彈藥:1,464
鋼材:1,318
ボーキサイト:140
高速修理:6

※基地機補充消費含む


▼第2次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『春雨』

我が艦艇の損害
中破:『大和』、『飛鷹』
小破:『熊野』
輕微:『阿武隈』、『北上』、『雪風』


自爆・未帰還:31機
『飛鷹』所属
流星(六〇一空) 1機
天山(村田隊) 3機


『隼鷹』所属
震電 3機
天山(村田隊) 5機


基地航空隊機
零戰五二型熟練 4機
零戰五二型熟練 4機
一式陸攻三四型 3機
一式陸攻二二型甲 8機


資材消費
燃料:1,757
彈藥:1,464
鋼材:1,216
ボーキサイト:155
高速修理:3

※基地機補充消費含む


▼第3次攻撃
戰鬪結果:大破撤退
我が艦艇の損害
大破:『ウォースパイト』、『熊野』
輕微:『大和』、『隼鷹』、『ヴェールヌイ』


自爆・未帰還:19機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
流星(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 3機
零戰五二型丙(岩井隊) 1機


『隼鷹』所属
震電 4機
流星(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 4機


『熊野』所属
二式水戰 1機


資材消費
燃料:1,327
彈藥:1,278
鋼材:775
ボーキサイト:95
高速修理:5

※基地機補充消費含む


▼第4次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『浦風』

我が艦艇の損害
大破:『飛鷹』、『熊野』、『雪風』
輕微:『大和』、『ザラ』、『阿武隈』、『北上』


自爆・未帰還:50機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
流星(六〇一空) 7機
天山(村田隊) 14機
零戰五二型丙(岩井隊) 1機


『隼鷹』所属
震電 3機
流星(六〇一空) 4機
天山(村田隊) 4機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
零戰五二型熟練 2機
零戰五二型熟練 4機
一式陸攻三四型 4機
一式陸攻二二型甲 4機


資材消費
燃料:1,335
彈藥:1,362
鋼材:534
ボーキサイト:250
高速修理:5

※基地機補充消費含む


▼第5次攻撃
戰鬪結果:S
報酬艦:『沖波』

我が艦艇の損害
大破:『大和』
中破:『ウォースパイト』、『隼鷹』、『ヴェールヌイ』
輕微:『ビスマルク』、『飛鷹』、『ザラ』、『熊野』、『雪風』


自爆・未帰還:40機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 1機
流星(六〇一空) 2機
天山(村田隊) 3機
零戰五二型丙(岩井隊) 1機


『隼鷹』所属
震電 3機
流星(六〇一空) 4機
天山(村田隊) 6機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
零戰五二型熟練 4機
零戰五二型熟練 3機
一式陸攻三四型 5機
一式陸攻二二型甲 7機


資材消費
燃料:1,954
彈藥:1,362
鋼材:1,665
ボーキサイト:200
高速修理:7

※基地機補充消費含む


▼第6次攻撃
戰鬪結果:A
報酬艦:『愛宕』

我が艦艇の損害
大破:『飛鷹』、『阿武隈』
中破:『ウォースパイト』、『隼鷹』、『北上』、『ヴェールヌイ』
輕微:『大和』、『プリンツ・オイゲン』、『雪風』


自爆・未帰還:45機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
流星(六〇一空) 5機
天山(村田隊) 2機
零戰五二型丙(岩井隊) 1機


『隼鷹』所属
震電 4機
流星(六〇一空) 3機
天山(村田隊) 8機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
零戰五二型熟練 4機
零戰五二型熟練 4機
一式陸攻三四型 9機
一式陸攻二二型甲 2機


資材消費
燃料:1,744
彈藥:1,362
鋼材:1,272
ボーキサイト:225
高速修理:9

※基地機補充消費含む


▼第7次攻撃/最終
戰鬪結果:S
報酬艦:『浦風』

我が艦艇の損害
大破:『ザラ』
中破:『ウォースパイト』、『ビスマルク』、『阿武隈』、『ヴェールヌイ』
輕微:『大和』、『隼鷹』、『熊野』


自爆・未帰還:44機
『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
流星(六〇一空) 4機
天山(村田隊) 5機
零戰五二型丙(岩井隊) 2機


『隼鷹』所属
震電 4機
流星(六〇一空) 5機
天山(村田隊) 8機


基地航空隊機
零戰五二型熟練 3機
零戰五二型熟練 2機
一式陸攻三四型 4機
一式陸攻二二型甲 4機


資材消費
燃料:1,644
彈藥:1,362
鋼材:1,115
ボーキサイト:220

※基地機補充消費含む


◆E-4綜合結果

自爆・未帰還合計:694機

資材消費
燃料:16,118
彈藥:15,506
鋼材:10,529
ボーキサイト:3,470
高速修理:40


170910r


壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

E-4乙

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

夏イヴェントもあとわずかで終了です。

全7海域のうち、我が艦隊は今回のE-4で終了です。
『旗風』もきたし、これで『リシュリュー』が手に入ればまずは御の字です。

大艦巨砲主義を信奉する者としては、できれば新型戰艦は欲しいところですからね。

170908

まず最初は、カレー洋南方から北上してくる敵主力の邀撃。

これをソコトラ島南方にて捕捉、撃滅します。

170908b

ナンドデモシズンデイケ………

シュノーケリングしてほしいんですね、わかります( ゚ω゚ )

E-4でイヴェントは終わりにするので、あとさき考えずに済むので手持ちの兵力を存分につぎこめます。

機動部隊本隊(第一艦隊)は第一航空戰隊の『翔鶴』、『瑞鶴』の3萬噸級戰鬪空母2艦を主軸に、特設空母『飛鷹』、『隼鷹』を補完として投入。
これに定番の水上戰鬪機搭載の一等巡洋艦『熊野』、大型巡洋艦『ザラ』を加えました。

母艦航空兵力は戰鬪105機、攻撃137機、偵察4機、タービン・ロケット機55機の計301機。
水上戰鬪機17機を加え、戰術機の数は318機。

前衛(第二艦隊)は『ヴェールヌイ』、『潮』の2驅逐艦を警戒に配し、打撃部隊は戰艦『ビスマルク』、大型巡洋艦『プリンツ・オイゲン』、『ポーラ』、二等巡洋艦『阿武隈』。

170908c

乙作戰に落としたためか、意外にも我が軍の攻勢は順調に進みました。

『阿武隈』は2艦目の予備艦なので錬度はやや低めですが、それでも十分、開幕雷撃で敵を撃沈破してくれました。

170908d
170908e

今回も戰鬪糧食は大活躍です。

決して裝備枠を空けるために使いまくっているわけじゃないですよ。

170908f

一合戰やらかす前の腹ごしらえ、これは大事ですよね。

だからこそ、昼間のうちに敵をボコボコにできるわけです。
食後の運動、というやつですね。

170908g

珍しく、ゲージ破壊中に新型艦『天霧』を迎え入れました。
イイ風が吹いているようです。

この調子で後半の戰艦佛棲姫も華麗に火星までブッ飛ばしてやりたいものです。

170908h

▼第1次邀撃戰
戰鬪結果:S
報酬艦:『鬼怒』

我が艦艇の損害
中破:『飛鷹』


自爆・未帰還:132機
『翔鶴』所属
景雲改 9機
橘花 13機
天山(村田隊) 6機


『瑞鶴』所属
震電 5機
烈風改 4機
天山(村田隊) 16機
流星(六〇一空) 8機


『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
流星(六〇一空) 11機
流星改 18機 ※全滅
流星改 10機


『隼鷹』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 5機
流星改 5機
流星(六〇一空) 2機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
三式戰一型丁 3機
三式戰一型丁 2機
一式陸攻三四型 6機
一式陸攻二二型甲 6機


資材消費
燃料:1,030
彈藥:1,463
鋼材:83
ボーキサイト:660
高速修理:1

※基地機補充消費含む


▼第2次邀撃戰
戰鬪結果:S
報酬艦:『濱風』

我が艦艇の損害
中破:『翔鶴』
輕微:『ビスマルク』、『ザラ』


自爆・未帰還:117機
『翔鶴』所属
景雲改 9機
橘花 9機
天山(村田隊) 7機
烈風(六〇一空) 1機


『瑞鶴』所属
震電 4機
烈風改 6機
天山(村田隊) 8機
流星(六〇一空) 6機


『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 2機
流星(六〇一空) 8機
流星改 6機
流星改 4機


『隼鷹』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 4機
流星改 7機
流星(六〇一空) 7機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
三式戰一型丁 4機
三式戰一型丁 2機
一式陸攻三四型 17機
一式陸攻二二型甲 5機


資材消費
燃料:1,289
彈藥:1,463
鋼材:1,049
ボーキサイト:585
高速修理:3

※タービン・ロケット機運用消費鋼材、基地機補充消費含む


▼第3次邀撃戰
戰鬪結果:S
報酬艦:『まるゆ』

我が艦艇の損害
大破:『翔鶴』
輕微:『飛鷹』


自爆・未帰還:85機
『翔鶴』所属
景雲改 15機
橘花 9機
天山(村田隊) 5機
烈風(六〇一空) 1機


『瑞鶴』所属
震電 5機
烈風改 4機
天山(村田隊) 5機
流星(六〇一空) 3機


『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
流星(六〇一空) 5機
流星改 2機
流星改 1機


『隼鷹』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 4機
流星改 6機
流星(六〇一空) 4機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
三式戰一型丁 5機
三式戰一型丁 1機
一式陸攻三四型 3機
一式陸攻二二型甲 3機


資材消費
燃料:1,187
彈藥:1,463
鋼材:959
ボーキサイト:425
高速修理:1

※タービン・ロケット機運用消費鋼材、基地機補充消費含む


▼第4次邀撃戰/終了
戰鬪結果:S
報酬艦:『天霧』

我が艦艇の損害
輕微:『隼鷹』、『プリンツ・オイゲン』、『熊野』、『阿武隈』


自爆・未帰還:103機
『翔鶴』所属
景雲改 11機
橘花 10機
天山(村田隊) 4機
烈風(六〇一空) 1機


『瑞鶴』所属
震電 4機
烈風改 4機
天山(村田隊) 9機
流星(六〇一空) 10機


『飛鷹』所属
零戰五三型(岩本隊) 3機
流星(六〇一空) 5機
流星改 5機
流星改 4機


『隼鷹』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 3機
流星改 3機
流星(六〇一空) 5機


『熊野』所属
二式水戰 1機

基地航空隊機
三式戰一型丁 6機
三式戰一型丁 3機
一式陸攻三四型 8機
一式陸攻二二型甲 4機


資材消費
燃料:1,044
彈藥:1,463
鋼材:543
ボーキサイト:515

※タービン・ロケット機運用消費鋼材、基地機補充消費含む


170908i


壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

E-3甲

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

イヴェント終了まであと一週間ですね。

まだ一週間あります。
7日間です。
168時間もあるんです。
分に直せば1萬とんで80分もあるんです。

1萬ですよ1萬。これだけあれば十分、E-3、E-4へ進撃することも不可能ではありますまいて。

と、いふわけで―――

170904b

機動部隊本隊(第一艦隊)では航空母艦『葛城』を編成から外し、前衞部隊(第二艦隊)の戰艦『霧島』を転属させました。
主力の空母大型を3から2に減らしたわけです。

正規小型空母の『龍驤』を戰列からはずし、かわりに高速改造空母『瑞鳳』を配置。

これにより空母戰力は大型2(『飛龍』、『蒼龍』)、小型1(『瑞鳳』)の3艦となり、母艦航空兵力は戰鬪機107機、攻撃機90機、偵察機9機の計206機。これに『鈴谷』と『三隈』の水上戰鬪機19機が加わります。

前衞部隊は『霧島』が離れた穴を第三戰隊の『金剛』を配置して埋めました。

對空火力を増強するため、『朝潮』にかわって『秋月』を配備。

あとは敵旗艦・夏姫をブチ転がすことができるかどうか...

170904c
まぁ、こうなるな( ゚ω゚ )

▼第7次挺身突入作戰
戰鬪結果:A
報酬艦:『秋雲』

我が艦艇の損害
大破:『蒼龍』、『鈴谷』、『摩耶』
中破:『鳥海』
輕微:『三隈』、『由良』、『初霜』、『秋月』

自爆・未帰還:109機
『飛龍』所属
天山(村田隊) 11機
震電 14機
流星(六〇一空) 17機


『蒼龍』所属
天山(村田隊) 14機
零戰五三型(岩本隊) 15機
流星(六〇一空) 12機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 5機
烈風(六〇一空) 4機
流星(六〇一空) 12機 ※全滅


『鈴谷』所属
二式水戰 3機

『三隈』所属
強風 2機


資材消費
燃料:1,250
彈藥:1,378
鋼材:686
ボーキサイト:545
高速修理:6



1時間ちかく艦隊を放置したのち、再度の出撃。

170904d

『鈴谷』の補強増設箇所に戰鬪糧食を毎回、載せていました。

こういうムダなことをするから負け続きなのやもしれませぬな。

170904e

おかげさまで『秋月』の對空火力は有頂天です。

彼女の4吋砲の對空弾幕によって、敵機は「赤いすもものよう」に墜ちていきましたよ。

そして―――

170904f
なんとか旗艦撃沈(*'-')

敵の砲火で徹甲彈搭載の最有力火力担当艦の『金剛』が大破したときは敗戦を覚悟しましたが...

最後の最後で『鳥海』が敵旗艦に総計300ちかい打撃を華麗にブチかまし、どうにかこうにか撃沈できました。

170904g

今回のMVPは間違いなく彼女でしたね。


E-3甲、なんとか突破したことにより...

170904h
170904i

スクア艦爆とソードフィッシュ熟練を手に入れました。

併せて―――

170904j

これも頂戴しました。
ナニにつかうかはまだわかりませんが、手に入れておいて損はないでせう。


▼第8次挺身突入作戰/最終
戰鬪結果:A
報酬艦:『高雄』

我が艦艇の損害
大破:『金剛』、『由良』
中破:『蒼龍』、『三隈』、『摩耶』、『初霜』
輕微:『飛龍』、『霧島』

自爆・未帰還:117機
『飛龍』所属
天山(村田隊) 13機
震電 15機
流星(六〇一空) 22機 ※全滅


『蒼龍』所属
天山(村田隊) 17機
零戰五三型(岩本隊) 16機
流星(六〇一空) 14機


『瑞鳳』所属
零戰五二型丙(岩井隊) 7機
烈風(六〇一空) 3機
流星(六〇一空) 7機


『鈴谷』所属
二式水戰 3機


資材消費
燃料:1,450
彈藥:1,378
鋼材:1,041
ボーキサイト:585
高速修理:4



◆E-3綜合結果

自爆・未帰還合計:930機

資材消費
燃料:10,684
彈藥:10,985
鋼材:6,801
ボーキサイト:4,650
高速修理:40



さて、お次はE-4です。

170904k

や、それJBNS-Y-118『武蔵』超大型直接教育艦ですよね( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事

しゅがーはーと

ウェーイヾ('ヮ'*)ノ

昨日、デレステのガチャが更新されました。

スカチケこみの2周年ガチャを購入しましてね。
なにせウチはガチャの引きがヒドすぎて、目当てのコがとんと来ないものでしてね。

スカチケでSSRのコたちを呼び込むのが錢このかからない一番のやりかたなんですよ、ええ。

今回はそれでSSR八神マキノ嬢をお招きしましてね。

ほいでもって、10連ガチャチケを使ったわけです。

ちなみに、現在、2周年記念で10連無料となっていますが、すでに2回ひいてますが、ともにロクなのが来ていません。いつものことです。達観しております。

んなわけで、ガチャチケも期待はしていなかったんですね。

170904

でも、いままでのガチャ運の悪さは、いま、この時のためにあったんだなと実感した次第。

しゅがーはーとさんが来てくれるとは予想だにしておりませんでしたぞ( ゚ω゚ )



壁|'-')ノよいお年を。
関連記事